夏風邪の症状って?だるいのは夏風邪のサイン!!

自分の娘にのどの痛みや頭痛がすると言われても、これが夏風邪なのか夏バテなのか、熱中症なのかよくわかりませんよね。

とりあえず、頭痛薬や風邪薬を飲ませてみたけれど、全然よくならない。

しかも、病院で診てもらおうと思ったけど病院が休みでお医者さんにも診てもらえず、何をしていいのかさっぱりわからない、という事態になってしまうかもしれません。

そうなる前にしっかりと夏風邪の症状や治し方などを知って子供が元気よく生活できるようにしましょう。

Sponsored Links

そもそも夏風邪とは

夏風邪とはなんなのかという原因を知ることで、夏風邪の治し方や症状にも深く関わってくるのでしっかりと理解しておきましょう。

夏風邪というのは、そのままなんですが、夏にかかる風邪のことを言います。

一般的に言う風邪の原因であるウイルスは冬の低温や低湿度を好みます。

しかし、夏風邪の原因であるウイルスは夏の高温や湿度が高い環境を好みます。

なので、夏にかかりやすい風邪ということで夏風邪と言われます。

夏風邪の主なウイルス

  • アデノウイルス
  • エンテロウイルス
  • コクサッキーウイルス

これらの3つのウイルスが夏風邪の症状・・・

  • ヘルパンギーナ(コクサッキーウイルスが原因)
  • 咽頭結膜熱(アデノウイルスが原因)
  • 手足口病(エンテロウイルスが原因)

を引き起こします。

手足口病などの3つの症状は主に子供にかかりやすいのですが、これらの症状にはっきりと当てはまることがない場合が多く、例え、当てはまらなくても夏風邪ウイルスによる、頭痛や発熱、咳、のどの痛みだと夏風邪になります。

夏風邪にはどんな症状があるのか

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

ヘルパンギーノの主な症状

  • 高熱(38度以上、または39度から40度近い熱が出ることもある)
  • 喉や口蓋垂の炎症
  • 関節の痛みや倦怠感
  • 口内炎や水泡

咽頭結膜熱(プール熱)の症状

  • 結膜炎
  • 咽頭通(のどの痛み)
  • 発熱

手足口病の症状

  • 軽度の熱
  • 手や足、口に赤い発疹や水ぶくれ
  • 下痢

夏風邪でよく見られる症状

夏風邪の症状は主に・・・

  • 喉が痛い、赤い
  • 鼻水がたくさん出る
  • 咳が止まらない
  • 発熱
  • 痰のつまり
  • 体がだるい
  • 関節が痛い
  • 頭痛
  • 咽頭痛

があります。

これらの中から2個から3個以上の症状が3日以上続く場合、夏風邪である可能性が高いです。

また、夏風邪は発症するのに時間がかかり、完全に治るのにも時間がかかります。

冬の風邪とは違う夏の風邪の特徴としては、下痢や腹痛、嘔吐、吐き気などの消化器官の症状が起こりやすいのが特徴です。

Sponsored Links

夏風邪のおすすめ治療法

ショウガ、にんにく

5aa421ff44936cfbeaea9a5e7b48c0dc_s

ショウガには消炎作用があって、喉の痛みを和らげてくれる効果があります。

ただ、大量に体内に入ると胃や腸に悪いので、少量のショウガをおろしてジンジャーティーを作って飲む方法がおすすめです。

また、にんにくには、アリシンという成分があって、夏風邪の予防や治療として体の免疫力を上げる役割があってウイルスをやっつける効果があります。

野菜スープに加熱したにんにくを入れて食べる方法がおすすめです。

鼻うがい

鼻水が止まらいなどの症状も夏風邪に多いです。

そんな時におすすめな治療方法が鼻うがいです。

鼻うがいの方法は、まずお湯に塩を1、2つまみ入れてよく混ぜます。

混ぜたら、片鼻をつまんで、もう一方の片鼻から流して口から出します。

最初は鼻うがいと聞くとツンとして痛いイメージですが、お湯と塩を使えば体液と同じになって痛くないです。

また、鼻にいるウイルス・細菌・ホコリなどを洗い流すため、鼻がスッキリします。

それでも抵抗がある方はドラッグストアでも鼻うがい用の洗浄液があるのでそちらを使用してみてください。

栄養を取る

夏風邪に関わらず大切なことですが、夏風邪は体の免疫力の低下によるものです。

しっかりと栄養を取るようにしましょう。

ちなみに、私のおすすめの食べ物は牛乳おかゆです。

風邪をひいたときの定番ですが、食欲がなくても食べられますし、栄養があって消化にもいいのでおすすめです。

また、風邪をひいていると汗を多くかくので、しっかりと水分補給も忘れないようにしましょう。

まとめ

夏風邪の症状も人によって、さまざまなので、ちょっとおかしいなと思ったら、すぐに病院に行くようにしましょう。

しかし、夏風邪に限らず、病気に行ってもらう風邪の薬は頭痛や鼻水、熱などの症状を緩和するだけで根本的な治療薬ではありません。

ですので、薬だけに頼るのではなく、しっかりと睡眠や栄養を取るなどして自分自身の免疫力を高め、自然治癒をするようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)