春休みに資格を取りたい大学生に!!就職に有利な資格はコレ!?

大変だった後期の試験が終わり、長い春休みに入ります。

大学生の春休みは2月から3月までの2ヵ月ありますよね。

最初は友達と遊んだり、旅行をしたり、バイトをしたり、色々と予定があると思います。

しかし、2ヵ月もあると長すぎてやる事がなくなり暇になりますよね、

そこで、春休み中に資格を取れば今後の役に立ち、有意義な休みになると思います。

ですので、今回は春休みにおすすめの就職に有利な資格を紹介していきます。

Sponsored Links

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

これはWord・Excel・PowerPointなどのマイクロソフト社のソフトを操作できる事を証明する資格になります。

この資格はペーパーテストではなく、パソコンを使って出された問に答えます。

WordやExcelと聞くと、IT会社でしか役に立たないと思うかもしれませんが、今はどんな仕事もWordやExcelを使っています。

なので、この資格を取っておけば就職の時には有利になります。
 

秘書検定

秘書検定と聞くと秘書になりたい人のための資格で、他の仕事に就職する人には役に立たない感じがしますが、

秘書検定はビジネスマナーや社会常識が身につく資格で、就職の時には有利になります。

ただ、3級はとても簡単で取っても採用担当者に良い印象を与えることができません。

なので、最低でも2級は取るようにしてください。
312277

TOEIC

TOEICとは990点満点の英語のテストになります。

就職に有利なるのは最低でも600点くらいからで、800点以上あれば高く評価されます。

ただ、英語なので会社によっては全く意味が無いという事もあります。

海外まで事業を広げている大企業や旅行会社・外資系の会社ではTOEICの点数が採用・不採用に大きく関わってきます。

また、高い点を取っていればコツコツ頑張れるという事をアピールできて、転職をする事になった時でも強みになるので取っておいて損することはありません。
 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格内容は・・・

  • 不動産
  • 相続・事業継承
  • 金融資産運用
  • リスク管理
  • ライフプランニング

などがあります。

なので、銀行や郵便局・証券会社・保険会社に就職したい方にはおすすめです。

ただ、ファイナンシャルプランナーは取って就職に有利なるのは、上記の会社だけで業種が限られます。

なので、特に就職したい会社が決まっていない場合はファイナンシャルプランナーより簿記の方を優先的に取るようにしてください。

Sponsored Links

簿記検定

経理職に就職する場合は簿記検定の資格を持っていると有利になります。

試験の難易度としては3級は1・2周間で取れると言われるほど簡単です。

なので、就職に有利になるのは2級からで、1級は税理士を目指している人が取ります。

しかし、営業職を希望するなど簿記とは関係ない職だと資格を持っていても意味がありません。

ただ、応募要項の採用職種という所を見て経理職・事務職への配属がある場合

営業職を希望して試験を受けたのに、簿記の資格を持っているという理由から事務職で採用されるという事があります。

ですので、簿記の資格を持っていると採用される可能性が高くなります。

行政書士

行政書士とは一般企業が行政に提出する書類の手続きをするお仕事です。

行政に提出する書類は多くないのでどの会社も行政書士を雇う事をしません。

ただ、行政書士が作成できる書類は1万点以上あるので、総務に配属されれば役に立つ資格になります。

また、行政書士の資格は業務独占資格と言われる、資格を取らないと営業ができない仕事なので、取れれば独立・開業は比較的簡単になります。

自宅の1室から始める事ができて、比較的少ない資金で始めることができます。

さらに、法律に関する資格の中では一番簡単と言われていています。

なので、内定先が決まらなかったり、就職した会社が倒産・リストラした時の保険として取るのがおすすめです。
 

宅建

宅建は不動産の取引をする時に公正になるように仲介する役割ができる国家資格です。

不動産の取引なので不動産業界への就職にはとても有利になります。

さらに、不動産投資を扱う銀行・証券会社などの金融業界や住宅ローンに関係する保険業界への就職も有利になります。

また、不動産業界や金融業界の会社への転職には宅建の資格が必要になります。

そもそも、転職となる中途採用では資格よりも実践的なスキルや経験が求められます。

なので、宅建を持っていることが必須になります。

ただ、不動産とは全く関係ない会社に勤めていたら実践的なスキルや経験がないので、宅建の資格を持ていても意味がなく、リストラや仕事を辞める時の保険にはなりません。

026118

自動車免許も大切

専門的な資格以外にも運転免許も就職には大切になってきます。

家や会社を回って営業する営業職や荷物を運ぶドライバーでは免許は必須ですが、

経理職でも近くの銀行まで車で行ったり、広報で原稿や資料を印刷工場まで運ぶなど色々な職業で車を使います。

また、車を使わないとできない仕事があった時に免許を持っていないと他の人にやってもらわないといけないので迷惑がかかります。

なので、特に取りたい資格がないという人は運転免許を取るようにしましょう。

ただ、免許はほとんどの人が取れる資格なので急がなくても内定が決まってから取るので大丈夫です。
 

最後に

どんな資格もすべての職業に有利になるということはありません。

しかし、一部の会社にはとても有利になったり、資格を取った努力が認められたり、アピールする事ができます。

なので、将来自分がどんな会社に就職したいのか、考えて取る資格を決めるようにしてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)