七草粥はいつ食べる!?1月7日の朝は正しい?

我が家の正月が終わった後の風物詩として、七草粥を楽しみにしています。

学生時代は、大抵1月7日が3学期のスタートだったので、

正月の疲れた胃腸の中にすっと入ってくる感じのあの七草粥が今でも忘れることができず、大人になっても毎年欠かさず食べています。

そんな七草粥ですが、実際にはどの時期に食べるのが正解なのでしょうか?

また、どうして七草粥を食べるようになったのか気になりますよね。

なので、今回は七草粥をいつ食べればいいのか、どんな由来があるのか、徹底解説していきます!

Sponsored Links

七草粥はいつ食べる?

まずは、皆さんが最も気になっているであろう、七草粥の食べる時期について紹介します。

世間一般的にはお正月行事として1月7日の朝に食べるのが定番となっています。

しかし、もともとは1月7日の「人日の節句」に食べる行事になります。

人日とは、そのままの「人の日」という意味で、

前漢時代の中国では・・・

  • 1月1日 鶏
  • 1月2日 いぬ
  • 1月3日 羊
  • 1月4日 猪
  • 1月5日 牛
  • 1月6日 馬
  • 1月7日 人
  • 1月8日 穀

を占う日としました。

そして、その日が晴天なら吉、雨なら凶として、今年の運勢を決めました。

その時に、中国では人日である1月7日の朝には一年間の無事を祈り、7種類の野菜が入った汁物を食べていました。

そこから、日本でも1月7日の朝に七草粥を食べるようになりました。

七草粥の由来

600d042367fdd94378008cb1f326eb81_s
七草粥の由来は、平安時代に中国から日本に伝わったものになります。

意味合いとしては、我が家と同じく、正月で疲弊した体を休めるという意味合いで、

あっさりしていて食べやすい七草粥を食べるようになったと言われています。

また、中国と同様に正月に春の七草を採取し、それを神前に備えた後に食せば一年間病気にかからないという言い伝えからも来ています。

単純に、箸休めのために食べるのだと思っていたのですが、願掛けの意味があるというのには少し驚きですよね。

Sponsored Links

七草粥に入れる食材とその効能・意味は?

七草粥には、春の七草を入れて粥にするわけですが、それぞれの食材にはどのような効能があって、意味は込められているのでしょうか?

具体的に、それぞれの食材の効能と意味について説明します。

  • セリ
  • ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、免疫力アップ・老化防止・お肌のうるおいアップの効果があります。

    正月休みで疲れきった体に免疫力アップ効果はとてもうれしいと思います。

    また、風味があって味のアクセントとして最適な食材です。

  • ハコベラ
  • 利尿作用や浄血作用があり、よく漢方の成分としても利用されています。

  • ナズナ
  • ナズナはペンペン草も生えないという言葉で有名なペンペン草のことです。

    食物繊維、ビタミン、ミネラルと鉄分が摂取できる食材で、便秘・腹痛に効果があります。

    また、民間薬として使われる事もあります。

  • ゴギョウ
  • 主にタンパク質とミネラルが豊富に含まれている食材になります。

    気管支炎・風邪予防に効果があると言われています。

  • ホトケノザ
  • 健胃・高血圧予防効果があるので、正月疲れに効果てきめんな食材です。

  • スズナ
  • 根っこの部分には消化酵素がたくさん含まれていて、消化を助ける効果が期待できます。

    また、加熱して食べると腹痛に効果があると言われています。

  • スズシロ
  • 根っこの部分は、スズナと同じく消化酵素を多く含んでいて、胃炎や胸焼けの改善に寄与します。

このように、七草粥の成分を見ていると、疲れや体を癒やしたり耐性を付けてくれる食材で構成されています。

1月7日だけじゃなく、定期的に食べたいメニューですよね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)