猫の熱中症の症状は?病院に行くまでの応急措置や治療法とは!

人にも動物にも、暑く辛い季節がやってきます。

真夏日が続くだけでも厳しいのに、近年は40℃近い高温になる日も多く、そんな日は、人間だけではなく、猫ちゃんも辛そうにしています。

猫ちゃんたちは、意外と、本能で自分の体を守るようにしていると言っても、小さな命は決して強くはありません。

この時期は、飼い主である私たちが、私たちの体と同様に、猫ちゃんたちの体に気を付けてあげる必要があります。

Sponsored Links

猫も熱中症になる?その原因とは!!

猫ちゃんは、日頃は気ままに自分が一番快適になれる場所を探してそこで休んでいます。

夏場は日陰のひんやりしたコンクリートの上だったり、冬場はポカポカした陽だまりだったり。

でも、近年の超高温の夏は、猫ちゃんたちにとっても限界を超えているのか、ぐったりしている姿を見かけることが多くなってきました。

それもそのはず、特に都市部ではクーラーや自動車などの廃熱のせいで、日陰でも全く涼しさが感じられません。

人間はそれでも、暑さから逃れるのにいろいろ文明の力を利用できますが、猫ちゃんたちはそれも出来ません。

そもそも、猫ちゃんは人間のように汗を掻きません。

それは人間よりも体温調節が難しいことを意味します。

ここで、猫ちゃんの熱中症の原因を挙げておきます。

  • 暑すぎる
  • 風通しが悪い環境にいる

上記2つは人間でも同じなので当然ですね。

  • 肥満猫(脂肪で体温がこもりやすい)

こちらは、人間が思う以上に深刻です。

ただでさえ汗を掻かず、全身毛に覆われて体温調節が難しい猫ちゃんが、運動不足の過食で肥満なのであれば、脂肪で放熱が更に難しくなっています。

  • キャリーケースや車内などの狭い場所に閉じ込める

熱がこもりやすいことと、ストレス、緊張による体温上昇が起きます。

  • 不慣れな場所への移動

猫ちゃんを、不慣れな生活圏外へ移動させるのは、やはりストレスと緊張で体温上昇を招きます

その他、子猫や老猫も、生理機能が未熟だったり衰えていたりで、体温調節が難しくなり、熱中症になりやすい傾向があります。

猫の熱中症の症状

image1

飼っている猫ちゃんが、日頃と違う行動を取り始めたら要注意です。

意識がもうろうとなっている可能性があります。

そして暑い日に、以下の症状が表れたら、熱中症の可能性大です。

  • 口を開けてハァハァしている
  • 口からよだれを垂れ流している
  • 目の充血
  • 口の中の充血
  • 嘔吐する
  • 下痢をする
  • 立ったり歩いたりする時にふらつく
  • 倒れる
  • 虚脱(極度の脱力状態)
  • 筋肉のふるえ
  • 呼びかけに反応しない
  • 全身の痙攣
  • チアノーゼ(唇や鼻などの毛の無い部分が酸欠で青くなる)
  • 吐血、下血などの出血

上記、後の方ほど重症です。

なるべく早い段階で、異変に気が付いてあげましょう。

Sponsored Links

熱中症になった時の対処法!応急措置はコレ!

大事な猫ちゃんが危険な状態だと、ついパニックに陥りがち。

飼い主は親も同然、ここは冷静になりましょう。

すぐに動物病院に連れていってあげられればそれがベストですが、動物病院まで距離があったり、時間が難しかったりすれば応急処置が必要です。

猫ちゃんに前述の症状が表れたら、

1.体に触れて熱を確かめる

熱中症の場合、体温が上がって熱をもっています。

熱中症の確認が出来るとともに、猫ちゃんも、飼い主に体を優しく触ってもらうと安心して身を預けてくれます。

気持ちのこもった“手当て”を心がけましょう。

2.体温を下げる

241913
まず、涼しい場所に連れていきます。

日陰、お風呂場、クーラーを弱めに効かせた部屋など。

次に、濡らしたタオルを、脇の下、首筋にあてて熱を取ってあげます。

更に、うちわであおいで風を当ててあげます。

扇風機でもいいのですが、風が強すぎてはいけないので、うちわ並みにしてください。

※ここで注意!

逆に体温を下げ過ぎない!猫ちゃんの平熱は38℃~39℃です。

こまめに体温を測って39℃まで下がったら、冷やすのは止めましょう。

3.水を飲ませる

熱中症の症状がある場合には、脱水状態にもなっているはずです。

猫ちゃん自身に飲む元気が無ければ、スポイトで、口の隙間から水を入れてあげてください。

スポイトの代用に、水にストローを刺して、片方を指でふさいで貯えた水を与えることや、スプーンで少しずつ与えても構いません。

とにかく、水分補給は重要です。

ここまでが応急処置です。

ただ、たとえこれで症状が改善しても、改善しなくても、一度熱中症になると、ドロドロ血液となって、体の中に血栓ができている可能性があります。

この血栓が心臓の血管に詰まったりすると一大事、血流が滞り最悪は死に至ります。

これは熱中症の症状が治まって数日後に起きることもあるので、応急処置だけでしばらく様子を見ようとしたり、多少の回復で安心したりせず、必ず早急に、動物病院で診てもらうようにしてください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)