転入と編入の違いを徹底解説!受け入れる時期が違う!?

転入と編入の違いってイマイチよく分かりませんよね。

私も最初は違いが分からず、転入と編入は同じものだと思っていました。

しかし、編入と転入は高校が受け入れてくれる時期が違うなど、高校を変えるなら知らないといけない大切な事がたくさんあります。

ですので、今回は編入と転入の違いについて分かりやすく説明していきます。

Sponsored Links

転入と編入の違い!

そもそも転入と編入とは・・・

転入:今いる高校から続いて他の高校に入ること

編入:一度、高校を辞めた人が改めて他の高校に入ること

となっています。

主な転入の理由としては、一家移住私立高校で学費が払えなくなったなどがあります。

編入は勉強が不得意で留年になってしまい学校を辞めたり、友人とのトラブルや問題を起こして退学になったなどがあります。

なので転入と編入の一番大きな違いは、今高校に通っているのか、辞めたのかの違いになります。

移動先の高校の種類・学科の違い

63a95363c41d90a23a1d0722cf7366ab_s
転入は、同じ高校の種類・学科の高校に移動することを言います。

反対に編入は、違う高校の種類・学科の高校に移動することです。

学校の種類

全日制・・・学校教育を昼間に教えることを原則とする高校
通信制・・・学校には毎日行かないで、主に自宅で学習する高校
定時制・・・主に夜間に授業をする高校

分かりやすく例を出すと、転入では今いる高校が全日制の普通学科の高校なら全日制の普通学科の高校に、通信制の高校なら通信制の高校に移動することです。

編入は、全日制の高校から定時制の高校に、全日制の普通学科から全日制の商業学科に移動することを言います。

Sponsored Links

転入と編入では入れる時期が違う

先ほど説明したように、転入は今の高校から続いて他の高校に入ります。

そのため、移動先の高校には1年に1学期・2学期・3学期の前の合計3回入れる時期があります。

しかし、編入は一度高校を辞めてしまったので、その辞めた学年からの入学のなるので一年に1回しか入れる時期がありません。

ちなみに転入試験は3月、8月、12月に、編入試験は3月にあります。

また、2年生の秋に高校を退学した場合は1年生までの単位しか認められないので、1つ下の後輩と一緒に2年生として1学期から授業を受けることになります。

これは、編入では学科が変わったり、通信制から全日制に変わるため、今までやってきた授業の内容が違い、他の生徒との差が大きくなるからです。

もし、一年生の途中で辞めてしまった場合は単位を取得していないので、編入ではなく改めて受験をやり直すことになります。

移動日数が違う

a6b7bbbcc02e1fbe59e2f56d59474ef4_s
転入は編入とは違って、今いる高校から続いて入るため移動日数はゼロになります。

移動日数のゼロとは、転入のための引っ越しやその準備・学期が始まるまでの期間に一週間かかっても休みにならず、転入前の高校に在学していたことになります。

そのため引っ越しの時期によっては期末テストの期間でテストが受けられないということもあります。

また、転入先の高校に登校した初日からその高校に在籍したことになります。

最後に

高校の転入や編入はその高校に欠員が出た場合しかできません。

なので、どの高校にも転入や編入ができるわではありません。

また、その欠員も数名しかいないため「欠員募集」も数名になり倍率がもの凄く高くなります。

転入試験や編入試験には国語・数学・英語のテストと面接があるので、転入や編入ができるよう早めに準備をしておきましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)