コンタクトレンズの外し方!!簡単にできるコツを紹介!?

コンタクトを初めて使うときは、外すのは難しいですのね。

また、外せても時間がかかり目が赤くなってしまい、目に傷がつかないか心配ですよね。

私もコンタクトデビューしたころはうまく外せなくて何分もかかり、目が赤くなっていました。

しかし、何回もやっていると慣れて簡単に外せるようになりました。

なので、今回は簡単にコンタクトを外せるコツを手順にそって紹介していきます。

Sponsored Links

コンタクトを簡単に外せるコツ

手順は大きく分けて3つあります。

では、さっそく1つずつ見ていきましょう。

1.コンタクトレンズの位置を確認する

まずは、鏡でコンタクトレンズの位置を確認します。

この時に外しやすくするコツとして、乾燥・疲れに効果があるコンタクト用の目薬を使うようにしてください。

そうすることで、乾燥によるコンタクトと目のくっつきがなくなり、簡単に外せるようになります。

2.手を洗って顎を引いて、上目遣いをする

cbdd8a3dc97931aac574ec828b233cf7_s
次に目に汚れや菌が付かないようにしっかりと手を洗って、外すための準備として顎を引いて、上目遣いをします。

この時の外しやすくするコツは、しっかりと手を拭くことです。

もしも、手が濡れていたらコンタクトを外す時に滑ってしまい、中々外せなくなってしまいます。

なので、しっかりと水分をふき取るようにしましょう。

3.中指で下まぶたを下げる

次は利き手の中指で下まぶたを下げます。

また、大切な黒目を傷つけないようにレンズをずらすとよく聞きますが、

ソフトレンズコンタクトの場合は、ある程度白目の部分にもレンズがありますし、レンズのふちが黒目にくると痛いので特にずらす必要はありません。

Sponsored Links

4.人差し指と親指を使ってレンズをつまんで外す

次は利き手の人差し指と親指を使ってレンズをつまんで外します。

ここは、コンタクトを簡単に外すために一番重要な所なのでコツが3つあります。

コツ1.瞬きをしない

指を近づけると慣れるまでは恐怖で瞬き(まばたき)をしてしまいます。

こうなると簡単に外せなくなるので、同じ場所を見つめて外す時は瞬きをしないようにしてください。

コツ2.指をくっつける

つまむ時に親指と人差し指が離れている場合は、うまく外れず、爪で傷をつけてしまう可能性があります。

なので、親指と人差し指は離さずに第1関節の先でくっつけてVの形を作ります。

そうする事で、指の腹がレンズにあたり傷がつく心配もなくなります。また、Vの形にすると自然と力が入って簡単に外せるようになります。

コツ3.押す力を強くする

外せない原因の多くは押すことよりもつまむ事を意識しすぎていることになります。

例えると、滑りやすいテーブルに紙をのせて、それをつまんで取ろうとする感じになります。

この場合は、つまむだけでは中々取れず、押すことを意識すると取れると思います。

なので、コンタクトも同様に押す力を9、つまむ意識を1の割合で外すようにしてください。

コンタクトのつけはずし器具

色々な方法をやってみたけど簡単に外せない方に、

コンタクトを手を使わず、簡単につけはずしができる器具があったので紹介します。

この商品は指を目に入れる必要がなく、コンタクトを落とす心配はありません。

また、手を使わないので毎回、手を洗う必要はなく、ネイルや爪が長い人は目を傷つける心配がなくなります。

さらに、今までうまく外せなかったのに、簡単につけ外しができるようになった人がいます。

ただ、これを使うにもある程度慣れが必要で、コンタクトレンズの種類や人によっては手で取ったほうが早い時があります。

なので、指の汚れや菌が気になる人・爪が長い人・ネイルをしている人におすすめになります。

最後に

コンタクトレンズは慣れるまで、時間がかかります。

また、ソフトよりハードのほうが外しやすくなります。

なので、どうしても外しにくい場合はコンタクトの種類を変えるようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)