旅館にチップを渡す必要はある?!お心付けの相場はどのくらい!?

たまには日常を忘れて、身心ともに癒されたい、リフレッシュしたい。

温泉旅館でゆっくりするのは最高ですよね。

でもちょっと待って。

旅館は、宿泊客側の特別なエチケットとか無いのでしょうか。

海外のホテルなどではチップが要るけど、旅館はどうなのでしょう。

Sponsored Links

仲居さんにチップ(お心付け)は必要?

日本国内では、チップは要らないって聞きますが、本当にそうなのでしょうか。

お心付け」って言葉も聞いたことがあります。

これは海外で言うチップなのでは。

確かに国内では「チップ」を渡す習慣は無く、不要とされています。

一方、旅館に宿泊する際、「お心付け」を渡す慣習は実際に存在します。

首をかしげたくなりますが、実は、「チップ」と「お心付け」は、同じものではありません。

チップ=働く人に貰う権利がある。

れっきとした報酬の一部。

お心付け=客側から働く人への祝儀、謝礼。
必ずしも必要ではない。

 

必要か、必要でないかの問いであれば「必要無い」が答えになります。

実際にも、多くの人が「渡さない」と答えるでしょう。

仲居さんも決して欲しがったりはしません。

それでも、慣習として渡される例を以下に挙げてみました。

  • 一緒に泊まる家族に、小さな子や介助が必要な年寄りがいる
  • 通常のサービス以外の特別なサービスを必要としている
  • 無理なお願いをする可能性がある
  • 宿泊者側の純粋な気配り、配慮
  • 旅館の備品を壊したなど迷惑をかけたが、弁済を請求されなかった場合のお詫び

それでももし悩むようなら、渡した方がいいでしょう。

相手も、自分も気持ちよくその数日間を過ごすことができます。

Sponsored Links

相場はどのくらい?

これは一般的には、宿泊費用の1割程度のキリの良い額と言われています。

実際の額としては、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円が相場のようです。

ただし、「お心付け」はあくまでも「気持ち」です。

例えば一泊ウン万円の高級旅館に泊まったからと、無理して出す必要はありません。

あなたが若かったらなおさらです。

また、リピートで泊まる旅館なら、お金ではなく、そんなに価格の高くない(何百円単位の)手土産を持参しても喜ばれます。
 

渡すタイミングは?

ƒvƒŠƒ“ƒg

まず、お心付けを渡すタイミングには2つのパターン、意味があります。

  • 挨拶、祝儀=これから宜しくお願いします
  • 謝罪、感謝=申し訳ない、ありがとう

挨拶、祝儀の場合は、旅館に着いて、最初に仲居さんに部屋に通されて、お茶を淹れて貰った際に渡すのが一般的です。

順番を間違えて、お茶を淹れてもらう前に渡してしまうと、関係がぎくしゃくしやすいです。

少額であってもお金の受け渡しの場面は、すぐに切り替えられるような配慮が渡す側に必要です。

小さな旅館などは、到着の際に女将さんやご主人に、「宿泊中にいろいろ無理をおかけします」と言って渡すこともあります。

やはり、お金の受け渡しの場面は短く済ませるのがスマートですし、マナーです。

また、通常の宿泊で受けられるサービス以外に、何か仲居さんに頼み事がある場合はその前に渡すのがよいでしょう。

そして「お願いがあります」と切り出します。

謝罪、感謝の場合は、事案ごとにタイミングも渡す相手も違ってくるので一概に言えませんが、この場合も受け渡しの場面は短く、後を引かないように渡します。
 

お心付けの包み方!!何と言って渡す?

237900
お心付けは、あくまでも気持ちが重要で、チップと違い「お金」が重要ではありません。

ですから、お金をそのまま裸で渡すのは、マナー違反と言えます。

何も立派なご祝儀袋に入れて渡す必要はありませんが、ポチ袋や小さ目の封筒を用意できればそれが理想です。

また、袋を用意できない時は、懐紙やティッシュで包んでもいいのですが、なるべく見栄えよく綺麗に包むようにしましょう。

それと、包むお札は、なるべく折り目の無い新札が用意できればいいですね。

添える言葉は、シンプルな言葉が一番です。

お世話になります。(なりました)

よろしくお願いします。

ありがとうございました。

この時、「心付けです」と付け加えても、付け加えずにスッと渡してもどちらでも構いません。

ただし、この時に受け取りを断ってくる仲居さんもいます。

この場合は、もう一度だけ「遠慮せずどうぞ」と勧めます。

それでも断られた場合は、旅館で厳しく受け取りを禁止している可能性があるので、無理に渡す必要はありません。

ただ、このやり取りで、仲居さんを恐縮させてしまったかもしれないので、重ねて感謝の気持ちを言葉で伝えるようにしましょう。

感謝が伝われば、それが一番の「お心付け」になります。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)