地蔵盆のお供え物の相場はいくら?どんなお菓子がおすすめ?

それは、地蔵盆!

えっ、地蔵盆って何?」と思う方もいるかもしれません。

地蔵盆は、主に近畿地方の行事として行われているもので、「お地蔵さん」として各地に祀られている「地蔵菩薩」の縁日に行われます。

これが旧暦で言う7月24日あたり、今の暦でいうと8月23、24日あたりになります。

子供たちにとっては、夏休みの終わりにあるものです。

地域によっては、8月の第3週の土日に開催されたりします。

そもそも、お地蔵さんは子供を鬼から守ってくれる神様の一つです。

なので、地蔵盆はお地蔵さんに「今年も子供たちを守ってくれてありがとう」と感謝しつつ、無事に育った子供たちを祝う、「お地蔵さんと子供たち」が主役の行事なのです。

お地蔵さんへの信仰が昔から強かったのは京都を中心とした近畿地方でした。

他の地方へはあまり広まらず、他の地方に広まった時期も歴史の中ではかなり遅かったことや、他の地域では既に他の神様(各地域でよく見るお稲荷さんなんかがそうです)への信仰が深かったために、近畿地方にだけある風習と言えます。

近畿地方に住んだことのない方にとっては全くなじみのない行事だと思います。

地蔵盆のやり方は地域によって様々ですが、地域のお祭りとして行われている事が多いです。

地蔵盆の本場である京都では、お地蔵さんがある付近に屋台が出たり、子供たちに福引きやゲームをやってもらったり、お菓子が振る舞われたりするそうです。

また、地域によっては花火大会があったりするところもあるので、夏祭りの一つとして地蔵盆をやっている所も多いようです。

でも…?
ずっと他の地方に住んでいたのに仕事の都合で近畿地方に転勤になったりすると、当然勝手がわからないですよね。

また、子供のころは地元でやっていたけど、大人になってから地蔵盆に関わるのが初めて…という方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな

「どんな準備やお供えをしたらいいのかよくわからない!」

という方達のために、地蔵盆でお供えするものや、お供えの金額、どんなお菓子を買ったらいいか?について詳しく解説していこうと思います!

Sponsored Links

地蔵盆には何をお供えする?

お供えするものは地域によって様々です。

一番確実なのは、その地域の地蔵盆がどんなものか、をご近所さんに聞いておくことでしょう。

ですが、大体次の三つのもののようです。

  • お金
  • お菓子
  • 飲み物

これは、

① 地蔵盆は子供がメインの行事なので、子供に渡すお菓子や飲み物があるということ

② 地域によってはお祭りのように開催する行事なので、お祭りの運営費などにお金を使う

ということが多いからです。

金額の相場はどのくらい?

463388
地蔵盆でお供えする金額の相場は、大体3千円~5千円の間のようです。

地域のイベントとして行われる場合も多いので、回覧板などであらかじめ町内会からどれくらいの金額か、という告知もあるかもしれません。

ですが、何も書かれていない場合は上に書いた金額を包んでおくと良いでしょう。

ただし、地蔵盆の催し方によっては、すべてを町内会費だけで賄う所もあるので、これもご近所さんに聞いてみるのが一番かもしれません。

Sponsored Links

のし紙は必要?表には何を書く?

のし紙は必要とする所と、必要としない所とわかれるようです。

その地域でのし紙が必要かどうかは、やはりご近所さんが毎年どうしているのか聞いてみたほうが良さそうです。

のし紙を特に必要としない場合は、半紙で良いようです。

「半紙って…?」と思うかもしれませんが、書道で使うあの半紙です。

半紙に、お金を包んで渡します。

表に書くのは

「御布施」

もしくは

「御尊銭」

「御供」

「灯明料」

などで大丈夫でしょう。
image2

どんなお菓子を買えば良い?

地蔵盆は子供がメインになる行事であり、お菓子は地蔵盆に参加する子供に振る舞われます。

なので、子供が好むお菓子を買うと良いでしょう。

地蔵盆がある地域のスーパーでは、地蔵盆が近づくと地蔵盆用のお菓子をまとめたものを売っている所も珍しくありません。

何を買うか困ったら、そういった地蔵盆用のセットになっているお菓子を買うと良いでしょう。

もし、「そういうセットになったお菓子を売っている所がない…」という場合は、駄菓子を何種類か箱ごと買っておくと良いでしょう。

小分けにして子供に配りやすくするかどうかは地域によって違うので、これもご近所さんにいつもはどうしているのか?を聞いた方が良いでしょう。

地蔵盆は主に関西で行われている行事ですが、その行事のやり方も地域によって様々です。

今回の記事では地蔵盆で必要な知識をおおまかに書きましたが、この記事をお読みになっている方の地域では微妙に違う形で行われているかもしれません。

地域ごとに独特の風習があったりするので、この記事を参考にしつつ、ご近所さんに教えて頂くのが一番良いと思います。

関西の子供たちにとっては夏休み最後のイベントです。

子供たちには地蔵盆を楽しんでもらって、二学期に突入して欲しいですね。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)