日焼けのかゆみの原因と対処法!効果がある薬は?

健康的に日焼けした肌に憧れる人も多いですが、

日焼けをした後にかゆみが酷くなることはありませんか?日焼けをしたときのかゆみは、我慢するのが難しいくらいつらいですよね。

日焼けとかゆみの原因や、かゆみに効く対処法、市販薬の効果などを調べました。

日焼けとかゆみの関係を知って、きれいな日焼け肌を手に入れましょう!

Sponsored Links

かゆみの原因は!

日焼けをすると、皮がむけたり、ひりひりしたりしますよね。

かゆみもそれと同じで、実は皮膚を日光にさらしたことによる炎症が原因です。

日焼けとは、簡単に言えば火傷と同じ状態です。

適度に日光に当たっている分には問題ありませんが、一気に肌を黒くしようとして長時間日光に当たったり、

普段室内にいることが多く、太陽の光になれていない人が急に日焼けをすると、皮膚が炎症を起こします。

これが日焼けによるかゆみの原因になります。

また、日焼けによって肌の水分が奪われて乾燥することでもかゆみが生まれます。

いつまでかゆみは続くの?

image1

日焼けによるかゆみが出ているときは、肌の色も赤くなっていたりしませんか?それは、肌が炎症を起こしているからです。

また、そういった状態の時は肌が乾燥していて、必要な水分が不足している状態です。

しっかり保湿をして肌の状態を回復させ、日焼けによる炎症が治まるまでの2~3日、かゆみは続きます。

もちろん、かゆみが出たからと言って日焼けした場所をかくのは絶対にNGです。

服を傷付けて炎症が酷くなってしまうため、かゆみが余計に広がってしまいます。

Sponsored Links

かゆみに効く対処法

日焼けによるかゆみには、二段階の対処法があります。

まずは、日焼けによる炎症を鎮めてあげることです。

日焼けとは、火傷と同じ症状です。

もしも火傷をしたら、まず冷やす対処法をとる人が多いと思いますが、日焼けによる炎症を抑えるのためにも、冷やすことは有効です。

ただし、肌が敏感になった状態なので、冷たいシャワーなどで冷やすよりは、温めのお湯か水のお風呂に入ってしまうほうが効果的です。

肌をしっかりと冷やして日焼けによる炎症を鎮めたら、今度は保湿をしっかりしましょう。

日焼けをした肌は、水分が奪われて乾燥しています。

よく冬場になると、肌が乾燥してかゆくなる人がいますが、それと同様のことが日焼けした肌にも起こります。

刺激の少ない保湿クリームやローションを塗って、しっかりと肌に水分を与えましょう。

肌を冷やして水分を与えるために、クーリング効果のあるアロエローションなどを塗るのもおすすめです。

市販薬は効果があるの?

341984

日焼けによるかゆみは、我慢していれば治まるとはいえ、早く治したいですよね。

市販薬で日焼けによるかゆみに効果がある市販薬としてよく名前が上がるのは、オロナインとムヒです。

オロナインは、痛みや炎症を抑える効果があるため、日焼けの炎症によるかゆみにも効果的です。

消炎効果のある市販薬としては、あらゆる症状に対応できる塗り薬です。

そのため、効果は比較的弱いため、重度の日焼けによるかゆみにはあまり効果は期待できません。

ムヒは、虫刺されの薬としても有名です。

かゆみを抑える効果があるので、日焼けのかゆみにも効きますが、液体のムヒにはステロイドが配合されているため注意が必要です。

ステロイドはアレルギーのかゆみを抑える治療薬にも含まれているため、かゆみを抑える力は非常に強いですが、その分副作用が出る場合もあります。

日焼けのかゆみをすぐに解消しようとしてステロイド系の市販薬を多用すると、逆に肌荒れを起こし、湿疹やかぶれなどが起きてかゆみが強くなる危険があります。

市販薬が日焼けのかゆみに効くのは、あくまでも日焼けが軽度の場合です。

市販薬を塗っても解消できないかゆみが出たら、すぐに皮膚科に行くことをお勧めします。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)