敬老の日と老人の日の違いって?!ただ名前が変わっただけ?

敬老の日」は、国民の祝日です。

9月第三月曜日と定められています。

今年の敬老の日は、9月19日です。

おじいさんやおばあさんに会いにいって、楽しく過ごす、というのが、みなさんのこの日の過ごし方でしょうね。

そもそも「敬老の日」の意味は、「多年にわたり、社会に尽くしてきた老人を尊敬し、長寿を祝う」ということです。

あれ、ちょっと待って、子供のころ、「老人の日」って、言ってなかった?

あるいは「敬老の日」って、9月15日じゃなかった?

と、思う方も多いはずです。

そう、実はその昔は、この日を「老人の日」と、確かに言っていました。

そして、あるときまでは9月15日でした。

Sponsored Links

「敬老の日」と「老人の日」の同じ部分

初めは「老人の日」と言われていたものが、月日が経って「敬老の日」になった経緯があります。

呼び方が変わったわけです。

もっと早い時期には、「年よりの日」と呼んでいました。

228385

「老人の日」の歴史

昭和22年 兵庫県多可郡野間谷村(現・多可町八千代区)の当時の村長が「老人を大切にし、老人の知恵を借りて村を発展させよう」と、「年よりの日」を設定。

9月15日に、「敬老会」を催しました。

昭和22年 兵庫県全体に行きわたりました。

昭和26年 現・全国社会福祉協議会が9月15日を、「年よりの日」と定める。

昭和38年 「老人福祉法」制定。

ここで、9月15日が「老人の日」に決まり、全国的祝日となります。

こういう経緯があります。

今でこそ「国際高齢者デー」が10月1日に設定されていますが、日本の兵庫県の小さな村が発祥なのですね。

「敬老の日」に変わったのは、いつ?

昭和41年 国民の祝日に関する法の改定により9月15日を、「敬老の日」と、定めます。

ここで名称が変わりました。

日付が変わったのは、いつ?

平成15年 ハッピーマンデイ制の改定により、「敬老の日」を9月第3月曜日とし、翌年から施行します。

ここで日付が変わりました。

これによって、現在の「敬老の日」.9月第3月曜日が定まりました。

秋分の日が近いため、連休になる可能性も高く、ゴールデンウイークに対して、「シルバーウイーク」と呼ばれることもあります。

ここまでが、「老人の日」から「敬老の日」への変化の歴史です。

Sponsored Links

「敬老の日」と「老人の日」は何が違う

それでは、「敬老の日」に「老人の日」は合併したので、もう「老人の日」はない?

ところが、今でも「老人の日」は、あります。

それは、老人福祉法が生きているから。

いまでも毎年9月15日は、「老人の日」なのです。

この二つは、管轄する法の違いです

「敬老の日」は、国民の祝日に関する法の定め。

「老人の日」は、老人福祉法により9月15日。

国民の祝日とは別ということで、別々の法律によって別々の日が制定されて、今に至るわけです。

つまり、祝日としての「老人の日」「敬老の日」と、福祉的観点の「老人の日」がある、ということです。

「老人」は何歳からなの?

461731
実は、法律的には65歳以上が「高齢者」と呼ばれます。

65歳で老人なんて、ちょっと若すぎますよね。

あなたの回りを見ても、65歳だけど「老人じゃないよ」という人は、多いでしょう。

ですから、地域の「敬老会」では、70才以上を対象にお祝いするところもあります。

一概に高齢者だから老人、とは言えないようです。

なにしろ「祝日」が定められたのが50年前ですから、当時と今の違いは大きいですね。

今、日本には65歳以上の人が25%います。

つまり4人に1人は「高齢者」、老人なのです。

この人達には、まだまだ頑張ってもらわないと、日本の発展はかないません。

おとしより、高齢者、呼び方はちがっても、長い年月生きてきた歴史を持ち、知恵があります。

体力の衰えで、できなくなる事もあるでしょう。

でもその存在は、私たちを勇気づけてくれます。

「老人の日」「敬老の日」。

どちらにしても、こんな素晴らしい日を国全体で定めているのは、世界の中でも日本だけ。

ずっと大切にしたい日です。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)