プールの日焼け対策!?水で落ちない日焼け止めがおすすめ!!

これから梅雨を迎える季節。

しかし、それを乗り越えれば待っていた夏がやってきます。

夏といえば海水浴やプールでの行楽が欠かせませんよね。

女性の方などは日焼けを気にする季節になるでしょうか。

さらにプールだと水に濡れて日焼け止めも流されてしまうので、どうやって日焼け対策をすれば良いか分かりませんよね。

ですので、今回はそんな方に向けて日焼け止めを効果的に使うための方法をお教えします。

Sponsored Links

水で落ちない日焼け止めは効果があるの?

水場の近くで使う日焼け止めとなると、やはりウォータープルーフのものを使いたいですよね。

日焼け止めというと、たいていは水によって落ちやすいものです。

はがれてしまうと紫外線を防ぐことはできませんし、塗り直さなくてはなりません。

221522
しかし、ウォータープルーフにはその名の通り水に対して耐性がある分塗り直しが少なくて済むことが特徴です。

持ちがよく、経済的ということ理由に購入する人もいます。

ところで、日焼け止めのグレードを示す「SPF」や「PA」という数値は気にしていますか?「SPF」とは「Sun Protection Factor(太陽光を防げている割合)」のことで、その人が持っている紫外線の吸収度合をどの程度防げるかを示す指標のことです。

例えば「SPF50」のものを使う場合、通常よりも50倍吸収を防げているということになります。

また、「PA」は「Protection Grade of UVA(UVA=紫外線のうちA波と呼ばれる波長を持つもの―を防げている度合)」のことを指します。

度合はプラスの個数で多いものほどグレードが高く、紫外線をカットできていることになります。

数値が高い方がいいと分かっていても、意外と分かりにくいのがこの2つではないでしょうか。

ぜひ購入される際には気にしてみるといいかもしれません。

ウォータープルーフの日焼け止めを使うときの注意点

水場に適しているとして使いやすいイメージを持つウォータープルーフですが、デメリットもあります。

それは一度つけてしまうと落ちにくいことです。

水に耐性があることがメリットでもあり、場面によってはデメリットにもなりうるということです。

たいていのウォータープルーフの日焼け止めは専用のクレンジング剤を利用することによって落とすことができます。

使用しないでそのままにしているといつまでも日焼け止めが肌を覆い続けることにより肌荒れや、毛穴詰まりなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

購入するときにはどのような落とし方があるのか確認をしておきましょう。

また、クレンジング剤を使った後も再度洗剤を使って肌をよく洗い流し、保湿剤や化粧水といったケアを行うことも注意点のひとつです。

Sponsored Links

ウォータープルーフでも塗り直しが必要?

いくらウォータープルーフといっても耐水には一定の制限時間があることを忘れてはいけません。

日焼け止めのパッケージをよく見ると耐水テストの結果があるかと思います。

その内容に準じて、塗り直すことにより、水場でも安全に日焼けを防ぐことができます。

ただし、テストの結果はあくまで目安ですし汗をかいたりすれば落ちてしまう可能性もあります。

日焼け止めがはがれてしまう前に耐水テストの結果からみて1時間~2時間ごとに塗り直すことを覚えておきましょう。
 

プールで日焼け止めの使用禁止!?マナー的には!!

一般的なプールでは水質汚染を理由に日焼け止めの使用を禁止している場所が多くあります。

最近では学校の授業などでも日焼け止めを利用したいという保護者に対し、同様の理由でお断りをするといった事例もあるそうです。

205613
ただ、日焼け止めの成分の多くは油性であり、水に溶け出しにくいのだという調査結果もあります。

実際に皮膚科の医師たちが調査した結果では日焼け止めを塗ったままプールに入り、一定時間が経過したのちに水質を検査したところ特に影響はなかったとのことでした。

肌の保全には使いたいところだけれど周囲の目も気になる…なかなか場合によりけりというのが現状のようです。
 

まとめ

日焼け止めには様々なグレードがあり、効果もそれぞれ違います。

自分にあったものを使うことも重要ですよね。

紫外線は肌に毒ですし、発がんのリスクが高まるなどの影響も心配されます。

今回の記事の内容をしっかりと身に着けて、安全に水場でのレジャーを楽しんじゃいましょう!!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)