ヨーグルトの賞味期限切れは食べれる?1週間までは大丈夫!!

美容にも健康にも効果があり、手軽に手に入れることができるヨーグルト。

特に朝食には欠かせない食べ物ですよね。

ヨーグルトを毎日食べようと買い置きした結果、ついつい賞味期限切れになってしまうなんてことありませんか?

賞味期限切れのヨーグルトは、一体いつまで食べて大丈夫なんでしょうか。

そもそも、ヨーグルトは発酵食品です。もしかしたら、いつまでたっても腐らない?

そんな、ヨーグルトの賞味期限切れに関しての疑問をスッキリ解決します!

Sponsored Links

ヨーグルトなら賞味期限切れでも安全?

賞味期限とは、具体的にどのような期限のことかご存知ですか?

賞味期限とは、その商品がおいしく食べられる期限のことです。

そのため、賞味期限が切れたからと言って、すぐに食べられなくなるというわけではありません。

小分けのパックになっているヨーグルトは食べきりサイズなので特に問題ありませんが、

大きなパックから分けて食べるヨーグルトだと、スプーンなどが何度も触れることで雑菌が入りやすくなります。

そのため、冷蔵庫に入れる際はしっかり蓋をしめ、毎回清潔な食器を使って取り分けるように気を付ければ、賞味期限切れのヨーグルトでも雑菌の繁殖を防ぐことができます。

いつまでもおいしさを保てるわけではありませんが、少しでも長くヨーグルトのおいしさを保つカギになります。
064892

ヨーグルトは賞味期限切れると腐るもの

ヨーグルトや納豆、チーズなどの発酵食品は、もともと発酵しているのでいつまでも腐らないと思っている方も多いです。

しかし、ヨーグルトだって腐ります。

ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌は雑菌の繁殖を抑える効果がありますが、

いつまでもおいしさを長持ちさせるほど万能ではありません。

冷蔵庫に入れず常温で放置しておけばすぐに腐りますし、密閉せず空気に触れて雑菌が入りやすい状態でも腐ります。

ヨーグルトが腐ると、異臭がしたり、カビが生えたりします。

腐った状態のヨーグルトはすぐにわかると思いますので、少しでも異変を感じたら食べないように気を付けてくださいね。

賞味期限切れでなくても、蓋をあけっぱなしにしたり、スプーンを容器に入れたままにしておく、などして雑菌が繁殖すると、ヨーグルトはすぐに腐ってしまうので要注意です!

Sponsored Links

賞味期限切れのヨーグルトはいつまで食べられる?

賞味期限切れでも、未開封のヨーグルトならいつまで食べても大丈夫そうですよね。

未開封の状態で賞味期限を一か月ほど過ぎても食べることができたという人もいるようです。

もちろん、未開封でも賞味期限切れのヨーグルトを食べてお腹を壊したという人もいるので、安心はできません。

未開封のままでいつまでも食べられるということはなく、賞味期限切れになるとどんどん風味も鮮度も落ちていくので、賞味期限を過ぎたら早めに食べきるようにしましょう。

目安としては・・・

砂糖不使用のヨーグルトで10日前後
砂糖や果物などが入っているもので一週間ほど

 

になります。

また、開封してしまって食べきれずに残ってしまったヨーグルトが賞味期限切れになってしまった場合、いつまで食べられるでしょうか。

ポイントは、見た目匂いです。

ヨーグルトはホエイ(乳清)という成分が含まれているため、時間がたつと黄色っぽくなって、水分とヨーグルトが分離してきます。

しかし、これは特に問題ありません。

気を付けたいのは、色が茶色っぽくなってきたり、異臭がするときです。

これは明らかに腐っている状態なので、すぐに捨てましょう。

見た目と匂いに変化が特になければ、開封済みの賞味期限切れのヨーグルトでも、特に問題はないでしょう。

ただ、開封済みの賞味期限切れのヨーグルトは、大体賞味期限後3日程度が安心して食べられる目安です。

見た目と匂いに変化がないからといって、いつまででも大丈夫というわけではありませんので出来るだけ期限以内に食べ終わるように注意してくださいね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)