ウナギが高い理由とは!!完全養殖ができない事にあった!?

ゴールデンウィークも過ぎ、夏が近づいている今日この頃。

日によっては夏日になったりして、今から夏バテ対策に精のつくものを食べなきゃ…と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな精のつく食べ物で代表的なのは、やっぱりうなぎですよね!

7月には土用の丑の日もありますし、外食でうなぎを食べたり、スーパーや魚屋さんで売られているうなぎの蒲焼を買う方も多いのでは?

でも、うなぎといえば気になるのはそのお値段

うな重を出す専門店で食べようとしたら、大体2000円台~3000円台くらいにはなりますし、

スーパーで売られているうなぎの蒲焼も、海外産の養殖うなぎでも1000円を超えてたり、国産だと2000円くらいのお値段で売られていることも。

当然、みなさん「なんでうなぎってこんなに値段が高いの?」という疑問を、一度は持ったことがあるのでは?

今回の記事では、うなぎの値段が高い理由について書いていこうと思います!

まずは、特に高い天然うなぎと比較的安い養殖うなぎの違いについてです。

Sponsored Links

天然うなぎと養殖うなぎ、一体何が違うの?

天然うなぎと養殖うなぎで違うのは、その風味です。

なぜ風味が違うかというと、それは育った場所の違いが味に出るからです。

天然うなぎは、川で育ち産卵する時に海に出て行きます。

産卵前になるとうなぎは脂がのった状態になり、大変美味しくなります。

しかし、そのような天然うなぎが捕れるのはごくわずかで、大半の天然うなぎは脂が少なく、さっぱりとした感じです。

また、天然うなぎは育った川の環境の影響を受けるので、養殖うなぎに比べて少しクセのある味になります。

一方、養殖うなぎは人工的に管理された所で育つので天然うなぎにあるようなクセが付きません。

また、育ち具合を調節することもできます。

私たち消費者からの「脂ののったうなぎの方が美味しい!」という需要に応えるため、

養殖しているうなぎを脂がのっているように育てて出荷していることが多いです。

天然うなぎの値段が高い理由は?

image1

天然うなぎの値段が高い理由は、そもそもうなぎの数が少ない事が原因です。

昔、日本の川でうなぎが生活していることは珍しいことではありませんでした。

しかし、高度経済成長期の環境汚染や河川の整備の影響で、うなぎの数は減っていきました。

今では河川の水質も徐々に良くなり、魚にとって住みやすいようにという配慮の元に河川が整備されるようになってきていますが、

それでもうなぎの数は増えるどころか減る一方です。

「環境が良くなってきたのなら、うなぎの数も増えるはずなのになんで増えないの?」とお思いになるでしょう。

これには養殖うなぎが今までどのように養殖されてきたのか?ということが関係しています。

Sponsored Links

養殖うなぎが天然うなぎの数を減らす理由は?

image2

「養殖うなぎ」って一体何なの?というと、海で生まれたうなぎの稚魚であるシラスウナギを捕まえてきて、養殖用のいけすで育てたものなのです。

当然、シラスウナギを産むのは天然うなぎなので、昔に比べて天然うなぎの数が少ない今の時代だと、シラスウナギの数も少なくなります。

しかも、更にシラスウナギが減る原因があります。

それは、人の手による乱獲です。

日本ではシラスウナギを捕ったり、養殖したりするためには国から許可を得る必要があります。

しかし、外国ではそこまで厳しい制限がかかっていないので、うなぎの養殖用にシラスウナギを乱獲する人が後を絶ちません。

養殖用にシラスウナギを捕る→天然うなぎの量が減る→養殖用にシラスウナギを捕る→…

 

という事が繰り返され、天然うなぎだけではなく養殖うなぎの量も少なくなっているのです。

天然うなぎの数も養殖うなぎの数も少ないんじゃ、そのうちうなぎは食べられなくなるのでは…?と不安に思われる方もいるでしょう。

しかし、不安に思うのはまだ早いです。

つい最近、国の水産総合研究センターという所でうなぎに卵を産ませて、育てて大人のうなぎまでにする完全養殖に成功したのです。

しかし、これはまだ専門的な研究機関だからこそできた、という部分が大きいです。

うなぎの完全養殖がもっと簡単にできるようになり、養殖うなぎの数が増えるまでには、もう少し時間がかかるでしょう。

元はと言えば、私たちが「うなぎは美味しいから、もっと安くたくさん食べたい!」と考えたのが原因で、

養殖用にシラスウナギが乱獲されうなぎの数自体がどんどん減り続けてしまい、お値段が高くなっていった、と言えるでしょう。

なので、うなぎの完全養殖が広まるまでは、天然ものであろうと養殖ものであろうと、うなぎのお値段が高いのは仕方のない事かもしれませんね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)