コミュ症を克服する方法!!面白い話をする必要はない!!

人と話すのが苦手

どうやって友達を作れば良いのか分からない

何を話したら良いか分からない

こう思っている人、たくさんいると思います。

そんな時に誰とでも話せるといった本を見るとつい手に取ってしまいますよね。

でも、会話術の本を読んだりしても中々コミュ症を克服することはできないと思います。

今回はそんな方でも簡単にコミュ症を克服する方法を紹介していきます。

Sponsored Links

考え方を変える

まず、コミュ症を克服するには考え方を変える必要があります。

こんな有名な法則があります。

考え方→行動→結果

 

これは、結果を変えるには行動を変える必要がある、そして、行動を変えるには考え方を変える必要がある、という意味です。

なので、コミュ症を克服するという結果を変えるには、まず行動を変える必要があって、行動を変えるには考え方を変えないといけません。

本屋では、人と話す6つのコツや緊張せずに人と話す方法などのテクニックが紹介されている本がたくさんあります。

確かに役に立つ事はありますが、これを読んでいても考え方は変わらないので結果は変わりません。

なので、いつまでもコミュ症を克服することはできません。

まずは考え方から変えるようにしましょう。
 
304812

面白い話をする必要はない!!

多くのコミュ症の人は会話の目的を面白い話する事や意味のある話をすることだと思っています。

しかし、本当のコミュ二ケーションはお互いが合意することです。

例えば、有名なゲームの新作が発表がされた、こんな時に友達に話したくなりますよね。

この時の話す人の目的はその事を知ってもらうことです。すなわち合意ですよね。

なので、おもしろくもないのに笑う必要はありませんし、おもしろい話をする必要もありません。

会話で面白い話をしないといけないという誤った考え方を捨てて、相手に伝えてその合意を得る事がコミュニュケーション、という考え方に変えましょう。

また、よく考えてみると会話の99%が無駄な内容でほんの1%が重要な内容です。

なので、意味がある会話だけをしようとするのではなく、会話の目的は合意であるから無駄な会話もしようという考え方が大切です。

「誰かと友達になるにはまずは量、質にこだわってはいけない、なぜなら会話の目的は合意であるから」

これだけはしっかりと覚えておきましょう。

Sponsored Links

分からない事を考えない

コミュ症の人に関わらず多くの人はいつも相手の気持ちや思っている事を考えています。

どうしたらあの人に好かれるだろうか、今の話はつまらなかったかな、ひどい事言ってしまったかな、など

しかし、いくら考えても答えは分かりません。

答えのない問題を考えるほど辛いことはありません。

どんなに思っても自分にはコントロールできることではなく辛いだけなので、相手の事を考えるのをやめましょう。

308824

自分から話しかける

コミュ症の人は頭の中では話しかけてもらいたいと思っているが、心の中では話しかけるのを恐れていると思います。

では、なぜ恐れているのか

それは

  • 自分はおもしろい話をすることができない
  • 話しかけても嫌われるのではないか
  • 相手は別に話しかけてほしくないのではないか

と思っているからです。

ただ、こう考えてください。

「話しかけられて嬉しくない人はいない」

どんな人でも話しかけられると好意をもってくれたと思えて嬉しくなります。

ちなみに、私もどんな人でも話しかけられた嬉しいです。

なので、話しかけても嫌われるのではないか、相手は別に話しかけてほしくないのではないか、といった考え方は捨て、話しかけるだけで価値があると思ってください。

ただ、相手が誰かと話している時に違う内容の事を話しかけるのは迷惑です。

誰でも一人でいる時より誰かと話している時のほう良いと思っています。

なので、何も話していない時があったら積極的に話しかけるようにしましょう。

また、話しかける内容がないと考えている人もいますが、それは話かけない理由を作るための嘘です。

先ほども紹介したように会話の99%が無駄な内容でほんの1%が重要な内容です。また、会話の目的は合意です。

なので、人に話しかけようと思えば、明日の天気・趣味・好きなテレビ・出身校・次の予定・彼氏、彼女がいるか、など何でも話す内容となります。

最後に

どこに住んでいるの?

などの簡単な会話はできるけどイマイチ友達といえる関係までにはなないと悩んでいる人は多いと思います。

では、どうすれば友達と言える関係までになれるか、

それは・・・

相手がはまっている、好きな事をやる

 

です。

例えば、私の経験からですが、

住んでいる所や昨日した事、見たテレビの事など少し緊張して話していた相手でも

何回かゲームで遊んでいると自然と話せるようになりました。

このように相手が興味を持っているものを一緒に遊んであげるのでなく、自分自身が興味を持って遊ぶ。

これが大切です。

ただ、友達と言える関係ではない人とどうやって、その人の興味のある事をするのか、

まずは、目の前にいる人の興味のある事、好きな事を聞くようにして、自分から一緒にやろうと誘いましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)