犬の熱中症の対策!!室内・外飼い・散歩別の予防法を紹介!?

人間は体中に汗腺があり、暑くなるとそこから水分を出して体温を下げます。

ところが犬の汗腺は、足の裏の肉球にしかありません

よく犬がやる舌を出してハアハア息をする行動は、体温を下げるためです。

しかし、これではたいして効果はありません。

つまり、犬は暑さに弱く熱中症にかかりやすい動物なのです。

人間がちょっと暑いと思う程度でも、犬には相当な負担になっています。

犬が熱中症にかかってしまうと、胃や腸、心臓などの内臓を損傷したり、ショックが大きい場合は死亡するケースもあります。

十分な暑さ対策が必要です。

とくに暑さに弱いのは、セントバーナードやシベリアンハスキーのような北方の犬。

そしてフレンチブルドッグやシーズーなど、短頭系の犬が代表的です。

また、肥満、生まれたての子犬、老犬、さらに病気を抱えているなど、年齢や体形、健康状態も関係してきます。

自分の犬の状態をしっかり把握して、有効な対策を練ってください。

Sponsored Links

室内での熱中症対策!!

犬は、気温22℃、湿度60%程度で熱中症になる恐れがあります。

とくに湿気は大敵

湿度が高いと、熱の放出がうまくいかないのです。

ですから「室内だから大丈夫」と安心するのは、危険です。

まずは、定位置に風通しの良い場所を選んであげてください。

そうすることで熱が発散しやすくなります。

もしケージ飼いなら、置き場所の風の通りに要注意です。

そして、その場所の温度と湿度を計り、実際に数値を確認してください。

昼、そして夜の確認が必要です。

というのは風の通りが変わって、温度も変わる可能性があるからです。

25℃以上の夏日になれば、クーラーで部屋を冷やす必要があります。

人間が快適と思う温度より低めが理想ですが、犬のためにクーラーをガンガンというわけにもいきません。

保冷マットを敷いたり、アイスジェル枕などで、体温を下げる工夫をしてください。

お水も頻繁に取り換えてください。

また、排尿ができないと、これも熱中症の原因となります。

神経質な犬は、環境が変わるとトイレができなくなることもあるでしょう。

こまめにチェックしましょう。

Sponsored Links

外飼いをしている場合の熱中症対策!

犬小屋に直射日光を当てないことが重要です。

夏場は風通しの良い日陰に小屋を移動し、さらに日よけを設置してあげてください。

小屋のなかに、冷却シートを敷くのもいいでしょう。

そして、冷たい新鮮なお水を好きなときに飲めるようにしておくことが大切です。

十分な水分補給は、熱中症の効果的な予防法です。

元気がないようなら、犬用の電解質組成のドリンクを、試してみるのもいいでしょう。

ミニプールを置いて水遊びをしてもらうのも、暑さ対策のひとつです。

体力の消耗が激しいうえに食欲も落ちますから、サプリメントなどで栄養補給もしてあげてください。

散歩するときの熱中症対策!

270858
真夏、太陽の出ている時間は外に出ないことがいちばん。

午前11時ごろから午後4時くらいまでは、避けたほうが安心です。

夏の散歩には、暑さ対策用の冷却ジェルベルトの入ったカラーやハーネスがあります。

小型犬なら、全体を覆うベストも。

それらを着けると、ある程度の効果は期待できます。

ただ、どんなに日が沈んでも日陰でも、アスファルトの上を歩かせてはいけません

真夏のアスファルトの表面は50℃を超えます。

夜になっても熱さはそれほど下がらないのです。

人間にとって涼しくなったと思っても、道路近くを歩く犬にとっては、とても熱い状態。

気を付けましょう。

しかも犬の散歩は、いわば裸足です。

しかもその足には肉球という柔らかい器官がむき出しで、ここを火傷したらひとたまりもありません。

マンホールの上なんて、熱いフライパンです。

とくに海に連れて行って浜辺を走らせるなど、もってのほか。

砂は太陽熱を吸収してかなり熱くなりますから、絶対やめましょう。

公園の芝生の上などは安心でしょうが、蚊やダニに注意です。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)