高校の春休みはいつからいつまで?実際の私立高校の期間を紹介

高校の春休みはいつからいつまで?

高校生にとってバイトをしたり、部活をしたり、友達と遊べて、とっても楽しみな春休みだと思います。

特に高校3年生は大変な大学受験や就職活動が終わって、卒業旅行を計画している人もいると思います。

ですので、今回は実際に私が通っている高校の春休みの期間について紹介していきます。

Sponsored Links

私が通っている高校の春休み

実際に私が通っている高校の春休みの期間は・・・

3月20日~4月4日

の15日間となっていて、一般的な春休みの期間は毎年3月25日~4月7日くらいの約2週間です。

そして、始業式の次の日に入学式がある高校の場合は、その日は在校生はお休みとなります。

また、私の通っている高校の場合は春休みの前に試験休みがたくさんあります。

  • 3月1日 期末試験
  • 3月2日 期末試験
  • 3月3日 期末試験
  • 3月4日 休み
  • 3月5日 休み
  • 3月6日 休み
  • 3月7日 短縮授業(テスト返し)
  • 3月8日 短縮授業(テスト返し)
  • 3月9日 短縮授業(テスト返し)
  • 3月10日~18日 休み(成績不振者のみ補修または、面談)
  • 3月19日 終業式

7d51080b533266a635d0534d174dfa2c_s
これを見て分かるように3学期の期末テストが終われば、その学年の授業は全て終わっているので授業はありません。

また、3年生は卒業式が3月19日にあって、先生も忙しくなるのでテストの採点をしている時間がありません。

なので、1,2年生の期末テストを早めに行って、成績を付けるようにしています。

そのため、3学期はテスト休みが長くなっています。

テスト休みも含めるとお休みの期間は・・・

3月10日~4月4日

と約25日間で夏休みと同じくらいになります。

ただ、私が通っているのは私立高校で、ほとんどの公立高校には試験休みがありません。

また、高校は中学生が試験を受ける高校受験の日はお休みとなるので、3学期には3・4日お休みがあります。

  

Sponsored Links

高校3年生の春休みは長い?

高校3年生の春休みは・・・

12月19日(卒業式)~1月7日(大学の入学式)

と1・2年生と同じ期間になっています。

ただ、高校3年生の3学期は受験があるため、授業は行いません。

また、9教科以上あって勉強するのが大変な期末テストもありません。

具体的には・・・

冬休みが明けた1月から授業がなく、センター試験の注意点などの確認で1日登校、センター試験の自己採点から志望校決定の進路相談で1日登校

2月は登校がない

3月は卒業式の練習のため数日登校

といった高校があったり、中には1月にはセンター試験対策の授業など受験に特化した授業が行われる高校があります。

なので、AO入試や推薦入試などで早い段階で進学先が決まった人は3学期からお休みとなります。

最後に

高校の春休みは平均して2週間前後になります。

ちなみに、大学に進学したら冬休みが終わって2週間くらいで授業が終わり、その後1周間のテストが終わったら、春休みとなります。

なので、大学生になったら毎年2月~4月までの2ヶ月の春休みがあります。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)