ゴールド免許を取得する条件!!1点でも加点されるとダメ?

免許証にはグリーン・ブルー・ゴールドの3種類があります。

どうせならゴールドの免許証にしたいですよね。

でも、期間はどのくらいか、1点でも加点されるとダメなのか、条件が分からないと思います。

ですので、今回はゴールド免許の条件について分かりやすく説明していきます。

また、ゴールド免許になる事のメリットはたくさんあるので、そちらもしっかりと確認していきましょう。

Sponsored Links

ゴールド免許を取得する条件

ゴールド免許を取得する条件は・・・

5年間の無事故・無違反

になります。

この条件を満たしたら、その後の免許更新の時にゴールドになります。

1点でも加点されるとダメ!

6798ad1f9ac61f500c6d976057dbdf7f_s
ここでの無事故・無違反は、点数が加点されていない事の状態を言います。

なので、1点でも加点された場合ゴールド免許を取得することができません。

しかし、免許不携帯など点数が加点されず、罰金だけの場合があります。

その時は加点されていないので、無事故・無違反となります。

5年間とはいつからいつまで

ここの5年間は更新する年の誕生日の40日前を基準日とした5年間になります。

例えば、更新の年が2015年で11月10日が誕生日の場合

2015年11月10日の40日前である10月1日が基準日となって5年間

なので、2010年10月1日~2015年10月1日の5年間が無事故・無違反だった場合、ゴールド免許になります。

ゴールド免許の更新期限はいつ

先ほど説明したように、5年間の無事故・無違反の後の免許更新でゴールド免許になります。

また、免許の更新は誕生日の前後1ヶ月になります。

例えば、免許の有効期限が5年の場合

最初に免許を取得した時から、または更新してから、5回目の誕生日の前後1ヶ月が更新期限になります。

そして、その5年間の無事故・無違反だった場合にゴールド免許になります。

Sponsored Links

通常より早くゴールド免許にする裏技

実はゴールド免許にするには免許更新の他に、新たに中型自動車や原付の免許を取るという裏技があります。

例えば、3点以上の違反をしてしまった場合は、ブルーになって更新期限が3年となります。

なので、無事故・無違反でも一回の更新では5年という期限の条件に満たみません。

そうすると、2回以上の更新が必要で、ゴールド免許にするのに6年間かかります。

ここで5年間無事故・無違反の場合に新たな免許を取ると免許の更新が行われるので、ゴールド免許になります。

通常ゴールド免許にするのに6年間かかるところを5年間にできて、1年早くする事ができます。

ゴールド免許のメリット

ゴールド免許のメリットは、「保険料が安くなる」と「免許の更新が楽になる」の2つあります。

保険料が安くなる

ゴールド免許は事故を起こす確率が低いので、保険料が割引されて安くなります。

では、いったいどのくらい安くなるのか

一般的には3〜5%くらい安くなります。

しかし、保険料は「年齢」「車の使用状況」「年間走行距離」や加入条件によって大きく違います。

なので、インターネットを使って何社か見積もりを取って比較してみてください。

免許の更新が楽になる

e0bd4a36f23050b185e59f528cbce65a_s
ゴールド免許になると警察署でも免許更新ができます。

また、免許更新の時に普通は1550円の1時間の講習を受けます。

さらに初回の更新や違反した場合は、1700円の2時間の講習になります。

それがゴールド免許になると700円の30分の講習になって、免許の更新が楽になります。

最後に

ゴール免許になる条件には、5年間の無事故・無違反があります。

しかし、現状では5年間全く運転をしない人もゴールド免許になってしまいます。

この事をペーパードライバーと言います。

しかし、これではゴールド免許の意味がない感じですよね。

ですので、ゴールド免許にするために日頃から、無事故・無違反を心がけて運転するようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)