学校でプールの授業ができる基準!?気温や水温はどのくらい必要?!

そろそろ学校の体育でプールの授業が始まりますよね。

私は泳ぐのが苦手でどうしてもプールに入りたくなかったです。

さらにプールのあとは髪がボサボサになったり、眠くなったり、目に違和感があって嫌でした。

明日、プールがあるという日は雨が降ることを願っていました。

また、クラスの人でも体調不良を訴えたり、忘れ物をして休む人が多いと思います。

しかし、中には泳ぐのが得意でプールの授業を楽しみにしている人も多いと思います。

ですので、今回は学校の授業でプールができるにはどのくらいの気温・水温が必要なのか紹介していきます。

Sponsored Links

気温・水温はどのくらい

文部科学省の水温・気温についてどう決めていているのか調べたところ・・・

・低学年や初心者ほど水温に敏感で、一般的に22°C未満ではあまり学習効果は期待できません。

そのため、水温は 23°C以上であることが望ましく、上級者や高学年であっても 22°C以上の水温が適当といえます。

・水温と気温の差は、水温が若干低くても気温が高ければ不快感は少ないし、反対に水温が高くても気温が低ければ快適ではありません。

・以上のことから、ここに示した水温はあくまで目安であり、プールを使用するかどうかについては対象者の学年、能力、水温、気温、学習内容などを考慮して判断することが大切です。

引用元 文部科学省 – 第4章水泳指導と安全

となっています。

なので、気温・水温とも特に決まった基準は文部科学省では決められていません。

しかし、ほとんど学校では水温20度以上を最低基準として

  • 水温+気温をして45度以上
  • 水温+気温をして50度以上

のどちらかがプールの授業を行う条件になっています。

なので、45度以上の場合は水温が23度あったら、気温は最低でも22度以上ではないと授業を行えません。

しかし、この何度以上は小学校・中学・高校によって違って、学校によっても細かい基準は変わってきます。

中には低学年は水温20度以上で水温と気温の合計が45度以上で、高学年では水温と気温の合計が43度以上だったりと学年によって基準が違う学校もあります。

また、水温が24度なのに気温が22度といった水温より気温の方が低い場合も、

プールから上がった時に寒くなり体調不良を起こす可能性があるのでプールには入りません。

ですので、「気温が水温よりも高い」という事も条件の1つになります。

Sponsored Links

雨でプールに入れない本当の理由とは!!

水温・気温によってプールに入れない事がありますが、もう一つ悪天候でもプールに入れません。

なので、雨の日のプールはよく中止になりますよね。

でも、どうして雨の日はダメなのか、雷や台風の日は危険なのは分かりますが、水温と気温さえ高ければ少しくらいの雨では入っても大丈夫な感じがしますよね。

しかし、人間は体が水で濡れるとそれを蒸発しようとします。そして、水1gを蒸発させるのに500カロリー以上の熱が必要になります。

また、プールでは常に全員が入っている状態ではないので、プールサイドで待っている生徒が濡れてしまいます。

よって、体の熱がどんどんと失われて体温が低下します。

そうなると免疫力が大幅に下がり、ウイルスが体に入り増殖しやすくなり風邪やインフルエンザに感染します。

なので、雨が降っている日はプールの授業をしません。

よくプールの授業が終わった後はタオルで体を拭いて先生にしっかりと拭けているかチェックを受けてから教室に戻ったと思います。

あれはただ校舎がびしょ濡れになるのを防ぐために確認しているのでなく、子供の健康を考えて行っています。

また、雨の日はプールサイドが雨で濡れているので滑りやすなって危険な状態になっています。

なので、悪天候の日は基本的にプールの授業は行いません。

ただ、学校によっては次のプールの授業が中止なると授業数が足りなくなるから、少しくらい雨なら入ることもあります。

239156

最後に

学校のプールではみんなが同じ方向に回って流れるプールをしたり、

練習が早く終わった時にだけある自由時間など楽しみなことがあると思います。

また、プールの授業の後はものすごく眠たくなって授業に集中できなかっり、シャワーが異常に冷たかったですよね。

泳ぎが苦手だった私は泳ぎの練習の時に一人だけ途中で足を地面につけて立っているのが恥ずかしかった苦い思い出もあります。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)