ハロウィンの由来とは!?「かぼちゃ」には何の関係があるの?

10月31日はハロウィンの日ですね。

今では、ハロウィンの夜になると、たくさんの人が仮装して楽しんでいます。

また、遊園地やテーマパークでもハロウィンのイベントがたくさん開催されています。

しかし、ハロウィンで仮装することは知っているけど、意味由来まで知っている人は少ないと思います。

ですので、今回はハロウィンの由来かぼちゃをハロウィンで使う由来について説明します。

Sponsored Links

ハロウィンとは

ハロウィン(Halloween)は、別名All Hallouws Evaと言います。

Allは「すべて」、Hallouwsは「聖職者」、Evaは「前夜祭」の事を指していて、直訳すると「すべての聖職者の前夜祭」になります。

あまり知られていませんが、ハロウィンの次の日の11月1日は万聖節という日で、宗教の信仰のために自らの命を捧げた人とすべてのキリスト教の人を記念する日になります。

今では、秋の収穫物をお祝いして、悪霊を追い払う日になっています。

ですので、ハロウィンは万聖節の前夜祭になります。
 

ハロウィンの由来

083677
ハロウィンの由来は、2000年以上前にいたケルト民族にあります。

ケルト民族の中のドゥルイト教は、サウィン祭りを毎年やっていました。

<サウィン祭りとは>

サウィン祭りは当時、一年の終わりと言われていた10月31日に毎年、行われていました。

祭りの由来は、現在のハロウィンと同じで、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うことでした。

また、日本のお盆と同じであの世とこの世が最も近い日と言われていました。

ただ、日本とは違う点として、亡くなった方と同時に悪霊も降りてくると思い、仮装して追い払う習慣ができました。

 
その後、ケルト民族はキリスト教であるカトリック系に侵略されました。

侵略されたことで、ケルト民族のサウィン祭りの習慣がキリスト教の国を中心にハロウィンとして、現在に至ります。

ですので、ハロウィンの由来はケルト民族のサウィン祭りになります。

Sponsored Links

かぼちゃをハロウィンで使う由来

大昔のアイルランドにジャックという人が生まれました。ジャックは口が悪く、乱暴でとても良い人と言える人ではありませんでした。

それから何十年たったある日、ジャックは亡くなってしまいました。

あの世のジャックは、自分は地獄に行く人だと思い、悪霊に地獄に入れてもらうようにお願いしました。

しかし、悪霊はジャックが生まれ変わることを許さず、天国にも地獄にも入れてもらえませんでした。

行くところのないジャックは、とりあえず来た道を帰ることにしました。

しかし、帰り道は暗すぎて何も見えなかったので、悪霊から火の玉をもらい、かぼちゃの中に入れてちょうちんの代わりにしました。

行き場のないジャックの「かぼちゃの火の塊」がお化けに見えるため、現在では、ジャックのかぼちゃのお化け(ジャック オウ ランタン)になりました。

また、これ以外にも、玄関にかぼちゃを置いて悪霊を驚かして追い払うため、という意味もあります。
067138

最後に

ハロウィンは、ケルト人の祭りから始まり、かぼちゃはジャックの「ちょうちん」が由来でした。

ハロウィンは1年に1度しかないので、仮装したり、ハロウィンパーティーに参加したり、子供と絵本を読んだりして、楽しみましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)