イヤホンの片耳が聞こえない!?簡単ですぐにできる直し方とは!

イヤホンの片耳だけ聞こえなくなるってよくありますよね。

私のイヤホンも扱いが悪いせいか、4本中2本は片耳が聞こえないイヤホンになってしまっています。

よくスマホにぐるぐるに回してしまったり、動きたくないあまりイヤホンを引っ張ってスマホを移動したり、さらには、ポケットに入れといたのを忘れてしまい、何回もイヤホンを洗濯してしまったことがあります。

イヤホンの片耳しか音楽が聞こえないと、雑音が気になったり、なんか変な感じがして嫌になりますよね。

なので、片耳しか聞こえないイヤホンを直して快適に音楽を聞こえるようにしましょう。

Sponsored Links

イヤホンのコードの断線

まず、イヤホンが片耳しか聞こえない原因に多いのがイヤホンのコードの断線です。

断線の原因になっているのが私と同じようにイヤホンの雑な扱いです。

主に多い雑な使い方は・・・

  • ぐるぐる巻きにしている
  • ぐちゃぐちゃにしまっている
  • イヤホンを取るときにコードのほうから引っ張る

があります。

では、この断線をどうやって直していくのか

やり方はメーカーやお店で修理する方法と自分で直す方法の2種類があります。

メーカーやお店で修理してもらうと修理費用が安くても1000円、2000円くらいしてしまいます。

さらに修理が終わって自分のところに戻ってくるまで1週間くらいかかるので、修理にはお金と時間がかかります。

ですので、何か思い出のあるイヤホンや高かったイヤホンなどは修理に出してもいいと思いますが、

そこまで愛着がなかったり、高くなかったものは自分で直せば300円から500円くらいで修理できて30分くらいの作業で終わるので自分でやることをおススメします。

用意するもの

交換する部品・・・50円から200円
半だこて・・・100円から2000円    
ニッパー・・・100円から2000円

半だこてやニッパーは今、100円ショップで売られています。

具体的なやり方はこちらの動画を参考にしてください。

接触不良

これは、断線の次に多いイヤホンで片耳しか聞こえない原因です。

接触不良、名前のとおりイヤホンの接触する部分がゴミなどで本体とうまく接触できていないために片耳しか聞こえなくなる状態です。

実際に私の1つのイヤホンもこの接触不良で、イヤホンをぐるぐる強く回してみたり、曲げたりすると少しだけ両耳から聞こえるということがありました。

しかし、少しでも動いてしまうとまた、片耳しか聞こえずにイライラしていました。

なので、しっかりと接触部分のお掃除をするようにしましょう。

そこで使うのが接点復活剤です。

接点復活剤は接触部分についているカーボンなどの汚れをきれいに落とし、電通状態を良くします。

使い方はとても簡単で、まずはイヤホンの機械に差し込む部分に復活剤をかけます。

そして、イヤホンを挿し込んでぐりぐり回します。ここで回すことでさらに細かい汚れを落としていきます。

回したら、一度取り外し、ティシュで汚れをふき取ります。

汚れていた場合、黒いカーボンのようなものがティシュについています。

これで完了です。

一度つなげて音楽を聞いてみてください、接触不良の場合は直っています。

また、綺麗な音で音楽を聞きたい時、接点復活剤を使えば片耳の音を直すだけではなく、音質もよくなります。

ぜひ、使ってみてください。

Sponsored Links

それでも直らなかったら

接点復活剤を使ってみたのに、半だこてを使ったのに、片耳が聞こえないという方は1度イヤホンや設定を調べてみてください。

例えば、ウォークマン専用のイヤホンではipodで聞くことができなかったり、私みたいにイヤホンを洗濯してしまったり、大音量で聞くとショートを起こします。

また、左右の音量の設定ができる物もあり、左だけが聞こえないように設定しているケースもあります。

でも、なかなかイヤホンや機械ついて詳しくない人は何がいけないのか、分かりずらいと思います。

そんな時は直接、修理屋さんに原因を聞いてみましょう。

聞くだけなら無料ですし、機械がダメなのか、イヤホン自体がもうダメなのか親切に丁寧に教えてくれます。
6569bff43385bbce510150775983dacc_s

最後に

イヤホンの片耳が聞こえなくなった時の直し方をまとめると・・・

  1. 半だこてで断線を直す
  2. 接触復活剤を使って見る
  3. 直接、修理屋さんに原因を聞く

の3つになります。

私も最初は片耳が聞けないイヤホンにイライラしていました。

しかし、ほとんどの原因が断線と接触不良によるものなので、

1度道具を揃えてやり方も覚えてしまったら、買い替えや修理に出すよりも、お金や時間がかからずに直せます。

なので、ぜひ、みなさんもこの方法でやってみてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)