高校のゴールデンウィークの期間!!2017年はどのくらい?!

4月になって学校では新しい学年・クラスになって、

そろそろ新しい学校生活に慣れてきた頃だと思います。

そして、毎年4月の後半から5月にかけて、ゴールデンウィークがありますよね。

友達と遊べたり、部活をしたり、家でゆっくりと過ごすなど、高校生もとても楽しみにしていると思います。

なので、今回は2017年の高校のゴールデンウィークの休みはどのくらいの期間なのか、紹介していきます。

Sponsored Links

ゴールデンウィークの期間!!

ほとんどの高校のゴールデンウィークは「土日の後、2日登校して5連休」が一般的になります。

  • 4月29日(土曜日)昭和の日
  • 4月30日(日曜日)お休み
  • 5月1日(月曜日)登校
  • 5月2日(火曜日)登校
  • 5月3日(水曜日)憲法記念日
  • 5月4日(木曜日)みどりの日
  • 5月5日(金曜日)こどもの日
  • 5月6日(土曜日)お休み・登校
  • 5月7日(日曜日)お休み

ただ、私立高校で土曜日にも授業がある学校では、29日の土曜日がお休みになりますが、月曜日と火曜日は登校して、水曜日から金曜日が休みの3連休になります。

そして、その後は土曜日に1日登校して、次の日は日曜日で休みになります。

※実際のカレンダー

rapture_20160904183853

rapture_20160904183914

反対に、公立高校で土曜日に授業がない場合は2日登校して5連休という休みになります。

Sponsored Links

大学生はゴールデンウィークがない!

高校と違って大学はみどりの日、憲法記念日などの祝日に関係なく平日(月~金曜日)なら授業を行う所が多いです。

なので、大学生には高校のようなゴールデンウィークがありません。

ただ、ゴールデンウィークの祝日全ての日に授業を行うという大学はほとんどなく、大学生の場合はゴールデンウィークの休みが1・2日減ります。

また、授業を行えないのでその分を補うために課題が出ることがあります。

39198189e583587846c913ca7249c41a_s

社会人は9連休?

社会人も一般的には「土日休んで2日出勤して、また5連休」という形になります。

ただ、人によっては2017年のゴールデンウイークが9連休になります。

例えば、製造業の会社では2日間のために機会を動かすのが大変だったり、ゴールデンウィーク前に納品が完了している関係から

5月1日と2日をお休みにして、9連休の長期休暇にする場合があります。

rapture_20160904183853

rapture_20160904184343

福利厚生に力を入れている会社でも9連休になる事があります。

また、代休や有給休暇を使った場合も6連休や9連休となって、高校生や大学生より長いゴールデンウィークとなります。

最後に

会社によっては長いゴールデンウィークですが、

休日や祝日にいろいろな人が来て忙しくなるサービス業の会社では、ゴールデンウィークに休むことができず、休みの期間は短くなります。

また、高校のゴールデンウィークが終わると中間試験が近くなります。

なので、勉強も忘れずにするようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)