プール熱の大人の症状!!感染したら会社は休むべきか?!

毎年6月頃から流行し始め、7~8月にピークを迎えるプール熱と呼ばれる感染症。

正式には「咽頭結膜熱」といい、夏風邪の一種ですが感染力の高いアデノウイルスというウイルスによって感染が拡大します。

プール熱と呼ばれるように、主にプールの水を介して感染することから学校などでプールを利用する子供の間で流行します。

プール熱の感染源であるアデノウイルスは飛沫感染や接触感染によっても感染するので、大人も注意しなければなりません。

Sponsored Links

プール熱は大人にもうつるの?

プール熱はプールに入らなければ感染しないというものではありません。

特に注意しなければならないのは、感染したお子さんを看病したり、生活を共にする大人への感染です。

アデノウイルスは、感染者の目ヤニや喉からの分泌物、便からも飛沫感染や接触感染を引き起こします。

抵抗力の弱い人や体力が落ちた人は特に感染しやすいので、お子さんの看病疲れが見え始めた親御さんや高齢者は細心の注意が必要です。

二次感染を予防するために、手洗い、うがいはもとより、感染者がいるご家庭ではタオルや食器を別々にし、洗濯も別々にしましょう。

タオルは使い捨てのペーパータオルを使用するのがベストです。

感染者の目ヤニは手でこすらせず、ティッシュでふき取りすぐにゴミ箱に捨てましょう。

感染者が幼児でオムツ替えをする時は、使い捨ての手袋とマスクの着用をすることも大切です。

また、お子さんの看病には体力も神経も使いますから、あなたご自身の栄養管理や睡眠をしっかりとることも意識しましょうね。

感染者が回復しても2週間~1カ月はウイルスが残っていますので、二次感染を起こさないための対策は続けてください。

Sponsored Links

大人が感染した時の症状!子供より軽い?

プール熱に感染してしまった時の症状は、主に次の3つです。

  • 咽頭炎(喉の痛み、腫れ)
  • 結膜炎(目ヤニ、目の充血)
  • 高熱(40℃前後)

3つの症状がそろって出る場合と、いずれかの症状が出る場合があります。

大人が感染した場合は、一般的に子供に比べて症状は軽いことが多いのですが、咽頭炎の症状はきつくなるケースがあります。

プール熱には特効薬がなく、喉の痛みをやわらげる鎮痛剤や点眼薬、解熱剤のように症状に合わせた対処療法となります。

体力が落ち抵抗力が弱くなると、症状が長引いたり、呼吸障害や肺炎を引き起こすこともありますので、普段以上に意識して栄養補給と水分補給、安静を心がけましょう。

喉の痛みがひどく、食べたり飲んだりしにくい場合は、市販の栄養ゼリーを食べたり、介護用のとろみ剤を食べ物や飲み物に入れると良いですよ。

会社は何日休む?

442557
子供の場合は、学校保健法の「第二種伝染病」の規定からプール熱の感染がわかった時点で出席停止となり、症状が治まった2日後から通園、登校が許可されます。

大人の場合、医療機関で医師から出勤停止を言い渡されることはありますが、厳密な出勤停止の規定はありません。

会社を休む、休まないは自己判断にゆだねられています。

営業や接客業、事務職などお仕事の形態や、会社での立場、その時抱えている仕事などふまえて会社と相談が必要かと思います。

職場の人や、お客様への感染を避けるため、なるべく症状がある3~5日間と症状が治まってから2~3日間は会社を休んで安静にしましょう。

無理して出勤すると、感染の拡大だけでなく、あなた自身の症状が長引いたり、こじらせて肺炎を引き起こし、結果的に長期間にわたり会社に迷惑をかけかねません。

「急がば回れ」ですよ。

どうしても出勤しなければならない時や、休み明けは職場や通勤途中でウイルスをまき散らさないように、マスクの着用、手洗いの徹底をしてくださいね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)