七夕にそうめんを食べる由来!?ルーツは古代中国の言い伝えから!

七夕の時期になると、スーパーなどにそうめんが出回り始めます。

見た目も涼し気で味もさっぱりしているそうめんは夏の風物詩ですね。

そうめんがスーパーに出回り始めると、いよいよ夏が近付いてきたという雰囲気になります。

七夕にはそうめんを食べる風習がありますが、いつからその風習があったか、どうして七夕にそうめんを食べるか知っていますか?

何気なく食べているそうめんですが、七夕にそうめんを食べる由来などをご紹介します。

また、意外と知られていなかったそうめんと七夕についての関係も調べてみました。

Sponsored Links

そうめんは七夕の行事食

七夕にそうめんを食べるご家庭はとても多いですが、どうして七夕にそうめんを食べるかきちんと知っている方は、意外と少ないのではないでしょうか。

実は、そうめんは七夕の行事食として古くから伝わっています。

行事食というのは、その行事の時に食べると決まっている料理のことです。

お正月にはおせち料理をたべるように、そうめんは七夕の行事食です。

その歴史は古く、一千年も昔の平安時代には、そうめんの元となった料理を七夕のお供え物として献上していると書き記されています。

七夕とそうめんの関係は、実はとても古くからあったんですね。

また、日本にそうめんが伝わるよりはるか昔に、中国ではすでにそうめんは縁起の良い食べ物として祝い事などで食べられていたそうです。

そうめんは、日本だけの食べ物ではなく、中国から発祥して、世界の各地でそうめんに似た料理が食べられています。
 

どうして七夕にそうめんを食べるようになったの?

image1
そうめんのルーツは、古代中国で食べられていた索餅(さくべい)という小麦を使った料理だと言われています。

小麦粉と米粉を混ぜて、塩を加え、縄状にねじって乾燥させた食べ物で、ゆでて醤油などを付けて食べられていたそうです。

この索餅を7月7日に食べると、その後一年間は無病息災で過ごせる、という言い伝えが古代中国にありました。

その時代の帝の子供が7月7日に亡くなり、鬼になって病を流行らせました。

病に悩まされた人々が、その子供が生前大好きだった索餅を供えたところ、病の流行が治まったことから、伝承が生まれたそうです。

その言い伝えが索餅と共に奈良時代に日本へと伝わり、宮中から一般家庭へと広まっていきました。

言い伝えはそのままに、索餅がそうめんへと変化していったことから、七夕にはそうめんを食べるという風習が残ったことが、七夕にそうめんを食べる由来となったそうです。

Sponsored Links

ほかにもあった!七夕にそうめんを食べる由来

そうめんといえば、真っ白で美しい細麺が特徴です。

七夕は古来の日本では乞巧奠(きこうでん)という行事が行われており、着物を織る技術が上達するようにという願いが込められていました。

そうめんの細い麺を絹糸に見立てて、着物を美しく織れるようにと、そうめんを七夕に食べるようになったという説もあります。
image2
また、細く長いそうめんを天の川に見立てて願い事の成就を祈ったり、五色そうめんのカラフルな色の麺を、七夕の短冊に見立てたりと、そうめんと七夕にはいろいろなつながりがあります。

そうめんは麺を作る過程で、梅雨の高温多湿の時期を過ごしますが、この時に麺が蔵の中で高温発酵します。

この現象のことを「」といい、厄が終わったそうめんは、コシが強く風味が増すため、おいしくなると言われています。

このようなそうめんを厄済みそうめんと言いますが、そうめんの厄と、不吉なことの厄をかけて、厄済みそうめんは演技がいいとされ、古くから縁起がいい食べ物として七夕の時期に食べられています。

そうめんは、いろいろな言い伝えや由来がある、とても縁起のいい食べ物です。

七夕にはぜひそうめんを食べて、健康や願いの成就を祈りましょう!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)