熱中症の頭痛の原因は水分不足!!もう痛みに悩まない治し方!?

熱中症による強い頭痛……実は命を落とす危険性を伴うほどの大変な症状なのです。

熱中症の重症度は三段階あり、

Ⅰ度(めまい、立ちくらみ、手足の痺れ、こむら返り(筋肉の痛みなど))

Ⅱ度(頭痛、吐き気、体のだるさ)

III(的確な返事が返せない、身体の痙攣、意識の混濁)以上のように規定されていますが、

この中で頭痛の症状は中程度のレベルに位置していて医師による診断を迷わず勧められるほどの症状レベルとなっているのです。

この季節、ますます熱中症のリスクが増していき不安に思われる方も多いと思いますが、安心してください。

熱中症による頭痛の対処法や予防法は明確に存在していますので、今から順に解説していきたいと思います。

Sponsored Links

①そもそも熱中症で頭痛になる原因って!?

熱中症で起こる頭痛…その原因はズバリ、脱水症状による熱疲労です。

人の体は、体温が上昇するとそれ察知した脳が体に汗をかかせ、汗が蒸発したときに発散される熱で体温を下げさせるというシステムをとっています。

自然に調節してくれますからなかなか便利ですよね。

しかし、カンカンと太陽が照りつく日差しの強い日本の夏では体内に熱がこもりやすく、

梅雨明けのむしむしと湿度の高い空気でなかなか汗も蒸発してくれませんから、我々の身体は一生懸命に体温を下げようと汗をたくさんかきます。

全身に汗をたくさんかけば当然、体の中の水分はみるみる減っていきます。

それが長時間続くと脱水症状を引き起こしてしまいます。

さらに脱水症状を起こすと体の血液中の水分が不足し、血流が悪くなり、サラサラな血液からドロドロな血液へと変化してしまいます。

そう、まさにこれが熱中症から起きる頭痛の主な原因なのです。

熱中症で気分が悪くなったり、吐き気やめまいを同時に催すのも、この血流が悪くなることから脳に栄養が行き届かない結果なのです。

一説によれば、脳に血液を送るため血管を拡張させることで神経に刺激が走り、頭痛が起きるとも言われています。

体温の上昇、水分不足が頭痛に大きな影響を与えていることがよく分かりますね。

Sponsored Links

もう痛みに悩まされない、熱中症による頭痛の治し方!

やはり先ほど話した通り、熱中症による頭痛の原因は体温の上昇と体内の水分不足なので、それらをより効率良く効果的に解消できるかが鍵になります。

夏の厳しい日差しの中、屋外で長時間の外出や運動は嫌が応にも体温が上がってしまいます。

そういった場合より効率良く体温を下げるための方法としましては

  • なるべく日陰に入り、休息を取る。
  • 首筋、足先、脇の下など血液が集中するところを重点的に冷やす
  • めまいや不快感、吐き気、頭痛を感じたら即座に活動をストップする。

などが挙げられます。

水分不足の症状に関しては

  • 血液の成分に近く、血液に吸収されやすいスポーツドリンク、経口補水液の摂取。
  • こまめな水分補給
  • 汗とともに体から放出される塩分、ミネラルを補給するための梅干しや塩飴の摂取。

などが熱中症による頭痛の治し方になります。

また、強い頭痛を抱えたとき一番の対処法は医師の診断を受けることなのですが、市販で売られている頭痛薬、バファリンやロキソニンなどは一時的に痛みを凌ぐのに効果があることがあります。

しかし根本的な水分不足による熱疲労の解決にはならないので薬を使ったからとはいえ、完治するわけではありません。

原因の根っこから解決していくようにしてください。

 

頭痛にならないための予防法

image2
熱中症において頭痛になるというのは冒頭で説明した通り、ある程度症状が進んでしまった状態なのです。

ですので、一番の予防はⅠ度の状態(めまい、立ちくらみ、手足の痺れ、こむら返り(筋肉の痛み))を感じたらすぐに休息を取る、無理をしないというのはとても重要です。

そもそもⅠ度のステージに至らないためにこまめの水分補給、運動前に血液を循環させる準備運動を入念する予防法が適しています。

また効果的な水分補給としましては、水分、塩分とともに糖分を摂取すると腸管での水分吸収を促進する作用があるのでより迅速に血中へと水分が吸収されます。

しかし、だからといって糖分、塩分の取り過ぎは高血圧、血糖値の上昇につながりその他の病気の原因となりうるので

長時間の運動後の摂取や眠れぬほどの熱帯夜など状況に応じて使い分けるのが適切です。
 

最後に

これからの季節、小さなお子さんから高齢者の方まで夏の厳しい暑さには注意するようにしてください。

ただ、ちょっとした気の緩みや自分なら大丈夫といった過信から熱中症になってしまいます。

水分補給や冷やすことを忘れずに今年の夏は頭痛に悩まされることのない楽しい夏を過ごしましょう。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)