定時制高校と通信制高校って!?違いを分かりやすく解説!!

中学3年生になると志望校選びのために、本を見たり、学校説明会・見学会に参加していると思います。

その中で定時制高校と通信制高校があって、何が違うのか分からないと思います。

実は高校には・・・

  • 定時制高校
  • 通信制高校
  • 全日制高校

の3種類があります。

全日制高校とは、中学と同じでお昼に授業をやる一般的な高校なのでイメージが湧くと思います。

なので、今回は、全日制高校以外の定時制の高校と通信制の高校の違いについて説明していきます。

Sponsored Links

定時制高校とは

定時制高校は、全国に800校あって、10万人以上の学生が通っています。

一般的なイメージとして、定時制の高校は夜間に授業を行い、働きながら高校に通えるとなっています。

また、4年間の学校生活と74単位以上の取得が卒業の条件でした。

しかし、平成15年の改正で定時制高校は大きく変わりました。

授業を行うは・・・

  • 午前中の4時間
  • 午後の4時間
  • 夜の4時間

の3種類から選べて、3年間の高校生活と74単位以上の取得で卒業できるようになりました。

授業内容は百マス計算やアルファベット、簡単な漢字など小学生レベルから大学受験や留学に向けた特別進学コースなどがあります。

また、欠席や遅刻が多かったり、提出物を出さなくても、定時制の高校の場合は何も言われない事が多いです。

なので、自己管理が必要になります。

どんな人が行くの?

9bbd189864618a9cfb63491721393162_s

定時制高校は中学校を卒業した人だけではなく、様々な人がいます。

主に働いている社会人・高齢者・不登校だった生徒・全日制高校からの転入になります。

なので、全日制の高校より雰囲気が悪くなっていることが多いです。

また、定時制の高校でもクラブや修学旅行などの学校行事はちゃんとあります。

学費はどのくらい?

公立の定時制高校の場合は・・・

公立の定時制高校の1年間の学費

授業料・・・6万円
その他(PTA会費・積立金など)・・・6万円

となって、合計で12万円、1ヶ月で1万円前後かかります。

私立の定時制高校の場合は・・・

私立の定時制高校の1年間の学費

授業料・・・30万円
入学金・・・20万円
施設費・・・10万円
その他(積立金)・・・10万円

となって、合計で70万円、1ヶ月にすると5万8000円になります。

私立と公立を比べると、私立の定時制高校のほうが1ヶ月に5万円くらい学費が高くなっています。

また、定時制高校には「技能連携制度」と言って、他の高校からの転校や働いている職業に似たような科目があった場合はその科目の単位がもらえる仕組みがあります。

Sponsored Links

通信制の高校とは

通信制の高校は全国に200校あって、約20万人の学生がいます。

主に通信制の高校は定時制の高校とは違って授業はやらないで、

  • 課題(レポート)
  • スクーリング
  • テスト

の3つを行います。

課題は学校でやるのではなくて、自宅で自分で学習して高校が定めたレポートを提出して、添削してもらいます。

スクーリングとは先生との面談で、学校に登校して先生に今まで勉強していて分からなかったところを直接教えてもらいます。

少ない高校で年に1回、普通は月に1・2回スクーリングがあります。

テストはレポートをやっていれば簡単にできる問題で、年に1回だけあります。

このように、学校に登校するのは少なく、自宅学習をするのが通信制の高校で、学校に通う定時制高校との違いになります。

どんな人が行くの?

e11c097881fae6a7e53305b8881dc858_s
定時制高校と同じで働いている社会人・高校を退学した人・不登校になった人が通い、3年間の高校生活と74単位以上の取得が卒業の条件になります。

しかし、定時制の高校と違って通信制の高校はすべて自分でやるので挫折する人が多いです。

そのため、通信制高校サポート校というのが全国に200校あります。

これは、通信制高校の課題やテストの勉強をする場所で、週に1回からの登校なので不登校の生徒でも徐々に慣れるような仕組みになっています。

なので、通信制高校サポート校は通信制高校の生徒専用学習塾になります。

学費はどのくらい?

公立の通信制高校の場合は・・・

公立の通信制高校の1年間の学費

授業料・・・3万円
入学金・・500円
その他・・・3万円

になって合計が6万500円になります。

私立の通信制高校の場合は・・・

私立の通信制高校の1年間の学費

授業料・・・20万
入学金・・・3万円
その他・・・3万円

になって合計26万円になります。

私立のほうが公立より高くなっていますが、定時制の高校と違って通信制の高校は比較的学費が安くなっています。

最後に

全日制の高校に比べると授業内容が簡単で高校卒業資格が取りやすいのが、定時制の高校や通信制の高校になります。

また、バイトをしながら通いたい人、仕事のために高校卒業の資格がほしい人、不登校で学校に行けない人には、充実した高校生活になると思います。

なので、将来どんな仕事をしたいのか考えながら、自分に合った高校を選ぶようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)