お腹が鳴る原因はコレ!食後なのに鳴るのはなぜ??

しっかりと朝食を食べたのに大事なテスト中にお腹がなってしまう事ってよくありますのね。

テストなのでみんなが静かにしているから、余計にお腹が鳴る音が聞こえやすくなって全然、テストに集中することができない

今回はそんな時に役に立つように、お腹がなってしまう原因から、どうしたら鳴らないようするか
分かりやすく説明していきます。

Sponsored Links

空腹の時にお腹が鳴る原因

お腹が鳴る原因の1つがお腹が空腹の時です。

まず、食事をするとその食べた物は胃まで運ばれます。

その食べた物を消化するために胃は収縮運動という伸びたり、縮んだりする運動をして食べたものと、胃液を混ぜて消化しようとします。

胃が食べ物を消化し終わると、空腹状態になり、血液中の糖濃度が低下して、脳は消化が終わり空腹になったことが分かります。

そうすると、脳は次の食事に備えるように胃に伝えます。

胃は大きくないのでいつまでも消化したものを胃の中に残しておくことはできませんので、胃は次の食事に備えるため、消化した食べ物を十二指腸へと送る必要があります。

そうすと、胃は十二指腸へ送るため、再び活発に収縮運動をするようになります。

お腹がなるのは、この胃が十二指腸へ消化した物を流す時に鳴ります。

胃の出口は小さいため、胃は押すように流してしていきます。その時に一緒に胃の中ある空気も圧迫されて胃の小さな出口から腸に流されます、その時にグ~グ~となってしまいます。

これが空腹の時にお腹がなってしまう原因です。

食後でもお腹が鳴る原因

fa017b282919208e1fac782acb267a19_s

しかし、空腹ではない時にもお腹が鳴るってこともよくありますのね。

では、なぜ空腹ではない食後にどうしてお腹が鳴ってしまうのか。

それは、先胃で消化されたものが大腸や小腸に運ばれるときに、少ないですがガスが発生します。
その発生したガスが腸の壁を動かすことによって、食後でもお腹が鳴ってしまいます。

実はそれは病気かも!

これまで、空腹と食後でどうしてお腹が鳴るのかその原因を説明してきました。

しかし、ただお腹が鳴るだけでもそれが頻繁に鳴る人は病気かも知れません。

お腹が頻繁に鳴る人の病気に・・・

  • 呑気症(どんきしょう)
  • 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)

という2つの病気があります。

呑気症

呑気症は重い病気ではないので特に心配することはありませんが、このまま自分が呑気症だと知らないとお腹が鳴るのが改善されていきません。

ですので、しっかりと理解していきましょう。

呑気症というものは、ストレスなどから唾をのみ込む癖がある、早食いをするなどして多くの空気を体内に飲み込んでしまう症状です。

空気をより多く飲み込むので胃の中の空気が多くなってしまうため、空腹になった時により、お腹が頻繁になってしまったり、ゲップなどが頻繁に出るようになります。

対策としては、ストレスや不安をなくして、唾をのみ込まないようにしたり、早食いをしないでゆっくり食事をとるようにしたりして空気を体内に飲み込まないようにしましょう。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

過剰性腸症候群

過剰性腸症候群は大腸や小腸の過敏症状によって、

  • 便秘になる便秘型
  • 下痢が起きやすくなる下痢型
  • その2つの方法を合わせたわせた交換型
  • ガスの過多やお腹の張り・お腹の鳴り・腹痛が起こるガス型

の4つのタイプがあります。

ここでは、お腹がよく鳴る症状のガス型だと思うので、ガス型の治し方として、市販の腸整剤を使えば腸の環境を整えてくれるので症状が改善されると思います。

この病気は5人に1人がなっていると言われている病気ですが、これに似た症状で、腸に炎症があることがあるので1度は医療機関に診てもらうようにしましょう。

これまで様々なお腹が鳴る原因について説明してきました。

次はお腹を鳴らさないようにするための具体的な方法をご紹介します。

自分のお腹が鳴る原因は空気の摂りすぎが原因なのか、空腹による胃の運動が原因なのかを確認して、お腹が鳴ってほしくない時に、鳴らないように対策をとりましょう。

Sponsored Links

お腹を鳴らさない簡単な方法

ぐーぴたを食べる

グーピタはお腹を鳴らないようにするための食べ物です。

お腹のグーをピタっとさせる食物繊維の配合、さらにコンニャクマンナンを増量でより、おなかの満足感を大きくしてくれます。また不足しがちなカルシウムや鉄などの栄養素も配合しています。

さらに、クッキーやグミなど、さまざまな種類があって手軽に簡単に食べることができます。空腹になった時によくお腹が鳴るという方におすすめです。

大きく深呼吸をする

お腹が鳴りそうになったら大きく息を吸って、お腹が鳴るのをやり過ごします。

大きく息を吸うことで内側にたくさんの空気が入るのでお腹が鳴る原因の胃の収縮運動を抑えることができ、お腹が鳴らないようになります。

授業中でも簡単にできるので、これは鳴るかもと思った時にぜひ、やってみてください。

消化に悪い食べ物を食べる

05638c1b1134389fe155088c552632a0_s

消化に悪いものを食べることによって、お腹がなかなか空かないので腹持ちがよくなってお腹が鳴らなくなります。

消化に悪い食べ物は、コーンフレーク、納豆、ハム、ソーセイジ、スイカなどがあります。

朝、パンを食べているという人は、パンは消化されるのが早いのですぐにお腹が空いてしまいます。

なので、朝は腹持ちの良いごはんを食べることをおすすめします。

しかし、消化の悪い食べ物は胃に大きく負担がかかりますし、栄養も偏ってしまうので食べ過ぎには注意してください

つぼを押す

お腹が鳴るのを防ぐツボを2つ紹介します。

授業中では少しやりずらいかもしれませんが、効果があるのでぜひ、やってみてください。

  • お腹のへその1から2センチ下を指2本使って強く押す
  • 親指と人差し指の骨の間の合谷というところをもう一方の親指で強く押す

合谷のツボの押し方はこちらを参考にしてください

まとめ

これまでお腹がなる原因や鳴らさないようにするための方法を説明してきました。

最後に、学校でお腹が鳴らないようにするために私がやっていた方法をご紹介します。

まず、朝ご飯にパンから消化が遅い納豆ご飯に変えてお腹いっぱいになるまで、空気が入らないようゆっくり食べます。

それでも学校で鳴りそうになった時は、ツボを押すか、お腹を膨らませて鳴るのを防ぎます。

テストのようにどうしても、鳴って欲しくない時だけ、ぐーぴたを買って、休み時間にばれないよう食べていました。

ぜひ、この方法をやってみて、学校でお腹がなって恥ずかしい思いをしないようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)