クリスマスの由来って!キリストの誕生日は嘘だった

一般的に12月25日はキリストの誕生日でクリスマスと言われています。

私も小さい頃は毎年プレゼントを楽しみにして寝ていました。

しかし、サンタがいないと知った小学校の高学年頃には既に親から手渡しになっていましたね。

そんなクリスマスですが、実はキリストの誕生日ではありません。

では、一体クリスマスにはキリストと何の関係があるのか、疑問に思いますよね。

また、プレゼントを煙突から届けてくれるサンタクロースはキリストと何の関係があるのか気になります。

ですので、今回はその真実に迫っていきたいと思います。

Sponsored Links

クリスマスとキリストの関係

そもそもクリスマス(CristmasまたはXmas)の語源は、「Christ」キリスト、「mas」礼拝となっています。

また、Xmasはギリシャ語の「Xristos」キリストの頭文字のXと「mas」礼拝を合わせた物です。

なので、クリスマスはキリストを礼拝する日になります。

クリスマスの由来は、

e09987df384f3fc2ae0fef3769b8da84_s
クリスマスの由来は、異教を信仰している異教徒にキリスト教を広めるためでした。

もともと、ローマで大きな勢力となっていた異教徒が冬至の12月25日に太陽神を礼拝していました。

これは、昼が最も短い日が終わって、これから太陽の時間が長くなることを祝うためです。

そこで、キリストを礼拝する日であるクリスマスを太陽神を祝う日と同じにしてキリスト教を広めようとしました。

これが、クリスマスの由来となります。

また、ヨーロッパではもともと12月25日頃に冬至の祭が盛んに行われていたので、それにキリストが誕生したという意味を追加したとも言われています。

クリスマスはキリストの誕生日ではない!!

実はキリストの誕生日がいつなのかは分かっていません。

一般的にクリスマスがキリストの誕生日と言われるのは、キリスト教を広めるためにクリスマスを12月25日にしたからです。

また、この時に、多くの人にキリスト教が広めるために「12月25日がキリストの誕生日である」と宣告しました。

ですので、現在は多くの人がクリスマスがキリストの誕生日と思っています。

しかし、キリストの誕生日が書かれた書物や新約聖書は1つも残っていないので誰もキリストがいつ生まれたのか知りません。

Sponsored Links

クリスマスとサンタクロースの関係

クリスマスはキリスト教の行事なので、その中で登場するサンタクロースもキリストと関係しています。

そして、サンタクロースのモデルとなった人物がいました。

その人物は「聖ニコラウス」と言うキリスト教の司教を務めた人です。

この人の逸話にはこんなお話があります。

ニコラウスの逸話

2e75a93694225636a55e011b8e02e03b_s

ニコラウスの逸話

ニコラウスはキリスト教を学び、困っている人や貧しい子供助けようと思っていました。

そして、ニコラウスの隣の家には3人の娘がいて、とても貧しい生活を送っていました。

その家では、一番上の娘が結婚することを願っていました。

しかし、その家には生活費も足りなく、結婚のためのお金がないので当然、結婚をすることはできませんでした。

ある日、その話を聞いたニコラウスは隣の家を助けようと思い、その家の煙突にお金を投げました。

そして、そのお金はちょうど暖炉の上で干していた靴下の中に入り、その後、娘は無事に結婚することができました。

この逸話が今のサンタクロースが子供にプレゼントを贈る習慣になったと言われています。

最後に

クリスマスはキリスト教を広めるためで、サンタクロースはキリスト教の司教を務めている方がモデルでした。

ちなみに、サンタクロースが赤い服を着ているのは当時の司教の服装が赤色だった事が由来しています。

また、本物のサンタクロースに認定された方が世界中で120名以上いて、認定される条件が決まっています。

このようにクリスマスは各地でイベントが開催されているので、積極的に参加して充実したクリスマスを過ごせるようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)