サイクロンと台風とハリケーンの違い!!地域によって変わる!?

毎年夏になると日本全国に被害をもたらす台風

暴風雨による建物の破壊や洪水による浸水など、大きな被害をもたらすことも多いですよね。

過去には、大きな台風でたくさんの死者が出たこともあり、台風が近づくとみんなその準備で大忙しになります。

ところで、皆さんは、テレビなどで「サイクロン」とか「ハリケーン」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

ほとんど海外のニュースで聞かれる言葉ですが、この二つと台風はどう違うのでしょう。

今日は、「サイクロン」「台風」「ハリケーン」の違いについてお話します。

Sponsored Links

「台風」になる基準ってナニ?

そもそも、台風ってどんなものを指す言葉なのでしょう。

そりゃ、風が強くて雨がたくさん降って、いろんなものが吹き飛ばされたり、ぬれたりするものでしょ。

いや、それは正確ではありませんよ。

台風にはきちんとした定義があります。

赤道付近の一年中熱い地域を「熱帯」と言うと学校で習いましたね。

あの熱帯付近で発生した低気圧を「熱帯低気圧」と言います。

低気圧ですから中心に向かって風が吹き込んでいる状態です。この熱帯低気圧が発達(勢力拡大)したものを「台風」と呼んでいるのです。

じゃあ、どれくらい発達したら「台風」と呼ぶか、それも決まっています。

その低気圧の中で吹く風の10分間平均の風速が、

秒速17メートル以上のもの

 
を言います。

つまり、熱帯低気圧がだんだん勢力を高めて、風速17m/秒以上になったところで「台風」と名乗ることになるわけです。

なので、正確には、台風も熱帯低気圧の一つであることに変わりはありません。
 382949

ハリケーンとサイクロンとは何が違う?

じゃあ、風速17m/秒以上の熱帯低気圧は、世界中どこでも「台風」って呼ぶのでしょうか。それが違うんです。

ここでは、世界標準の名前について確認しておきましょう。
 
世界気象機関という組織では、熱帯低気圧の種類を、場所に関係なくその最大風速によって4段階に分けています。※( )内は最大風速

  • トロピカル・デプレッション(17.1m/秒以下) 
  • トロピカル・ストーム(17.2m/秒~24.4m/秒) 
  • シビア・トロピカル・ストーム(24.5m/秒~32.6m/秒) 
  • タイフーン(32.7m/秒以上)

 

だったら、世界中でこの4つを使えばいいのですが、ニュースを見ていると聞きませんよね。

じゃあ、世界各国ではどのように呼んでいるか。ここが今日のポイントです。

まず、日本のある北西太平洋地域は、「台風」または上記の表の「タイフーン」と呼びます。

しかし、台風とタイフーンは勢力が違いますよね。だから、全く同じものではありません。

次に、アメリカの両側にある北東太平洋地域と大西洋地域は、「ハリケーン」。

ハリケーンは上記の表のタイフーンと同じ勢力です。

そして、インド洋や南半球は、「サイクロン」。サイクロンはトロピカル・ストーム以上の勢力を言います。

つまり、日本の「台風」と同じです。

なんだか複雑ですね。でも、ポイントは、世界の各地域によって日本で言う「台風」の呼び方は違うんだということです。

Sponsored Links

台風マメ知識

最後に、知っておくとためになる台風マメ知識を紹介します。

台風の名前

日本では、その年の発生順に「台風〇号」と呼んでいます。

ニュースでも「台風〇号が発生しました。」と聞きますね。

でも、実は、台風にはすべて名前がついているのです。日本では、その名前をあまり使わないだけなんですよ。

アジアには「台風委員会」というものがあって、この委員会に加盟している各国が提出した名前のリストを順番に使っています。

ちなみに日本は星座の名前を提出しています。あまり聞きませんけどね。

興味のある人は気象庁のホームページなどで確認すると必ず台風〇号のあとに注釈として名前が書いてあるはずです。

ハリケーン、サイクロンもそれぞれ各地域の機関が名前を付けています。
425914

台風の回転方向

台風の回転方向を知っていますか。

注意深い人なら左回りということはわかりますよね。では、右回りの台風はあるのでしょうか。

実はあるんです。

それは、南半球で発生した台風です。北半球は左回り、南半球が右回りになるのは、地球の自転が関係しています。

学校で勉強した「コリオリの力」によって回転方向が決まります。

じゃあ、赤道上ではどうなるのかな。赤道上では、台風は発生しないんです。

「コリオリの力」が働かなくなるからです。だから、台風が北半球から南半球へ、あるいはその逆へと行くことはまずありません。

その間に「コリオリの力」が0になって台風は渦を作れなくなるからです。

でも、過去にわずかな例ですが、赤道直下を進んだ台風もあって、例外も今後出てくるかもしれませんよ。

今日は、サイクロンと台風とハリケーンの違いについてお話ししました。

ちょっと難しいところもありましたが、いかがでしたか。皆さん、台風には本当に気を付けてくださいね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)