コンタクトを付けたまま寝ると失明!!1時間の昼寝なら大丈夫?

コンタクトの処方箋のために、眼下に行くと・・・

「コンタクトをしたまま、寝ないようにしてください。」

と言われたと思います。

また、コンタクトをしたまま寝ると失明するってよく聞きますよね。

でも、寝るつもりはなかったけど、横になっていたら眠たくなって寝てしまう時ってありますよね。

また、私は電車で朝、早い時に座れると少しの時間なら大丈夫だろうと思い、コンタクトをつけたまま寝てしまいます。

ただ、つけたまま寝てしまうと目にコンタクトがピッタリとくっついているような感覚がして、目に悪影響がないかいつも心配していました。

なので、今回はコンタクトを付けたまま寝ると失明するのか、1時間の昼寝なら何も目に影響ないのか、紹介していきます。

Sponsored Links

コンタクトを付けたまま寝ると失明する?

結論から言うと、コンタクトをしたまま寝るという事を繰り返していくと失明する恐れがあります。

そもそも、目の細胞(角膜内皮細胞)も呼吸をしているので常に酸素が必要になります。

しかし、コンタクトをした状態だと通常より酸素に触れる部分が少なくなるので、酸素不足になりやすくなります。

その上、コンタクトをしたまま寝てしまうとまばたきができないので、より酸欠状態になりやすいです。

そうなると、目の細胞は呼吸することができなくなり、なくなってしまいます。

眼下に行った時に目の細胞の写真が渡されてたと思いますが、

付けたまま寝てしまうとあの細胞の数が減って、1つ1つの細胞が大きくなり形もバラバラになります。

また、目の細胞は再生・分裂しないので、増えることはありません。

ed0df71d531f6a8c751324b7e17e96ea_s

そして、目の細胞が減ること、長時間装用で細菌が増殖することで、

  • 乾き目
  • 眼痛
  • 黒目の表面の傷
  • かゆみ・異物感・まぶたにブツブツができる
    (アレルギー性結膜炎)
  • 白目が高く盛り上がり、黄色に変色する
    (瞼裂斑炎)
  • まぶたを瞳孔の上まで上げられない
    (眼瞼下垂)

などの様々な症状が現れます。

そして、最終的には白く濁って視界が悪くなっていき、失明してしまう事もあります。

Sponsored Links

1時間くらいの昼寝は大丈夫?

夜にコンタクトを付けたまま寝るのはダメですが、1時間くらいなら目に影響はありません。

しかし、実際に私も電車の中で何度か寝てしまったことがあるのですが、その度に、乾燥・酸素不足が原因で違和感がありました。

ですので、たとえ短い時間の昼寝でも繰り返していけば少なからず悪影響が出ます。

そこで、おすすめなのが付けたまま寝れる連続装用タイプのコンタクトになります。

連速装用タイプのコンタクト

今では、寝ている時も装用して良い連続装用タイプのコンタクトがあります。

これなら、うっかり寝てしまった昼寝でも、普通のコンタクトよりも目の負担が少なくなります。

しかし、連続装用タイプでも、毎日、夜付けたまま寝ていると目には大きな負担となり、視力低下・眼痛などの症状が出る場合があります。

なので、夜寝る時は忘れずに外し、昼寝の時の目の負担を減らすことを目的として装用するようにしましょう。

また、コンタクトを付けたまま昼寝をしてしまった場合は、目が乾燥・酸素不足の状態なので必ず目薬をするようにしてください。

最後に

ワンデーのコンタクトの場合は、一度外したら、保存液につけても2度と使用してはいけません。

なので、昼寝の前に一度外して、起きて再び付けるという事はできません。

また、寝てしまって目に異常があった場合、なので、早い段階で眼科で見てもらえば目薬だけで治せる可能性があります。

少しでも違和感があったらすぐに眼下に行くようにしてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)