赤ちゃんに最適なエアコンの温度は!?寝る時はタイマーをセット?

さあ、いよいよ夏です。

ワクワクする楽しみなこともいっぱいあるけど、あの寝苦しい夜を考えるとウンザリもしますね。

とくに赤ちゃんにとっては、油断大敵なシーズンの到来です。

日中は元気に、夜はぐっすり眠ってもらう。

そんな快適環境を整えるために、大人にも赤ちゃんにとっても、エアコンは必須アイテムです。

赤ちゃんとエアコンの諸注意を、おさえましょう。

Sponsored Links

いつから、エアコン使用する?

赤ちゃんは、大人のように体温調整能力がありません。

しかも、体温はかなり高いのです。

ですから室温が30℃(つまり真夏日)になったら、すぐにエアコンで部屋を涼しくしてあげましょう。

その際、エアコンの風を、直接赤ちゃんに当ててはいけません

また、そこまで室温が高くなくても、湿度が高いと汗が出にくくなります。

そうすると体温が上がってしまうのです。

エアコンで涼しくするか、除湿をしてあげましょう。

大人が気持ちよければ赤ちゃんも気持ちいいし、寒ければ寒いでしょう。

それを見るのは赤ちゃんのご機嫌です。

お母さんが判断してください。
 

435173

エアコンは必要?

よく、初めての夏は、汗腺をつくるために汗をいっぱい書くほうが良い、と言われていました。

それは、エアコンもなく、しかもこれほど高温でもなかった時代のことです。

いまは朝から28℃を越し、しかも密集した都会では涼しい風も通らない。

こんなところでは、赤ちゃんは体に熱がこもり、脱水し、最悪の状態になりかねません。

夏の赤ちゃんは、エアコンで快適に」は、現代の常識です。

Sponsored Links

温度設定は?

赤ちゃんがいる場合、設定温度は、高め、26~28℃ほどがよいでしょう。

ただ、エアコンによって設定温度と実際の温度に差があることも、よくあります。

エアコンで設定してもそのままにせず、必ず温度計で確かめてください。

部屋の条件によっては、設定温度より高かったり、逆に低くなりすぎたりします。

実測が大切です。

さらに、赤ちゃんといえども、暑さ・涼しさには好みがあります。

あまり1つの基準にこだわらず、赤ちゃんが快適で、しかも手足が冷たくならずに過ごせる温度を探りましょう。
471798

夜、寝るときは?

さあ、いよいよ熱帯夜が続きます。

赤ちゃんがぐっすり眠るには、エアコンは欠かせません。

ただ、つけっぱなしか、寝付いたら止めるか、で意見が分かれて悩むところです。

これまでは、2,3時間したら止める派が多かったのですが、いまでは、「朝までそのままでよい」と言われています。

その理由は、途中で寝苦しくて起きると、またエアコンのスイッチを入れますよね。

その温度の上がり下がりが、かえって赤ちゃんの眠りを妨げる、というものです。

だから、快適温度でずっとそのままがいい、と。

ただ、冷えすぎると良くないので温度は高めに設定しておくようにしてください。

そのためにも、やはり赤ちゃんの寝ている周囲の温度を実際に計って確かめること、風が直接あたらないようにすることは、必ず守ってください。

ベビーベッド周辺の温度が下がらないようなら、扇風機の併用も効果的です。

エアコンの冷風を扇風機で天井や壁に当て、部屋全体に風がいきわたるように工夫します。

扇風気は首ふり状態にすると、効果的です。

そして薄い綿で、お腹が出ないような寝間着にしてください。

また、どんなに涼しくても、赤ちゃんの寝汗はすごい量ですから、こまめに着替えをしてあげてください。

上掛けはタオルケットかバスタオルで充分です。

ひんやり感のあるシーツを利用するのも、いいかもしれません。
385509

エアコン使うほど暑くない日はどうする?

暑いけどエアコンをつける必要がない日はとにかく涼しくすること。

それには風通しを良くすることです。

また、当然ながら日陰を作ること。

さらに冷えピタなど、熱さまし用の保冷材などで涼しくしてあげましょう。

といって、大人のように直接冷たいものを当てると刺激が強すぎますので、タオルでくるんだりしましょう。

扇風機の風も、直接当ててはいけません。

体温が急激に下がると命が危険になるケースもあり得ます。

こまめな沐浴もいいですね。

なんとか赤ちゃんの体温を下げる工夫をしてあげてください。

そして、かなり汗をかきますから、こまめに着替えをして、湯冷ましか麦茶を飲ませてあげてください。

これらは、外出したときにも、応用できます。
 

最後に

赤ちゃんの夏の過ごし方、大人が快適なら赤ちゃんも快適、と考えていいでしょうが、体力も調整力も備わっていませんので、細かなところに配慮が必要です。

エアコンを使用するときなにより大切なのは、実はエアコンの清潔さ

使わずにいたエアコンのなかには、ダニや雑菌が繁殖している可能性があります。

シーズン初めには専門家にクリーニングをしてもらいましょう。

また、こまめなフィルターの掃除も忘れないでください。

さらに、エアコンの風で部屋は乾燥します。

適度な水分補給をしてあげないと、涼しかったのに脱水ということになっては、かわいそう。

赤ちゃんのご機嫌を見ながら、適切に対処してあげてください。

そして元気に夏を乗り切りましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)