消費期限と賞味期限の違い!!アイスや塩は表示しない理由!!

スーパーにある食品の中には賞味期限が書いてあるのに、消費期限が書いてなかったり、

消費期限は書いてあるけど、賞味期限は書いてない場合がありますよね。

さらに、アイスや砂糖・氷などは賞味期限も消費期限も書いてない事があります。

なので、賞味期限と消費期限って何が違うのか?って思いますよね。

今回はそんな賞味期限と消費期限の違いについて分かりやすく解説していきます。

Sponsored Links

賞味期限と消費期限の違い

実は日本農林規格と食品衛生法で賞味期限と消費期限の定義があります。

それを簡単にすると・・・

賞味期限・・・おいしく食べれる期限(味を保証する期限)
消費期限・・・安全に食べられる期限(体を保証する期限)

になります。

また、賞味期限・消費期限を英語にすると違いが分かりやすくなります。

賞味期限「 Best before 29-19-2004」
消費期限「Use by 29-10-2004」

 
賞味期限はBestという事から「その商品はその期限までに食べると良いですよ。」という意味で

消費期限はUseという事から「その商品はその期限の中で使ってください」という意味になります。

ただ、すべての商品に賞味期限と消費期限がついているわけではありません。

生もの・お惣菜・弁当などの「比較的、痛みやすいもの」には消費期限
缶詰・お菓子などの「傷みにくいもの」には賞味期限

がつけられます。

ですので、賞味期限がつけられる食品と消費期限がつけられる食品があるという違いがあります。

以前は5日を基準として、5日より前に食べないといけない物は消費期限、5日より後に食べてよい物は賞味期限をつけるという決まりがありました。

ですが、今はどちらをつけるか業者の判断に任せられました。

なので、スナック菓子を例にすると・・・

賞味期限16.7.11
製造日16,3,11

 

と賞味期限が書いてあり、消費期限が書いてありません。

なので、この商品は7月11日まではおしくたべられるという事で、その期限が過ぎたからと言って必ずしも食べられないというわけではありません。
406893

どうして賞味期限・消費期限ができたのか

味を保証するか、体を保証するかの違いがある賞味期限と消費期限ですが、

実は、戦後すぐは賞味期限・消費期限はありませんでした。

当時は製造年月日だけが書いてあって、すべて自己判断で食べられるか決めていました。

そして、商品に賞味期限・消費期限が書かれるきっかけとなったのはアメリカの圧力です。

戦後すぐには、アメリカからたくさんの食べ物が日本に入ってきました。

当然、アメリカから日本まで食べ物が届くには相当な時間がかかります。

そうなると、製造年月日だけが書かれている食べ物だとアメリカの食べ物の製造年月日が古くなり売れなくなります。

そこで、アメリカの力によって賞味期限・消費期限を書くという決まりになりました。

なので、4月20日に日本で製造された食べ物で7月30日の賞味期限

3月13日にアメリカで製造された食べ物も保存剤などをたくさん使って7月30日の賞味期限

どちらも同じ賞味期限でお店に並ぶことになります。

Sponsored Links

少しぐらい過ぎても大丈夫

では、賞味期限や消費期限は少しくらい過ぎても大丈夫なのでは、って思いますよね。

ですので、次は本当はいつまで食べられるのか紹介していきます。

賞味期限

賞味期限は味を保証する期限になります。

また、企業側も安全の問題が起きないように賞味期限を実際に保存できる期間の3分の2くらいにしています。

なので、商品によって変わりますが賞味期限の場合は、

開封前である事、表示されている保存方法で保存している、の2点を守っていれば半年から1年期限を過ぎても食べても問題ありません。

ただ、その商品に記載されている製造年月日が本当に作られた日なのかは分かりません。

企業側も出来るだけ製造年月日や賞味期限が長いほうが売れやすくなるという事は分っています。

なので、ほとんど完成した商品をしばらく保存していたとしても、最後の仕上げをした日を製造年月日とすることはできます。

なので、安全のためにも必ず賞味期限・消費期限は守るようにしましょう。
 

消費期限

消費期限は使えるまでの期間です。

なので、その期間は身の安全を考えて必ず守るようにしてください。

ただ、食パンは消費期限が過ぎたとしても冷凍保存すれば、1週間から1ヶ月は持ちます。

このように、たとえ消費期限が過ぎていたとしても保存すればある程度持つことがあります

開封した場合

賞味期限・消費期限はすべて開封前の期限になります。

なので、開封した場合に味や安全が保障されているわけではありません。

1度開封したものは出来るだけ早く食べるようにしてください。
398956

賞味期限・消費期限の表示がない!

実は賞味期限も消費期限も表示されていない商品があります。

それは・・・

アイス・ガム・飲み物・調味料・氷

 

です。

これらの劣化がほとんどのない商品には賞味期限・消費期限の表示を省略して良いという法律があります。

ただ、これも冷凍庫に入れるなどの一定の管理を前提にしているので、しっかりと保存して、開封したら早めに食べるようにしてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)