「たまや」「かぎや」と叫ぶ意味は?実は花火屋の名前だった!!

日本の夏の風物詩、花火大会。

夜空に開く、眩い大輪の花に、子供も大人も大興奮。

そういえば、打ち上がった花火に向かって、大声で掛け声をかけることがあります。

まるでお相撲さんや、歌舞伎役者に声をかける感じ。

それもそのはず、花火の文化は相撲や歌舞伎に並ぶ江戸文化。

今回はその掛け声に注目してみます。

Sponsored Links

たまやとかぎやの意味と由来

たまや=玉屋」「かぎや=鍵屋」は、江戸時代に実在した花火屋さんの名前です。

・鍵屋:鍵屋は、1659年(萬治二年)に、初代弥兵衛が命名しました。

弥兵衛が守護神とした、お稲荷さんの狐の片方が“鍵”をくわえていたことで、これを詠んだとされています。

・玉屋:1808年(文化五年)に、鍵屋の番頭の清七が暖簾分け(同じ屋号の店を出させる事)される。

この時、鍵屋の守護神お稲荷さんの、もう片方の狐が“玉”をくわえていたことから、「玉屋」の名前を与えられる。

また清七自身も、初代玉屋一郎兵衛と改名する。

当初、花火市場は、ほぼ鍵屋の独占市場でしたが、玉屋の登場で、その様子が変わっていきました。

エンターテインメント要素の高い花火大会に、2者の対決要素が加わり、大会はおおいに盛りあがるようになったのです。

そして観客はそれぞれひいきの花火屋を称えたり、応援したりする意味で

た~まや~っ!
か~ぎや~っ!!

と叫ぶのです。

対決、つまり勝負ですから、この掛け声の多さは、勝敗を決める重要な要素でした。

ただ、残念ながら、玉屋は1843年に大火を出し、両国の町並を半丁ほど焼失させてしまい、江戸を追放され一代限りで失脚。

人気のあった花火師を、江戸っ子たちが語り継ぎ、その後の花火大会でも掛け声だけが残りました。

鍵屋は現在も15代目で実在。

現在の正式名称は、「株式会社 宗家花火鍵屋」。

今、私たちが目にする、丸く開く大輪の花火は、1874年(明治七年)、10代目弥兵衛の苦心によるもの。

玉屋も直系ではありませんが、「株式会社 元祖玉屋」が存在します。

こちらは戦後に暖簾(同じ屋号の店を出させる事)を買い受けた千葉の花火店で、その後は代々引き継がれています。

Sponsored Links

今でも掛け声を言うの?

これは正直、普通は言いませんし、聞こえたら少し恥ずかしくなります。

時々、テレビの企画の花火大会特集などでタレントさんが叫んだりしますが、掛け声の意味と由来から考えれば、かなり場違いです。

今は日本煙火協会(花火屋さんの協会)加盟の、打ち上げ花火製造の会社は128社存在しますので、花火大会にたくさん参加している各社の屋号を叫ぶのも考えられません。

一般的には使いませんが、まあ、実際に聞こえてくることもあります。

花火大会で、素晴らしい花火を見たら、それを素直に称えたくなり、「わー、すごい!」と同じ意味で使うこともあるかもしれませんね。

それに、テレビや様々なマスメディアでこの掛け声が取り上げられれば、

疫病退散祈願と江戸の天下泰平(治安が良くなること)を願ったその歴史にも注目が集まるので、やはり語り継がれていって欲しいですね、
 

打ち上げ時の「ヒュー」の音の正体は?

image2

ところで、花火が打ち上がった瞬間から聞こえてくる「ヒュー」の音は、花火玉が空に向かって上昇する際の風切り音だと思っていませんか。

実は、花火に関する“音”は、

「ヒュー」に限らず、
大きい花火が開く時の「ドーンっ!」も、
小さい花火が「パチパチパチ・・・」というのも、

全て付加した“効果音”です。

「ヒュー」は、花火玉に付けられた“笛(ふえ)”の音。

「ドーンっ!」と「パチパチパチ」はそういう音の出る火薬の燃焼音

火薬の燃える音はともかく、“笛”が一緒に打ち上げられているなんてビックリですよね。

これも花火師さんたちの工夫の一つ。

今年の夏の花火大会は、“音”や“掛け声”にも注目して、これまで以上に楽しみましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)