GDPとGNPの違いって?中学生にも分かるように解説!

学校の授業で必ず習うのがGDP(国内総生産)とGNP(国民総生産)ですよね。ただ、問題なのがイマイチ違いが分からないという事。

実際に教科書を見てみると・・・

  • GDP・・・日本国内で1年間に生み出された付加価値の合計
  • GNP・・・国民が1年間に生み出した付加価値の合計
日本国内と国民って同じじゃん!
そもそも付加価値って何?

このような疑問があると思います。なので、今回はGDP・GNPとは何か、どこか違うのか解説していきます。

また、GNP(国民総生産)の国民を日本人だけのことだと思っていませんか?実はそれ、勘違いなんです。でも、ここを勘違いしている人はたくさんいるようですので、一緒に確認していきましょう。

Sponsored Links

GDP(国内総生産)って何?

GDP(国内総生産)とは日本国内で1年間に生まれた付加価値の合計ですが、理解するのに重要なのが・・・

  • 日本国内
  • 1年間の付加価値の合計

の2つ。

日本国内とは

まず、日本国内というそのまま日本の中という意味で、必ずしも日本人、日本企業を指しているわけではありません。例え、アメリカの企業もロシア人も日本という場所で付加価値を作ればそれはGDPに含まれます。

では、その付加価値とは一体何なのでしょうか?

付加価値とは

付加価値とは新たに生産された物・サービスです。ただ、これだけでは分からないと思うので実際にパン屋さんの例を見てみましょう。

rapture_20161128160938

まず、パンの材料である小麦を作る農家で生産した量をお金に換算すると20万円だったとします。パンを作るには小麦粉に変えないといけないので、その小麦を小麦粉にして販売する会社がありますよね。では、その小麦を小麦粉製造会社が小麦粉として生産し50万円で売ったとします。そして、今度はその小麦粉を元にパンを作って70万円で売ったとします。

ここまでの付加価値はいくらだと思いますか?
付加価値とは1年間に新たに生産されてた物・サービスだから、20万円+50万円+70万円で140万円!!
残念!正解は70万円です。

小麦を作る段階までの付加価値は20万円なのですが、間違いやすいのがその小麦から小麦粉を作る段階と小麦粉からパンを作る段階。
rapture_20161128171704
小麦粉を作って販売したのは50万円です。でも、その中には小麦の付加価値20万円が含まれていますよね。なので、実際に小麦粉を作って新たに生まれたのは価値は50万円-20万円で30万円なんです。

さらに、そこからパンを作って70万円で販売していますよね。当然、ここにも小麦粉の付加価値50万円も含まれていますので、パンを作った時の付加価値は20万円。これらの20万円(小麦の付加価値)、30万円(小麦粉の付加価値)、20万円(パンの付加価値)を足してGDP(国内総生産)は70万円になります。

つまり、GDP(国内総生産)とは例のような付加価値が日本国内で1年間にどのくらい生まれているかを表した数値になります。ちなみに、2013年のGDPは483,110(単位10億円)。数字がデカすぎて想像できませんね。

Sponsored Links

GNP(国民総生産)とは

GNP(国民総生産)とは国民によって1年間に生まれた付加価値の合計です。ただ、ここでの国民は日本に住んでいる人の事を指します。日本国籍と勘違いしやすいので注意。

そうなると気になるのがどのくらいの期間日本に滞在していればGNP(国民総生産)に含まれるのかですよね。実はしっかりと決められていて・・・

  • 外国国籍を持っている人でも日本に6ヶ月以上滞在していればGNPに含める
  • 日本国籍を持っている人でも海外に2年以上滞在していたらGNPには含まない

となっています。

では、野球で有名なイチロー選手はGNP(国民総生産)に含まれると思いますか?
う~ん。日本人だけどアメリカに何十年もいるからGNP(国民総生産)には含まれない。
そう!正解。

イチローはアメリカに住んでいて、アメリカに税金を納めているため日本のGNP(国民総生産)には含まれません。これとは反対にテレビでよく見る外国人選手で日本に6ヶ月滞在していたら貰っている給料は日本のGNP(国民総生産)に含まれいます。

まとめると、GDP(国内総生産)は日本国内に対してGNP(国民総生産)は日本に住んでいる人が1年間にどのくらい付加価値を作ったか表した数値になります。
7e79e9db0d85c807a75f65ee5792e07f_s

GDP(国内総生産)とGNP(国民総生産)の違い!

でも、ちょっと待って!
日本に住んでいるという事は日本国内にいるという事だからGDPもGNPも同じじゃないの?

もし、日本で本屋を営んでいて500万円で仕入れた本を550万円で売った場合、付加価値は50万円ですが、日本という場所で、日本に住んでいる人によって生まれた価値なのでGDPにもGNPにも含まれますよね。

こうやって考えるとどちらも同じだと思ってしまいますが、実はGNPにはGDPと違って海外からの純所得が含まれます。

ただ、海外からの純所得と言われても分からないと思うので、一つ例を挙げてみましょう。芸人の厚切りジェイソンさんをご存知ですか。彼は厚木市に住んでいて日本でお笑い芸人として活動しながら、アメリカのITベンチャー企業の役員さんとしても働いています。

当然、アメリカにある会社なのでそのITベンチャー企業から生まれた付加価値はアメリカのGDP(国内総生産)として計算されて、日本のGDP(国内総生産)には含まれません。しかし、その会社からの給料は厚木市に住んでいる厚切りジェンソンさんの所得なので、日本のGNPは含まれます。

rapture_20161202233115

つまり、GDP(国内総生産)とGNP(国民総生産)の違いは海外からの純所得が含まれるか、含まれないか。ちなみに、純所得とは税金などのお金を引いた所得になります。

GNP=GDP+海外からの純所得
GDP=GNP-海外からの純所得

実際に2013年のGNPは501,063でGDP(483,110)より海外の純所得分多くなっていますよね。(単位10億円)

最後に

GDP(国内総生産)は国内で1年間に生まれた付加価値の合計、GNP(国民総生産)は国民によって1年間に生まれた付加価値の合計で、それぞれの違いは海外からの純所得を含むか、含まないかでした。

これらを頭に入れて最終確認。

問題1、日本に住んでいる人が海外から受け取った所得はGDP・GNPに含まれる
問題2、日本が海外に住んでいる人に支払った所得はGDP・GNPに含まれる

どうですか?分かりましたか?

問題1の正解はGDP(国内総生産)には含まれませんが、GNP(国民総生産)には含まれます。これは先ほどの厚切りジェイソンさんの例と同じですよね。そして、問題2の正解はGDP(国内総生産)には含まれるが、GNP(国民総生産)には含まれないです。これは問題1の逆のパターン。

全問正解だったあなたはもう完璧です。もし分からなかった所があったという人はもう一度この記事を読み直してみましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)