大学の時間割の作り方!?実際の例を使って解説!!

大学は高校と違って自分で時間割を作ります。

でも、イマイチどうやって時間割を作ればいいのか分かりずらいですよね。

大学は自分が作った時間割のせいで卒業できずに留年になって後悔したり

反対に4年生は週に1回しか行かないなど、うまく作れば楽しい学校生活を送れます。

ですので、しっかりと時間割の作り方を理解して、充実した生活を送れるようにしましょう。

Sponsored Links

作る前に知っておきたい注意点!!

大学の時間割を作る上で知っておきたい注意点として「必修科目」と「単位数」の2つを確認するようにしてください。

また、大学がどのような仕組みで授業を行っているか理解している必要があるので、こちらの動画を参考にしてください。

必修科目

大学の科目には大きく分けて「必修科目」と「選択科目」の2種類があります。

必修科目・・・卒業までに必ず履修(単位を取ること)しないといけない科目になります。
選択科目・・・自分の好みで選べる科目の事です。

1年次はこれが必修科目、2年次はこれが必修科目など学年ごとに決まっています。

必修科目には英語や第2外国語などがあって、この科目の単位が4年間の間に取れないと留年になります。

また、大学によっては専門科目や一般教養科目の一部が必修科目のような卒業の条件となっていたり、教員など資格を取るために受けないといけない科目もあります。

ですので、必修科目、卒業の条件の科目、資格に関わる科目の3つを時間割に入れる事を忘れないでください。

単位数

0bc431a924e2018e82b5cb6c1008278b_s
そもそも単位とは、前期である科目が4単位だった場合(大学で配られるシラバスに書いてあります)

  • 前期で行われる15回の授業の出席
  • 前期のテスト
  • 提出物

の3つの基準で単位を取得できるか決まります。

この科目が基準を満たした場合は前期の約半年間で4単位取れたことになります。

そして、大学は卒業するのに4年間で取らないといけない単位数が決まっています。

どの大学も128単位くらいで、足りないと内定が決まっていても留年になって内定打消しになります。

※詳しい大学の単位の仕組みはこちらの記事を参考にしてください。

Screenshot大学の単位の仕組みって?実はこうなっていた!!

この記事では高校生でも分かるように大学の単位について一から詳しく説明しいます。

なので、時間割を作るときに4年間でその単位数に達するか確認する必要があります。

ただ、1年間で取れる単位数にも制限があるので1年で何十単位もとれるわけではありません。

Sponsored Links

実際の例を使った時間割の作り方

まず、大学側からその時間に行われる>授業が一覧になっている時間割が渡されます。

例えば、火曜日の1限目は英語・第2外国語などの12科目、2限目は4科目、3限目は8科目など

その中に必修科目、卒業の条件の科目、資格に必要な科目がある場合は、その科目を必ず時間割に入れます。

そして、その他の時間に行われる科目を時間割に組むかは自由に選択できます。

実際の大学の時間割だと・・・

水曜日

1限目・・・朝が苦手だから入れない
2限目・・・卒業の単位を取るために「日本国憲法」
3限目・・・必須科目である「経済学概論」
4限目・・・興味のある「初級スペイン語」
5限目・・・アルバイトだから授業を入れない

になっています。

このように大学は高校や中学と違って自由になっています。

なので、必修科目がなければ金曜日には授業を入れず、毎週、金土日が休みの3連休にすることもできます。

私のおすすめの時間割

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_s
大学の3年生や4年生は卒業論文や就職活動で忙しくなります。

なので、1年生と2年生は1年間で取れる上限まで単位を取るつもりで組むことをおすすめします。

目安は・・・

1年生:月曜日1~5限、火曜日から金曜日1~4限、土日お休み

2・3年生:月曜日~木曜日1~4限、金土日お休み

4年生:週1回のゼミだけ

になります。

また、サークルやアルバイトをやりたい人は、できるだけ5限には授業を入れないようにしてください。

最後に

大学の単位は意外と取るのが難しいです。

テストの点数や授業の出席で単位が取れたつもりだったのに落とすことがよくあります。

なので、1年生や2年生の時間割には出来るだけ授業を入れるようにしましょう。

ただ、詰めすぎると授業やテストの種類が増えて、結果、単位を落とすことに繋がるかもしれないので、無理はしないようにしてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)