お彼岸の意味って何?浄土真宗が始まりだった!?

お彼岸の時期になってきました。

お彼岸には墓参りをすることだけは知っていてもなぜ、お彼岸の時期にするのか知らない人も多いと思います。

実際に私も毎年お彼岸には家族と一緒にお墓参りしているのですが、なぜお彼岸でお墓参りをするのか知らずにしていました。

ですので、今回はお彼岸の意味について分かりやすく説明していきます。

Sponsored Links

そもそもお彼岸って何?

お彼岸とは「春分の日」(3月21日頃)と「秋分の日」(9月23日頃)を中日として、その前後の3日間を合わせた7日のことを言います。

また、お彼岸の一番初めの日を「彼岸の入り」最後の日を「彼岸明け」と言います。

そもそも彼岸という言葉の意味は、生と死の海を渡って行きつく悟りの世界のことを言います。

その反対に私たちがいる、苦しみや迷いがたくさんあるこの現実世界の事が此岸(しがん)になります。

彼岸は西にあって此岸は東にあると言われています。

そのため、お彼岸の時期である「春分の日」と「秋分の日」は太陽が真東から真西に沈むので、彼岸と此岸が最も近い日であるとされてご先祖に供養や交信をするためにお墓参りをします。

また、春と秋にあるお彼岸のことをそれぞれ「春季降霊祭」や「夏季降霊祭」と言ったり、「春のお彼岸」「秋のお彼岸」という言い方もします。

お彼岸は浄土真宗で始まった

bdd957043e75c728ec6d108e09f2335a_s

お彼岸は日本独自のもので、意味は古代インドから来て浄土真宗の浄土思想と結びついて始まりました。

浄土思想とは苦しみや迷いが全くない世界(極楽浄土)は遙か遠くの西方にあると信じている思想です。

その当時も今の「春分の日」や「秋分の日」にあたる日は太陽が真東から昇って、真西に沈むんでいました。

その太陽が真西に沈むのを見た人々が、遙か遠くの西にある極楽浄土に思いをよせて拝むようになったのがお彼岸の始まりと言われています。

ですので、最初から亡くなった人に供養したり、交信したりすることだけが目的ではありませんでした。

Sponsored Links

日本でのお彼岸の始まり

日本で一番最初にお彼岸の行事をするようになったのは、806年頃に天皇の命令によって極楽浄土のことを人々が思うようになったことが始まりになります。

どの時代の人々も人は生が終わった後にどうなるのか、という関心を持っているため、いつの間にか生を終えたご祖先様を平穏で静かな世界に送りたいという思いで拝むようになりました。
9cd4a15a4c9c23f36e574091c6112473_s
また、春のお彼岸である春分の日を見てみると…

春分の日・・・自然をたたえ、生物をいつくしむ日

となっていて、日本には仏教が来る前からご先祖様に感謝したり、農作物に対して感謝をする習慣がありました。

なので、お彼岸にはご先祖様に農作物の豊作の感謝するという意味もあります。

お彼岸にはこのような意味があり、現在のお彼岸ではお墓参りをしてご祖先様に供養や交信をするようになりました。

最後に

最後にまとめるとお彼岸とは浄土真宗の極楽浄土が西方にあり、春分の日や秋分の日に真西に太陽が沈むことで拝むようになって始まりました。

そして、次第にご先祖様に供養や感謝、交信をする日になり、現在のようにお供え物をしたりお墓参りをすようになりました。

もしも、お彼岸でお墓参りをする機会がある時はお供え物としてお菓子や花、好きだったものをお供えして「生きていることへの感謝」や「ご先祖様への感謝」の気持ちを込めるようにしましょう。

ちなみに、お供え物には「亡くなった人が空腹で苦しまないように」という意味で考えてしまいますが、お仏壇にいる仏様に感謝の気持ちや尊敬の気持ちを込めるという意味もあるそうです。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)