りんご病は保育園に登園してはダメ!?どのくらい休むべき!?

小さいお子さんがかかる病気の一つに、りんご病があります。

ほっぺたが真っ赤になったり、腕やふとももに発疹が出る病気として知られていますね。

でも、りんご病って、それだけが症状のすべてではないんです!

そして、りんご病は子供にとってはそこまで怖くない病気ですが、妊娠中のお母さんにとってはとても怖い病気です。

今回は、りんご病はうつるのか?ということや、妊娠中のお母さんがりんご病に感染したらどんな影響が出るのか、そして保育園をどれくらい休んだ方が良いのか、について解説します!

Sponsored Links

りんご病は人にうつるの?

りんご病は「ヒトパルポウイルスB19」というウイルスが感染することで起こります。

ウイルスなので、人にうつります。

「どうやってうつるの?」かというと、飛沫感染です。

つまり咳やくしゃみをした時に飛んだ唾が、他の人の鼻や口に入ってうつってしまいます。

しかし、りんご病でやっかいなのは、最初のうちはりんご病だとわかりにくいことです。

りんご病は、感染してから潜伏期間があります。

潜伏期間は6日~11日、大体1週間~2週間弱くらいですね。

そしてりんご病の症状が出てくるのですが、ここで出てくる症状はみなさんが良く知る「ほっぺが赤くなる」ではないのです。

まず、発熱、筋肉痛、倦怠感など、風邪のような症状が出ます。

この風邪のような症状が出ている時に、人にうつるのです。

とは言っても、外見からすると本当に普通の風邪にしか見えないですし、この時点で病院に行っても「りんご病」と診断されることはまずありません。

(ただし、流行している時期ならお医者さんが「ひょっとしたらりんご病かもしれないから、気を付けて見ててあげると良い」と言われるかもしれませんね。)

そして、風邪のような症状が治まってから1週間以内に、みなさんも良く知るほっぺの発疹や肩や腕、ふとももの発疹が出ます。

この時にはっきりとりんご病だということがわかります。

Sponsored Links

登園してはいけない!妊婦にうつると大変なことに!?

「登園してはいけない!」とは言っても、りんご病をうつしてしまう時期は上に書いたように、一見風邪にしか見えない時期です。

熱を出したら流石に登園は控えますが、りんご病のウイルスに感染してしばらくしても、平熱のまま咳、鼻水だけ出てる「風邪の引き始めかな?」と思ってしまうような初期症状しか出ない時があります。

「風邪にしか見えないし、りんご病だってこの時にはわからないから、登園させるしかないのでは?」とお思いになるでしょう。

しかし、登園を控えたほうが良い理由があるのです。

それは、妊婦がりんご病に感染してしまうと、胎児に影響が出てしまうからです。

胎児への影響は、子宮内での発育が遅れることや貧血などがあります。

または胎児水腫になってしまい、最悪流産する危険もあります。

保育園に通う小さいお子さんがいるご家庭のお母さんが、2人目か3人目を妊娠していて…ということはよくありますよね。

お子さんが保育園で他のお子さんからりんご病をうつされてしまい、それがお母さんにも感染して…ということも、実際にあります。

ひょっとしたら、ご自身のお子さんがりんご病だと気づかないまま登園していて、そこから他のお子さんに感染が広がり、そして妊婦のお母さんまで…ということは、避けたいですよね。

いつから登園して良い?

image2

まず、春~初夏の時期にご自身のお子さんに風邪のような症状が出たら、りんご病の初期症状かも?と疑った方が良いと思います。

その前から、保育園の先生や他の保護者の方たちと情報交換をして、通園しているお子さんの中でりんご病に感染した子がいるかどうか、を確認しておくことをお勧めします。

この時期にかかりつけの小児科にかかることをおすすめします。

もちろん、園内で何人かりんご病になっているお子さんがいるという情報があるのなら、それもお医者さんに伝えましょう。

普通のちゃんとしたお医者さんなら、その年のりんご病の流行の様子や診察時に保育園の様子を伝えることからりんご病の可能性を考え、登園を続けるか禁止するか選ばれると思います。

その時は素直に指示に従いましょう。

登園を再び始めるかどうかは、ほっぺの発疹などが出て完全にりんご病だとわかった後に再び病院にかかり、お医者さんに判断を委ねるといいでしょう。

上にも書いた通り、ほっぺに発疹が出る頃には他人に感染させることがないのですが、日光などの外部の刺激で発疹が酷くなることがあるからです。

春~初夏の時期に、お子さんに風邪っぽい症状が出たら、迷わず病院に連れて行きましょう!

保育園で他のお子さんや、そのお母さんにうつさないように気を配りたいですね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)