卒業式のPTA会長の挨拶!!祝辞スピーチを例文で解説!!

PTA会長になると卒業式にはPTAの代表の挨拶として、卒業生に向けたスピーチを行いますよね。

でも、たくさんの人の前で話すのは緊張しますし、

そもそも何を話したら良いか分かりませんよね。

また、どうせ話すなら感動したり、思い出に残るスピーチにしたいと思いますよね。

なので、今回は3分くらいで感動できるスピーチを実際に自分が考えた例文を使って解説していきます。

Sponsored Links

PTA会長の挨拶はコレ

卒業式の本番前に原稿用紙でスピーチの準備をすると思います。

平均して卒業式の場合は3分の挨拶になります。

なので、原稿用紙800文字以上書くようにしてください。

原稿用紙300~400文字で1分のスピーチになります。

また、スピーチの構成は

  • 卒業を祝う
  • 思い出・成長を述べる
  • はなむけを述べる

の3部構成になります。

3分のスピーチの目安は卒業を祝うが150文字、思い出・成長を述べるが500文字、はなむけを述べるが150文字になります。

そして、1分のスピーチの目安は卒業を祝うが50文字、思い出・成長を述べるが200文字、はなむけを述べるが50文字となります。

卒業を祝う

d4cb58c182d190ef70d6503f856ea29b_s
まず、始まりの部分では卒業した事に対しておめでとうという事を伝える部分になります。

卒業生の皆様、ご卒業誠におめでとうございます。

皆さんがこのように立派に中学校を卒業される事を心より嬉しく思っています。

本日はPTAを代表して一言ご挨拶をさせていただきます。

このように、まずは自己紹介・卒業を祝う内容のスピーチをするようにしましょう。

Sponsored Links

思い出・成長を述べる

次は、3年間の思い出や成長した事について述べて保護者や生徒に感動を与える部分になります。

先程、校長先生から卒業証書をもらった卒業生は立派で堂々としていました。

3年前の入学式でそこに座っていた卒業生はまだ小さて、着こなせていなかった制服も今では小さく感じるほど成長しました。

中学生活では、3泊4日で京都・大阪に行った修学旅行や放課後や昼休みを使って練習し、クラスで団結して歌った合唱コンクール

初めて出来た後輩や先輩と共に戦った部活動など様々な心に残る思い出があると思います。

しかし、時にはうまくいかず友達とぶつかったり、逃げ出したくなった場面もたくさんあると思います。

でも、それはそれでいいです。

失敗と成功の積み重ねが成長した今の自分を作り、何より〇〇学校で過ごした証です。

そして、今日が君たちの旅たちの日です。

成長に関する話では入学当初の頃と今を比べた話をすると保護者が感動します。

また、3年間の行事を述べる時は具体的に詳しく話すようにしましょう。

はなむけを述べる

49a82ab0de1e136b4e09053b62969ef7_s
最後に、進路や先生・保護者への感謝など新たな門出に祝福の気持ちを込めた内容を話します。

明日からは別々の道を進んでいく事になります。

〇〇学校で出来た友達・学んだこと・思い出を胸に刻み、時には振り返りながら1歩を踏み出していきましょう。

また、これから高校生や社会人となる上でいろいろな人と出会うと思いますが、

出会いがあれば必ず別れがあるという有名な言葉あります。

合うのは別れの始まりだと思うと寂しくなりますが、

自分がその人と過ごせる大切な時間だと思って過ごすようにしてください。

「今を大切にする」これが私から君たちに送る言葉です。

校長先生をはじめ、教職員の皆様には3年間本当にお世話になりました。

生徒や学校を影ながら支えていただいた保護者の方にも心より感謝申し上げます。

以上をもちまして私からのお祝いの言葉とさせていただきます。

本日はご卒業おめでとうございます。

最後に

学校にはこれまでのPTA会長が卒業式に行ったあいさつが残っています。

どうしても、自分では思いつかなかったり、不安だった場合は参考程度に見せてもらうようにしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)