大学の夏休みはいつから?平均的な期間は?

大学生の友達と一緒に遊びたいけど、いつから夏休みか分からなくて誘えないってことありますのね。

また、大学の夏休みはよく長いって言いますけど実際は、どのくらいの長さなのか分かりずらいです。

ですので、今回は一般的な大学の夏休みはいつからか、学部や大学によって変わるのかを詳しく説明していきます。

ぜひ、これを参考にして夏休みに大学生の友達と一緒に遊べるようにしましょう。

Sponsored Links

一般的な大学の夏休み

まずは、一般的な大学の夏休みがいつからいつまでなのか紹介します。

大学の夏休みは一般的に8.9月の2か月間です。

しかし、夏休みがいつからいつまでかは、明確には決まっていません。

もちろん大学によっても違うのですが、同じ大学でもいつから夏休みが始まるかは人によってバラバラです。

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
なぜ、同じ大学でも夏休みの始まりに違いがあるのか、それは、大学には前期と後期があって、だいたいの大学は7月の15日くらいから前期のテスト期間に入ります。

高校や中学と違い大学のテスト期間は長くて8月の初めごろまでがテスト期間となっていて、学科や学部、受けている授業によって受けるテストが違うため、テストが終わる日が人によって違うためです。

大学では、テストが終わったら夏休みになるため、人によっては7月の中頃から夏休みになる人もいるみたいです。

また、大学は夏休みの終わり頃の9月の後半くらいから、成績の確認やオリエンテーション、授業の聴講手続きなどがあり意外と大学に行く日が多くなります。

Sponsored Links

学部・学科、学校で違う夏休み

一般的な大学の夏休みについて説明してきましたが、次は学部や学科、大学で夏休みの期間に違いがあるのか説明していきます。

夏休みに集中講義

学部・学科によっては、夏休み中に集中講義があるところがあります。

期間は3日から長いと1,2週間の集中講義があります。

夏休みに集中講義を行うのは、その大学の教員では教えることのできない内容を他大学の先生を招いて行うためで、単位が足りない人の為の特別講座で夏休みの短期間で集中して行う授業だと考えてください。

ですので、夏休みに集中講座がある学生は夏休みが1,2週間ほど減ってしまいます。

理系の学部は夏休みがない

理系の大学生に夏休みはないと聞いたことがあると思いますが、それは3・4年生だけです。

理系の学部、大学に行っても1,2年生は一般的な大学生と同じように2ヶ月くらいの休みが取れます。

しかし、研究室に入ることがある3年生は、学部や教授によって夏休みが大きく変わってきます。

比較的ゆるい研究室や教授だと、一般的な大学の夏休みの2ヶ月くらい取れますが、忙しいとお盆しか休めなかったり、夏休み期間でも日曜日以外は夜遅くに帰ることになります。

また、4年生は3年生と同じで入る研究室でも変わりますが、就職活動卒業研究などで研究室にこもったりして忙しい人が多いみたいです。

化学関連の学部は実験が長くて忙しく、電気や建築関連は比較的ゆっくりとした夏休みを過ごせます。

お盆の時期はどこも夏休み

3bd7971410ab700847a83429ed2f8d34_s
大学の夏休みは学部や学科、研究室によって大きく違います。

とたえ、同じ大学だったとしても夏休みがいつから始まるのかも違ったり、夏休み中に講義があったりするので、なかなか予定を合わせることは大変です。

また、多くの学生がこの夏休みを利用して車の免許を取るために、教習所に通ったり、学費や遊ぶためにアルバイトをする人が多いです。

さらに実家に帰る人も多く、予定を合わせるのが大変ですが、夏休みの予定を立てる時に一番おすすめなのがお盆の時期です。

お盆の時期は教授も休むので講義はありませんし、アルバイトも休んだりするのでおすすめです。

しかし、お盆の時期はどこも混雑するので早めに予約したり、準備したりしましょう。

最後に

大学生の夏休みは本当に長くて羨ましいです。

社会人になったら、お盆の5日程度しか休むことができません。

大学生の夏休みが長い時に友達とたくさん遊んだり、アルバイトしたり、サークルを楽しんだりしていい思い出をたくさん作ってくださいね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)