蚊の対策に庭でハーブが効果抜群?これで庭の蚊がゼロに?

庭にたくさんの蚊がいたら刺されるのではないかと思って何もできませんよね。

さらに、蚊のブーンていう羽の音が聞こえたら、蚊に集中して庭で遊ぶどころではないと思います。

ですので、今回は庭にいる蚊の対策に良いとよく聞くハーブは本当に効果があるのか、ハーブ以外にはどんな方法が庭の蚊に効くのかをご紹介します。

これを読んで子供と一緒に楽しく庭で遊べるようになりましょう。

Sponsored Links

庭の蚊の対策にハーブは効く!!

最近は、殺虫剤や虫よけスプレーなどの化学薬品を使った庭の蚊の対策商品が増えてきていますよね。

でも、それらを庭で使っているとお金もかかるし体に悪そうな感じがしますよね。

そこで、庭で育てるだけで、簡単でお金もあまりかからず、体に悪影響がないハーブを使った庭の蚊の対策方法をご紹介します。

ゼラニウムで蚊よけに

02cc22985f4e0fda73fb806512474784_s

ゼラニウムというハーブが蚊の嫌いなニオイを出すので庭の蚊の対策に良いと言われるハーブです。

ゼラ二ウムというハーブの仲間で特に蚊の嫌いなニオイを出すと言われるのが、日本では「カレイソウ」と「蚊除け草」という名前の植物です。

「網戸」を使う文化のないヨーロッパのベランダには「網戸」の代わりにベラ二ウムを置いて、虫よけに使っています。

蚊が嫌がる臭いですが、人間がニオイを嗅いでも爽やかでいい香りがします。

また、ゼラニウムのお手入れの仕方ですが、一般的な植物と同じで日の当たるところに置いておき、土が乾いていたら水を上げると至って簡単です。

ゼラ二ウムは花も咲かせるので庭の蚊の対策だけではなく、ガーデニングとして楽しむことができます。

レモンの香りのレモングラス

87e4ed871cab261a1e82d568e8dce35c_s

レモングラスは名前の通りレモンの香りがするハーブです。

日本では主に佐賀県で栽培されていて、インドでは古くから民間治療としてこのレモングラスというハーブを使っていました。

また、カレーやハーブティ、トムヤムクンの材料の一つとして使われているので体にいいハーブです。

このレモングラスというハーブのニオイに含まれている、シトラールという成分が蚊の嫌いなニオイで虫よけ効果があるとすでに確認されいます。

レモングラスのお手入れの仕方は、まず、日当たりがよく風通しもいいところに置いて、水やりは控えめで土が乾いてきたと思ったら水を上げるようにしてください。

Sponsored Links

ニーム(インドセンダン)

ニームという植物があって、インドが原産で和名は「インドセンダン」と言います。

ニームは蚊よけに良いと言われるだけではなくて、ニームの樹液や樹皮には殺菌作用や抗ウイルス作用もあり、ゴキブリやアブラムシなどの害虫200種類にも効果があると言われています。

また、害虫にも効果があるので人間の体に悪そうな気がしますが、インドではニームを薬やお茶としても使われているので体にも良い植物なので安心してください。

お手入れの方法ですが、ニームも他の植物と同じで日のよく当たるところで土が乾いてきたなと思ったら、水が鉢底から流れるくらいの大量の水をあげてください。

バジル

64e02ae3a5efcf5203566047ce9e991c_s
バジルは、日本では江戸時代に中国からやってきました。

また、古代ギリシャでは「王家の薬草」と言われるくらい効果がある植物です。

バジルに含まれるシネオールという成分は蚊の嫌いなニオイで、虫よけの効果があると確認されています。

また、バジルの香りにはリナロール、カンファー、オイゲノールという成分が含まれていてリラックス効果もあります。

さらに、バジルには殺菌効果や抗菌作用のほか、微量に含まれているサポニンに、咳止めの効果があって夏風邪の予防効果もあります。

バジルのお手入れのやり方は、日のよくあたる所に置き、乾燥に弱いので毎日1回は必ずたっぷりと水をあげるようにしましょう。

こんなハーブの使い方も!

ペーパーミント系のミントを使って作る蚊よけの液の作り方の動画がありました。

ぜひ、こんなことも挑戦してみてください。

庭の蚊をゼロにする方法!

今まで庭の蚊の対策に良いハーブを紹介してきましたが、今度は蚊そのものを発生させないための方法です。

ハーブと合わせることで庭の蚊の対策の効果が2倍になるのでぜひ、やってみてください。

まず、庭にいる蚊をゼロにするために、庭のまわりの水が溜まりそうなところはすべてなくすことが重要です。

なぜなら、蚊は水にしか卵を産むことができません。

なので、その水をなくすことで庭にいる蚊を圧倒的に減らすことができます。

蚊にはさまざな種類がいて、空き缶などの小さい水たまりにしか卵を産まない蚊や、綺麗な水だけ、汚い水にしか生まないなどバラバラです。

少しでも水が溜まりそうだなと思ったら、水が溜まらいように蓋をしたり、家の中にしまったりしたりして対策をとりましょう。

下水溝なんかも卵を産みますが気が付きずらいので庭の近くにあるか確認してみてください。

あと、家の中に水槽があるという人も要注意です。

家に入ってしまった蚊が水槽の中に卵を産んでしまう可能性があります。

なので、必ず水の中で産めないよう蓋をするようにしてください。

最後に

最後に庭での蚊の対策のハーブ以外の方法をご紹介します。

  • 蚊取り線香をたくさん焚く
  • 金鳥バリアーを使う
  • ジェルタイプの虫よけ
  • 服に張って使う虫よけ
  • ラベンダーオイルを塗る
  • ハーブオイルを塗る
  • ハッカオイルを塗る

いかかでしたか?
参考になったでしょうか?

これらの庭の蚊の対策をして、子供と元気よく庭で遊べるようになりましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)