うなぎ釣りの時期は!?タイミングとポイントで高級魚をGET!

うなぎといえば、滋養強壮に効果があり、土用の丑の日には欠かせない有名な魚です。

スーパーでは年々うなぎの価格は値上がりしています。

うなぎを自分で釣ることができれば、釣りも楽しめ、今や高級魚であるうなぎを自力でゲットできて最高ですね。

うなぎは、時期とポイントさえつかめば初心者にも釣りやすい魚です。

しかし、うなぎは年中釣れる魚ではありません。

うなぎ釣りに最適な時期を知って、旬のうなぎを釣り上げましょう!

うなぎ釣りに最適な時期や、うなぎ釣りのポイントをご紹介します。

Sponsored Links

うなぎ釣りのできる時期はどれくらいから始まる?

うなぎが釣れる時期は、一年のうち春から秋にかけて、大体五月の中旬から十一月中旬くらいとされています。

うなぎは冬眠してしまうので、冬の寒い時期はうなぎ釣りには適していません。

うなぎ釣りは春から始めることができますが、五月中はまだ水温が低くうなぎが十分に成長しきっていないため、あまりおいしくありません。

そのため、うなぎ釣りを始めるには水温が温かくなって、うなぎの身が肥えてくる六月の下旬ごろからがいいでしょう。

近年、うなぎは稚魚の漁獲量が激減しており、地域によっては制限が設けられていたりすることもあります。

うなぎ釣りをする地域の規則に則って、あまり小さいうなぎは釣らないようにするなど気を付けることが必要です。
 

うなぎ釣りのベストシーズンはいつ?

160512-1
うなぎ釣りに最適な時期は、前半と後半に分けて二回あります。

最初は雨の多い六月、次に海域を移動するため、脂の乗った十月です。

うなぎは非常に警戒心が強い魚ですので、自分の身を隠しやすい濁った水のある場所を好みます。

また、土のにおいに非常に敏感で、水に土が混じって濁り始めると、うなぎの活動は活発になって釣りやすくなります。

そのため、梅雨で雨が多く、水の濁りやすい六月あたりはうなぎ釣りの最初のベストタイミングです。

その後、地域によってうなぎ釣りの最適な時期は若干異なりますが、真夏の暑い時期だと水温が高すぎるため、うなぎの動きも鈍くなります。

この時期はうなぎ釣りにはあまり向いていないでしょう。

その後、うなぎは秋になると産卵のため海域を移動します。体力を付けようとしてそれまでより食欲が旺盛になるため、脂の乗った非常にいいうなぎが釣れやすくなります。

そして、あまり寒くなってくるとうなぎが移動してしまうため、十月はうなぎ釣りの後半のベストシーズンだと言えるでしょう。

この時期は日没時間もまだ早いため、夜行性であるうなぎの活動時間も多少長く、うなぎ釣りをするには最適です。

うなぎ釣りには、これらの時期を選んで釣りに臨むといいでしょう。

Sponsored Links

うなぎ釣りに最適なタイミングは?

うなぎは夜行性のため、日没以降に活動が活発化します。

日中は岩陰や水底に身を隠してじっとしているため、なかなか釣り上げることは難しいです。

夕方から夜にかけての時間がうなぎ釣りをするには最適なタイミングでしょう。

うなぎが釣れやすい時間というのは非常にピンポイントで、大体日没後三十分から二時間程度がうなぎ釣りに最適な時間と言われています。

あまり明るくても釣れず、日が沈み切って夜になってしまっても釣れないため、うなぎ釣りはタイミングが勝負です。

さらに、うなぎは潮の潮汐に影響されやすい魚と言われています。

潮時は釣れる確率が高いため、うなぎ釣りをするなら潮時を狙うのがいいでしょう。

また、うなぎは濁りのある水の水底に潜んでいることが多いので、潮時である程度深さのある潮位の高いポイントを狙うのがよいでしょう。
160512-2

最後に

うなぎはある程度の水温と水の濁りがあれば非常に釣れやすい魚です。

慣れてくれば、釣りやすいポイントを探すのも簡単にわかってくると思います。

うなぎ釣りに最適な時期やポイントを探して、おいしいうなぎを釣ってみましょう!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)