怖いと恐いの違いと使い分け!!実は同じ意味だった!?

日本語には同じ読み方なのに漢字が違う言葉がたくさんありますよね。

その1つとして怖い恐いがあります。

よく本や新聞で見かけるけど違いを聞かれると答えられませんよね。

また、今までは気分で怖いを使ったり、恐いを使っていたと思います。

ですので、今回は怖いと恐いの違いと正しい使い分けを紹介していきます。

Sponsored Links

「怖い」と「恐い」に意味の違いは?

怖いと恐いには主観的な意味か客観的な意味かの違いがあります。

主観的・・・自分の意見・思っていること・思い込み
客観的・・・誰もが同意できる意見・感想

 

一般的に「怖い」は主観的で自分がある対象物を怖がっているという意味なります。

それに対して「恐い」は客観的で誰もがその対象物を恐いという意味になります。

なので・・・

大きい地震は怖い=自分が地震を怖がっているという意味
大きい地震は恐い=地震を恐い対象してみんな怖いだろうと思う意味

あの遊園地のお化け屋敷は怖い=自分があのお化け屋敷を怖いと思ったという意味
あの遊園地のお化け屋敷は恐い=あのお化け屋敷を対象して怖いだろうと思う意味

といった意味の違いがあります。

また、恐い(こわい)は恐ろしい(おそろしい)と同じ漢字という事で、

恐いはこれから起こることがイメージできなかったり、未知な物に使い、

反対に怖いはある程度予想することができる時に使うという違いもあります。

この2つが一般的な怖いと恐いの違いになります。

しかし、この2つの違いは正確な根拠はなく、間違っています。
221774

実は意味は同じだった

実は「怖い」、「恐い」を辞書で調べて見ると・・・

こわい【怖い・怖い】
1、おそろしい。悪い結果が予想され、近寄りたくない。
2.驚くべきである。

 

と2つとも同じ言葉として扱われて、意味に違いはありません。

また、この文章の場合は恐いで、あの文章は怖いを使うとは書かれていません。

なので、人によって違いがあると思っている怖い、恐いは根拠がある正確な違いはない、同じ意味の言葉になります。

Sponsored Links

正しい使い分けはコレ!!

正確な意味の違いはない怖いと恐いですが、人によっては少し意味が違うと思っています。

また、同じ意味で同じ読み方なのに漢字は違いますよね。

なので、怖いと恐いをどのように使い分けすれば良いか悩むと思います。

でも、どんな文章でも「こわい」を書くときは、怖いと書くのが正しい使い分けです。

これは、怖いは常用漢字表の読み方に入っていて、恐いが常用漢字表の読み方に入っていないからです。

ちなみに、常用漢字とは日本政府が選定した現代日本語を書く場合に目安となる漢字で、

新聞や雑誌、学校教育、放送で使われ、正式な書類を書く時も常用漢字になります。

また、日本では同じ読み方、同じ意味の漢字がたくさんあって、どれを使ったら良いか混乱しないためにあります。

なので、常用漢字による正しい使い分けをして「こわい」と書く場合は怖いとなります。

ちなみに「恐」はおそろしいという読み方の時に使います。

ただ、あくまでも常用漢字は目安のもので強制ではありません。恐いと書いても間違いではありません。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)