冬瓜と夕顔の違いとは!!見た目はほとんど同じ!?

夏が旬の野菜で代表的なのは、やっぱりなんといってもキュウリでしょう。

キュウリを代表とするウリ科の食材は、夏に旬を迎えます。

スーパーの店頭では、キュウリだけでなく「ニガウリ」と呼ばれているゴーヤー、そして主に洋食に使われるズッキーニなど、ウリ科の食材がずらりと並びます。

そんな店頭を見ていると、気になることが…。

まず、「冬瓜」が店頭に並んでいる事。

「冬瓜って、瓜、って付いているからウリの一つなんだろうけど、冬、って名前についているから冬野菜なんじゃないの…?」と疑問に思われた方も多いのではないでしょうか。

また、たまにスーパーの店頭に出ていることもある、冬瓜と外見がよく似ている「夕顔」。

「夕顔を使った料理なんてあるの?買ったりもらったりしてもどう使えばいいのか…」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも、

「そもそも冬瓜と夕顔って姿かたちも似ているけれど、どんな違いがあるの?」

と思っている方もいらっしゃるのでは?

そこで、今回は冬瓜や夕顔について解説しながら、その違いやどんな料理に使うと良いか、ということについて書いていきたいと思います!

Sponsored Links

冬瓜とは?

冬瓜は、正式にはウリ科ウリ属の植物です。

togan01

画像引用元 http://www.hana300.com/togan02.html

「冬瓜」と、名前に「冬」って付いているから冬に収穫できるのかな?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大間違いです!

冬瓜が収穫できるのは大体6~9月

キュウリなど、他のウリ科の植物と収穫時期は変わらないのです。

「じゃあなんで名前に冬って付いているの?」と疑問に思われるでしょう。

それは、昔「夏に収穫しても冬まで持つくらい、腐らない!」と言われていたからだそうです。

実際には夏買った冬瓜が冬までもつことはないのですが、他の野菜に比べたら長持ちするよね!という風に思われていたからこの名前になりました。
 

夕顔とは?

夕顔は、ウリ科ユウガオ属の植物です。

yuugaonomi070721B

画像引用元 http://www.biwa.ne.jp/~futamura/sub62.htm

冬瓜と微妙に違いますね。

実は、同じウリ科ユウガオ属にみなさんも良く知っている植物があります。

それは、なんとヒョウタンなんです!

ヒョウタンは食用にはできず、中の身を取って容器にされています。

「なんでヒョウタンは食用にできて、夕顔は食用にできるの?」というと、ヒョウタンは食べてしまうと食中毒の症状を起こすことがあるからです。

そして、「夕顔ってあまりスーパーで見ないけれど、何に使われているの?」とお思いになる方がいらっしゃるでしょう。

実は、大抵の人が食べた事があるモノに必ず使われているのです。

それは…かんぴょう巻なんです!

かんぴょう巻の「かんぴょう」は、夕顔の中身を乾燥させたものなのです。

Sponsored Links

冬瓜と夕顔の違い!

冬瓜と夕顔はウリ科のなかでもまた違った種類にあるものですが、見た目は似た感じです。

二つとも大体長い楕円形の形をしています。

しかし、加工されてかんぴょうになる夕顔は「マルユウガオ」というもので、これはまんまるの球形の形をしています。

色は微妙に違っていて、夕顔はきみどり色をしていますが、冬瓜は完全に緑色です。

大きく違うのは実の硬さです。

夕顔の実は柔らかいのが特徴です。

一方、冬瓜の実は硬く、大根に似たような硬さをもっています。
image2

冬瓜・夕顔を使ったレシピ!

冬瓜も夕顔も、

  • 実に水分を多く含んでいる
  • 色んな味がしみこみやすい

という特徴を持っています。

なので、煮物や汁物などに入れると美味しいです。

ただし、煮物を作る時に気を付けたいことが1つ。

冬瓜も夕顔も、キュウリのような他のウリ科の植物に比べたらクセは強くない方なのですが、それでもウリ科特有のクセが気になる…という時もあるでしょう。

そんな時は、冬瓜も夕顔も、皮をむき種やワタを取り除いたら、鍋に水と一緒に入れて少しゆでてあげるとクセが取れるのでおススメです!

そして、もう一点だけ気を付けたいことがあります。

それは、冬瓜も夕顔も水分をたっぷり含んでいるので、その水分がしみ出す分まで考えないといけない、という事です。

水分がしみ出す分も考えないと、完成した料理が思った以上に水分たっぷりに、あんかけなどはとろみがあまり付かない…ということになってしまいます。

例えば

  • あんかけを作る時は多めに片栗粉を入れる
  • 煮物や汁物なら入れる水の量を気持ち少なめにする

など、冬瓜や夕顔を料理する時は、他の素材の量などにちょっと気を配ってあげると良いですね♪

2つとも夏の旬の食材、美味しく味わいたいですね!

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)