公務員の年末年始のお休み!!期間は法律で決まっていた!?

「公務員の年末年始、連休はどれくらいとれるの?」

年末年始の連休、どう過ごしますか。

  • 家でのんびりする
  • 帰省する
  • 長期の旅行に行く

考えるだけで楽しみですね。

サービス業の人からすると、連休が取れるというだけで羨ましくなります。

特に公務員の年末年始のお休みは期間が長くて、公務員の特権なんじゃないかと思うこともあるのではないでしょうか。

ですので、今回は公務員の年末年始のお休みの期間についてご紹介していきます。

Sponsored Links

公務員の年末年始のお休みの期間

一番身近にいる公務員と言えば市役所などの職員ではないでしょうか。

役所の休日はカレンダーどおりで土日がお休み、年末年始は・・・

12月29日から1月3日までの6日間

 
が基本的な休み期間です。

サービス業であれば年末年始は稼ぎ時ということで、クリスマス以降年明けまでほとんど休みが取れないなんてこともよくあります。

また、金融機関は12月30日まで窓口業務をやっているのが普通ですので、31日から1月3日までの4日間が休みということになります。

一般企業でいえば公務員と同じように12月29日からお正月の三が日は休みというところが多いのですが、

大企業となるとカレンダーにもよりますが10日近く休みが取れるところもあります。

ですので、公務員の休み期間が特別長いというわけではありません。

 

公務員の休日は法律で決まっている

134348
会社によって休日の規定がさまざまですが、官公庁については休日が法律で定められています。

「行政機関の休日に関する法律」というもので、12月29日から1月3日までを休日としています。

12月28日を仕事納めとしているのですが、土日に当たるようであれば前日、前々日を仕事納めにします。

ですので、12月26日が仕事納めになれば、27日から8日間が年末年始の連休となります。

Sponsored Links

職種によっては年末年始は関係ない

法律で休日が定められているのは、官公庁に勤務する公務員についての話です。

警察、消防、自衛隊などは年末年始でも休むわけにはいきません。

年末年始だから人数を減らすなんてことも警察、消防ではありえません。

むしろ火の不始末で出動したり、イベントで警護が必要になったりと忙しくなる時期です。

他にも、図書館であれば月曜・火曜が休日のところも多く、年末年始とうまく続くとかなりの大型連休となることもあります。

教職員であれば学校が冬休みに入るので、さらに長い休みとなりそうですが、生徒が休んでいる期間丸々お正月休みというわけではありません。

なので、公務員の年末年始のお休み12月29日~1月3日ですが、職種によってはもっと長かったり、短かったりします。
283007

最後に

公務員は休みが多くて良いと思われがちですが実はそんなこともないんです。

ただ、公務員は土日祝日、お正月休み、カレンダー通りにきちんと休みが取れます。

ですので、遊びの予定や旅行の計画などは立てやすいですね。

ちなみに、役所はお休みですが、婚姻届けなどの届けは時間外でも受け付けているので、お正月に入籍することもできます。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)