犬の熱中症の症状!!かかったと思った時の応急措置は?

暑い季節になると何かと体調を崩しがちです。

熱中症はその中でもその最たるものといえるかもしれません。

実は人間以外にも動物が熱中症になるって知っていましたか?

今回は犬にスポットライトをあてて熱中症の原因、症状について勉強していきたいと思います。

私たちの体はもちろん、愛するペットがご家庭にいる方も必見です!

Sponsored Links

犬も熱中症になる?その原因とは!!

犬が熱中症になる原因も根本的には同じで、蒸し暑い室内や、炎天下で散歩やかけっこをしているうちに体内の水分が失われることによって起こります。

犬は人間と異なり、実は体温調節が苦手です。

それは体毛によって体が覆われているという物理的なこともそうですが、汗を出す「汗腺」が肉球にしかありません。

人間が全身から汗を出して体を冷やしていることを考えてみるといかに汗を出しにくいかが分かります。

冷房や、水分を摂取することができないと、どんどん体に熱がこもってしまいます。

次に犬の取れる対応はパンティングと呼ばれる、呼吸による体温調節があります。

ハァハァと短く呼吸をすることにより、唾液を蒸発させ熱を取るのです。

しかし、それにも限度があり長い間高温多湿の場所にいると熱中症になってしまうのです。

犬の熱中症の症状

人間もそうですが、体の熱が逃がしきれなくなった体は40度以上になり息苦しくなります。

よだれを大量に出し、吐き気や下痢を催すこともあります。

また、体を保っていることが難しくなります。

熱がこもっているため、口や、眼といった箇所に充血がみられることも特徴です。

さらに進行すると筋肉のけいれん、失神、吐血などの出血症状など命に関わる水準に近づき、最悪の場合死に至ることもあります。
 

重度の熱中症ではこんな後遺症が残る!

169618
できればあってほしくないことですが、重度の熱中症となってしまった場合体全体の機能が低下した状態が継続することになります。

主に腎不全、心不全、脳障害などがそれです。

それらの原因は高温となった体温が体内のタンパク質を変質させ、ダメージを与えてしまったからだといわれています。

また、先に挙げた症状の中で呼吸困難がありましたが、この状態が続いていると酸素が十分に供給されないことにより低酸素状態が起こりこれもまた犬の体にとって負担になるといえます。

これらが連鎖して2つ以上の多臓器不全に陥ると0~15%の生存率といわれており、大変厳しいものだといえます。

ぜひともこうなる前に予防、対策をしたいところですね。

Sponsored Links

熱中症の予防策

大事なことは「高温多湿な場所を作らないこと」と「こまめに水分補給をすること」の2つです。

屋内の場合は主にお留守番の時が思い浮かぶかと思います。

エアコンを用いる場合には直接風があたることは避けつつも除湿モードなどで多湿な状況を防ぎます。

また、カーテンなどで日光から守ってあげるのもよいでしょう。

車などの密閉された空間などでお留守番をするのはとても危険です。

誰かが近くにいて給水をできるように努めることだけでも大きく違ってきます。

屋外では体が熱を持つのを防ぐため、冷却シートや、UVカットの犬専用衣服も販売されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

お出かけの際にはあっという間に時間が経ってしまって気付いたら体がダメージを受けていた、ということもあります。

水分補給はこまめに行いましょう。
089140

熱中症になったときの応急処置

まず、熱を下げることと、熱の元となる場所や状態から抜け出すことをしなくてはなりません。

冷水をかけてあげたり、濡らしたタオルで足の付け根や頭にはさんで局所を冷やすことも効果があります。

水分が摂取できる状態であれば水分補給をすることも重要です。

意識がない場合には重症が疑われます。

できる限り早く動物病院に向かい、かつ、体を冷やす行為は継続して行ってください。

動物病院では体内の異常をよく調べてもらい、それぞれに応じたケアをしてあげてください。
 

まとめ

いかがでしたか?せっかくの行楽シーズンも大事な家族であるワンちゃんが熱中症になってしまっては楽しくありませんよね。

人間も動物もこまめに水分を摂って、健康に過ごしましょう!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)