高校の冬休みの期間って!いつからいつまで?

2学期の期末テストが終わったら、とうとう冬休み。

期末テストは科目数が多く、とても大変ですよね。

でも、テストが終わり、冬休みになれば好きな時間に起きたり、友達と遊んだり、楽しい事がたくさんあります。

そんな高校の冬休みはどのくらいの期間なのか紹介します。

高校によっては期末テストの影響で、冬休みの期間が中学や小学校より1週間長くなる事がよくあります。

なので、いつからいつまでなのか、さっそく見ていきましょう。

Sponsored Links

高校の冬休みはいつから

高校の冬休みがいつから始まるか、大きく分けて2つのパターンがあります。

それは・・・

  • 12月25日のクリスマスを基準にする高校
  • 12月23日の天皇誕生日を基準にする高校

です。

なので、12月25日が基準の高校は24日に、12月23日を基準にする高校は22日に、終業式を行います。

また、いつから冬休みが始まるのか、土日の休みも大きく関係していきます。

例えば、天皇誕生日の12月23日が基準の高校で・・・

12月20日(金)「終業式」
12月21日(
12月22日(
12月23日(月)「天皇誕生日」

となった場合は、土日のお休みが挟むので、20日が終業式となって、実質21日から冬休みが始まります。
46e357cd6a099b5c2c38533ebbe916d5_s
また、12月25日のクリスマスが基準の高校で・・・

12月22日(金)「終業式」
12月23日()「天皇誕生日」
12月24日(
12月25日(月)「クリスマス」

となった場合は、土日がお休みで22日が終業式となり、実質23日から冬休みが始まる事になります。

このように、土日のお休みによって変わってきますが、基本的に23日と25日から冬休みが始まります。

Sponsored Links

高校の冬休みはいつまで

高校の冬休みの始まりは全国どこでも、ほとんど同じですが、終わりは地域ごとに変わってきます。

寒い北海道では冬休みは長く、暑い沖縄では冬休みは短くなっています。

地域別冬休みの期間

北海道・・・1月19日くらいまで(25日間)

東北地方・・・1月14日くらいまで(20日間)

関東、中部、近畿、中国、四国、九州地方・・・1月7・8日(14日間)

沖縄・・・1月4日くらいまで(10日間)

高校の冬休みがいつまでなのか、平均で見てみると1月7・8日になります。

北海道の冬休みは25日間と長いですが、夏休みも25日間で一般的な高校の夏休みより2週間短くなっています。また、沖縄の冬休みは10日間と短く、さらに夏休みも短く、30日くらいしかありません。なので、沖縄が一番休みが少ないです。

高校によっては冬休みが1週間長くなる!!

7289ecf59c52bbfed2b7cabf154cd9f0_s
高校は期末テスト後に試験休みと言って、冬休み・春休み・夏休み前の1週間が休みになって、実質お休みが1週間長くなります。

しかし、実際に高校のスケジュールを見てみると・・・

  • 11月17日~20日・・・期末テスト
  • 11月23日~30日・・テスト返却・面談・追試
  • 12月1日~19日・・・3学期授業

となっていて、期末テストが終わったらすぐに3学期の授業が始まっています。

夏休みの前には1週間の試験休みがあったのですが、冬休みの前には試験休みがなく冬休みが1週間長く感じます。

これには、3学期が高校受験や合格発表で休みが多く、授業が行えないと言う理由があります。なので、夏休みと春休みの前には試験休みがあったのに、冬休みだけない事がよくあります。

ただ、高校によっては冬休み前にも試験休みがあって、冬休みが1週間長くなることがあるので予定表で確認してみてください。

最後に

まとめると、高校の冬休みの期間は12月23日・25日~1月7・8日が平均的になります。

これが社会人になると12月29日~1月4日までの1週間になってしまいます。なので、学生しかない長い休みである冬休みを有効に活用するようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)