学生の扶養控除を徹底解説!!103万と130万の違いって!?

アルバイトをすると103万円の壁と130万円の壁ってよく聞きますよね。

でも、実際に何が違うのか難しくて分かりずらいと思います。

しかし、この金額を勘違いして働きすぎると、親にかかる税金が増える事があります。

そうなると、親にかかる負担が大きくなってしまいます。

なので、出来るだけ早く違いを知って、どのくらいまで働いていいか理解するようにしましょう。

では、さっそく何が違うのか見ていきましょう。

Sponsored Links

扶養控除の103万円とは

親が扶養控除を受けれるのが103万円以下になります。

そもそも、扶養控除とは「学費のかかる学生を持つ親の税負担を減らしてあげよう」という意味があります。

学生が103万円を超える収入をアルバイトで得ると、その親は税を負担できると考えます。

ですので、103万円を超えると親が今までより多くの税金を国に払うことになります。

反対に「103万円までの収入なら学費や生活費のために、税金を払わなくていいですよ」という事です。

103万円を超えないようにするのは、この理由になります。

そして、その扶養控除には「基礎控除」、「給与所得控除」の2つがあります。

基礎控除は38万円で給与所得控除は65万円になります。

合計すると38+65=103なので、103万円が扶養控除の基準となっています。

まとめると、学生が103万円を超える収入を得ると「親が払う税金が増える」という事になります。

扶養控除の130万円とは

もう1つ「勤労学生控除」と言って、学生の収入が130万円以下であれば、その学生が負担しないといけない税金を払わなくて良いという制度があります。

なので、勤労学生控除は学校に通いながら働いている学生のための税負担を減らす制度になります。

基準が130万円なのは、勤労学生控除が27万円と決まっているからです。

38(基礎控除)+65(給与所得控除)+27(勤労学生控除)=130で収入が130万円以下なら所得が0円の扱いになります。

また、130万円を超えるの収入があると健康保険の被扶養者の条件から外れる事になります。

なので、健康保険に加入することになって、保険料を支払うことになります。

まとめると、103万円は親の払う税金が増える、130万円は学生が払う税金が増える、という違いがあります。

Sponsored Links

給料明細のどこの金額?

給料明細には「総収入金額」、「課税収入金額」、「所得税の累計」の3つがあります。

この中で103万円または130万円を超えてはいけないのが、「課税収入金額」になります。

課税収入金額とは、総収入金額から交通費などの税がかからない非課税収支額を引いた額になります。

ですので、課税収入金額には税を課せられる金額という意味があります。

また、集計期間は1月1日~12月31日となっています。

扶養から外れた場合の手続きは103万円を超えたと時にするのではなく、12月に勤務先で年末調整をするか、3月に税務署に確定申告をする事になっています。
f963aa212cf4e28a9bbb78049e6c2c4c_s

最後に

税金は色々と細かくて分かりずらいですよね。

学生のアルバイトで103万円を超えてしまうと、所得税や住民税の負担が大きくなります。

なので、せっかく働いたのに税金を負担して収入が減ることがあります。

また、いろいろな手続きをしたり大変なので、103万円を超えないようにアルバイトをするようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)