大学入試と高校入試の違い!知らないと受験が不利に?!

高校入試では倍率がどんなに高くても2・3倍ですが、大学入試では10倍が当たり前です。

また、高校入試よりも大学入試のほうが問題の難易度が上がり、3教科で高得点の争いになります。

このように高校入試と大学入試はまったく違います。

なので、高校入試と大学入試を同じ物と考えている人は注意が必要です。

今のうちに、高校入試と大学入試の違いを知って早くから準備をして、他の受験生と差をつけてましょう。

Sponsored Links

大学入試はテストが2回ある

1つ目の違いは高校入試と大学入試のテストを受ける回数です。

高校入試は公立高校でも私立高校でもテストが1回だけだったと思いますが、大学入試ではセンター試験大学別のテスト(2次試験)の2回あります。

大学の種類

国立大学・・・国が作った大学
公立大学・・・都道府県や市など地方公共団体が作った大学
私立大学・・・個人が作った大学

国立・公立大学はセンター試験と大学別のテスト(2次試験)の2つの合計得点で合否が決まります。

私立大学では、今ではセンター試験を利用する大学が増えて・・・

  1. 大学別のテストで合否を決める
  2. センター試験のみで合否を決める
  3. センター試験と大学別のテストの合計で合否を決める

の3つに分かれています。

そのため、センター試験を利用する大学を受験する場合は、翌日に新聞に出るセンター試験の解答で自己採点をして願書を出す大学を決めます。

また、センター試験は教科書のような基礎的な内容ですべてマークシートになっています。

そして、2次試験は自分で選択する2~3教科のテストと小論文や面接などがあります。

大学入試では内申点は関係ない!

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_s
2つ目の違いは高校入試と大学入試の内申点の扱いです。

高校入試では成績や部活動などの内申点が合否に大きく関わったと思いますが、大学入試の一般では内申点は、まったく合否に関係しません。

大学入試は高校入試に比べて規模の大きさが違います。

受験者全員の採点をするのも大変なのに、全員の内申書に目を通す時間はありません。

さらに、高校は学校ごとに定期テストの難易度が違ったり、成績を甘くつける高校もあれば厳しくつける高校もあり内申点を加えると不公平になってしまいます。

そのため、一般の大学入試では内申点は関係なく、受験資格の書類として確認する物だと思ってください。

ただ、推薦入試の場合は内申点が合否に関わり、それを受験資格のボーダーラインとして、面接・小論文で決める大学だったり、面接・小論文に内申点を加えて合否を決める大学に分かれます。

Sponsored Links

偏差値が違う

3つ目は高校入試と大学入試における偏差値の考え方の違いです。

高校入試の自分の偏差値が5~10下がったのが大学入試の偏差値になります。

例えば、高校入試の時の自分の偏差値が65だった場合、大学入試で受かる大学の偏差値は55~60の大学になります。

これは、入試を受ける人の母集団(全体)が変わることによって起きる違いです。

そもそも偏差値とは、入試を受ける人の全体の中で自分がどのくらいの位置にいるのかを表します。

高校入試の場合は中学生のほとんどが高校に進学するため入試を受けますが、大学入試では勉強ができない人は大学進学をしないため入試を受けません。

そのため、中学の時に上位だった人や浪人生しか受けないため、母集団のレベルが高くなることで高校入試の時よりも偏差値が下がります。

テストの内容が違う!

8ccfb746419a5443edfaf8b6a065c4f2_s
4つ目の違いは高校入試と大学入試の問題の難易度です。

高校入試では解答欄に答えだけを書くのがほとんどだったと思います。

しかし、大学入試では英語の英作文など記述式の問題が多くなります。

特に記述式問題が多くなるのが数学です。

高校入試では、解答のみを書く欄があって答えが正解なら点数がもらえて、記述式では証明の問題が2~3問だったと思います。

しかし、大学入試では氏名・受験番号の欄と問題の番号しか書いていない白紙が数枚だけ渡されます。

答えだけだは点数はもらえず、計算式だけ書いていても部分点しかもらえません。

点数がもらえるのは仮定をしたり、なぜその計算式になったのか、どうやって計算してその答えになったのかを言葉でも説明する必要があります。

ですので、数学の大学入試ではほとんどの問題が証明問題のようになると思ってください。

最後に

高校入試と大学入試の違いとして、他にも雰囲気やプレッシャーもあります。

大学入試は高校入試と違って、その大学が最終学歴になり社会人になっても一生関わることになるというプレッシャーがあります。

また、高校入試は友達が同じ教室に何人かいて安心感がありますが、大学入試は全国から受験生が来るため知り合いが誰もいないということが多いです。

いろいろと不安なことや心配事があると思いますが、入試は一発勝負です。

悔いの残らないよう時間を大切に使っていきましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)