赤ちゃんは海にいつから入れる?注意点や持ち物なども紹介!!

夏といえば、やっぱり海ですよね!

海に入って遊んだり、日光浴をしたり、海は楽しい遊びがたくさんです。

けれども、赤ちゃんがいるときは要注意です。

赤ちゃんと一緒に海に行くのは色々と大変です。

赤ちゃんが安全に海で遊べるために、いつから入って良いのか、注意点などを調べました。

Sponsored Links

いつから入っても良い?

赤ちゃんを海に入れる時期は、家庭によって様々です。

早い人だと、首も座ってお座りもできるようになる7か月以降から入れても大丈夫という場合があります。

ただ、0歳児の間に赤ちゃんを海に連れて行ったご家庭は、赤ちゃんが泣いてしまったり、肌トラブルがあったりと大変なことが多いです。

一般的には、赤ちゃんを海に触れさせるのは1歳6か月以降、大人と一緒に海に入って平気なのは2歳以降になります。

ただ、これはあくまでも目安です。

赤ちゃんの普段の様子をしっかり見て、大丈夫そうだという確信が持てない場合は、海に赤ちゃんを入れるのは、出来る限り避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんで海に入る危険とは!?

ac1491

まず気を付けて欲しいのは、赤ちゃんが海に行くのに、はっきりとこの時期を過ぎたら大丈夫!ということはありません。

赤ちゃんはとてもデリケートな上、海は海水の塩分や日光など、大人でも敏感な人は肌トラブルが起きてしまうような環境です。

しかも、赤ちゃんにとって海は未知の世界です。

泣いたり、暴れたり、慣れない環境で赤ちゃんが疲れてストレスを感じてしまう可能性があります。

海に行く前に、家のお風呂やビニールプールなどで、水に慣れさせる練習をしておくといいでしょう。

また、紫外線に慣れさせるために、出かける数日前からはなるべく外出して、普段より日を浴びておくと、肌トラブルの予防になります。

Sponsored Links

海で遊ぶ時の注意点!!

赤ちゃんと海に行くときに、気を付けて欲しい注意点がいくつかあります。

まず、出かける前には体温チェックと、傷がないかどうかのチェックをしましょう。

赤ちゃんはまだ免疫力も弱いため、熱があったり傷がある状態で海に入ると、感染症を引き起こす恐れがあります。

赤ちゃんの体調が万全な状態で海に行きましょう!

次に、紫外線対策のため、赤ちゃんにはきちんと専用の日焼け止めを塗り、常に日陰にすぐ移動できる環境で遊ぶようにして下さい。

紫外線の強い10時~15時頃は、特に注意しなくてはならない時間帯です。

皮膚の薄い赤ちゃんが日焼けしすぎないように、こまめに日焼け止めを塗り直しましょう。

また、熱中症対策のため、水分補給はしっかりと!

けれども、体を冷やそうと赤ちゃんを長く海に入れるのは厳禁です。

赤ちゃんは体が冷えやすいため、海に入れる時間は1回に付き5~10分ぐらいが適切です。

赤ちゃんの体調を考えて、少し物足りないかな、という程度でちょうどいいでしょう。

赤ちゃんと海に行く場合に必要な持ち物!

457297

赤ちゃんと海に行く場合、必ず持って行ってもらいたいのは、母子手帳と健康保険証です。

元気に見えてもすぐに体調を崩しやすい赤ちゃんのために、万一のことを考えてこの二つは必ず常に持って出かけましょう。

タオルや着替えやおむつ、おしりふきなどは、汚れたり濡れたりすることを予想して、多めに持っていくのがおすすめです。

水遊び用の紙パンツというのもあるので、水着の代わりにそちらを利用すると便利ですよ。

また、忘れてはならない持ち物が、紫外線と熱中症対策グッズです。

着替えやすい前開きのラッシュガードや、首元を保護できるフラップ付きの帽子はおすすめです。

出かけた先の海に日影がないかもしれないので、ビーチパラソルなどもあるといいですね。

飲み物は冷たい状態のものがあると、急に赤ちゃんの体温が上がっても安心なので、クーラーバッグに入れて持っていくことをおすすめします。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)