「すだれ」と「よしず」の違い!部屋が冷える効果的な使い分け!

この時期、じめじめと暑い梅雨や日差しの激しい夏場に向けて涼しい風が恋しいもの。

そうした時に活躍するのが『すだれ』や『よしず』といったインテリア。

でも意外と知らないのが、この2つってどう違うの?ということ。

実はとってもエコな効果があるんですよ。

より効果的な使用方法についてもあわせてお届けします。

地球温暖化がさけばれる今、すだれとよしずでスマートに夏を乗り切りましょう!

Sponsored Links

すだれとよしずの違い

すだれは細く割った竹をつなぎ合わせて作った和製のブラインドともいうべきインテリアです。

ブラインドという表現の通り、一般的には部屋の窓などに吊るして使用します。

部屋の外にかける形で使用する外付けのすだれが本来の使用方法ですが、昨今では部屋の内側にかけるタイプのものも販売されています。

これは洋室が増えた現代のお部屋事情に合わせているものだといえます。

カーテンレールを利用することにより自然な換気を取り入れることがしやすくなっています。

image1

一方、よしずはすだれよりも大きく、葦(あし)を結び合わせることによりできているついたてに近い性質のインテリア。

ついたてのため、軒下やベランダの窓に立てかけることによって日光が直射で入り込むことを防ぎます。

すだれが風を取り込むことに重きを置いているのに対し、よしずは日光から身を守ることに重きを置いているといえます。

もちろん、よしずも木材を結び合わせるという似た構造であることから風を取り込むことができます。

その用途によって使い分けることが重要ですね。

Sponsored Links

すだれとよしずにはどんな効果がある?

すだれの一番の利点は部屋の通気性をよくするためにとてもよい構造をしているということです。

同じ種別ではカーテンが一般的なものとして挙げられますが、冬場にエアコンの暖房効率を上げる点では有利です。

しかし、その保温性が夏場には逆効果。

使い方としてはエアコンの冷風を閉じ込めるというような形になります。

その点、すだれは自然の風を取り込むことができます。

エアコンの利用を最低限にとどめる分、経済的にも環境的にも優しいということがいえそうです。

また、よしずはその立てかける位置が何よりの特徴です。

image2

ブラインドなどは部屋内に設置することになりますが、よしずは部屋の外に設置し日光を最前線に立って防御します。

これによりブラインドの遮光効果よりも格段に高い効率で暑さを防ぐことができます。

よしずは葦でできていますから、日を受けても吸収するのではなく逃がすような形を取ることができるのもよしずならではと言えるでしょう。
 

すだれとよしずの効果的な使い分け

ここまですだれとよしずの効果を解説してきましたが、実際に使う場合にはどのように使い分ければいいのでしょうか。

例えば、窓の大きさによって変えてみるという方法です。

image3

小さい窓にはすだれを、大きな窓にはよしずを使うという形で部屋に風通しと遮光をすることにより家全体が通気と熱の放射を起こし通常と比べて涼しく感じられます。

さらに、この効果を最大限活用するには水ですだれやよしずを濡らします

これにより取り入れる空気はより涼しいものに変わり、熱の蒸発が期待できます。

エアコンが熱気の排出によって室温を下げるのに対し、排熱だけでなく涼風を積極的に取り込むことができるという利点があります。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

見ていくと、いかに考え抜かれたアイテムであるかがよく分かります。

用意するのにしてもホームセンターや100円均一のショップで簡単に購入することができますし、準備もそれほど手間がかかりません。

もちろん、エアコンを利用するのも暑さをしのぐ上で必要かと思いますが、自然の力で節約にもつながるのであれば使わない手はありませんね。

みなさんも暑い夏をできる限り涼しく過ごしましょう!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)