打ち水ってどれくらい効果があるの?日中に行うのは逆効果!!

地球温暖化の影響に、ビルやアスファルト舗装の建築物が熱を溜めることによるヒートアイランド現象。

こうした様々な要因が重なって、日本の夏の気温はこれまでにない高温になってきています。

もはや真夏日の30℃はあたりまえ。

猛暑と言われる35℃が、あちこちで出現しています。

それに伴って熱中症も続出する毎日です。

打ち水は、そんな状況を解消しようと国家が進めているプロジェクトの一つです。

省エネのためのクールビズとともに、全国で夏の習慣になれば、本当に少しは過ごしやすくなるのでしょうか?

今回はそんな打ち水の効果について解説していきます。

Sponsored Links

打ち水で涼しくなるのは、なぜ?

水分は、つねに蒸発しようとします。

パンを放り出しておくとカチカチになるのも、水分が出ていってしまうからです。

庭や道路に打ち水をすると、まかれた水は蒸発しようとします。

その時、気化熱というエネルギーを周囲から奪います。

このため、周りの温度が下がるのです。

また、水蒸気が上昇することによって空気の流れができます。

つまり風が生まれるのです。

これによってこもった熱が流されていき、冷たい空気がやってきます。

場所や条件によってどのくらいは下がるかは違いますが、実験では平均2℃は下がる、といわれます。

水で濡れている、という視覚効果もあるといわれます。

視覚からの情報が、体感温度と関係のあることはよく知られています。

ピンクは温かく、ブルーは冷たく感じるのです。

水を見ただけでも、ひんやり感じる効果もあるようです。

打ち水は、日本古来の習慣の一つです。

お客様を迎えるとき、門口から玄関まで、水を打って「清める」意味がある、といわれます。

もともと日本人は、水を清らかなものと見ていました。

また、「禊」とは、水で身を清めて心まで洗う儀式で、「水に流す」とは、罪さえ水が洗い去ってくれること。

こうした習慣に、打ち水で気温を下げる効果が一緒になって、夏のキャンペーンとして定着してきています。
189625

最も効果のある時間帯は?

打ち水で最も効果のある時間帯は朝の早い時間か、日が落ちてからになります。

水が水蒸気になって周りをひんやりさせる、それが打ち水の狙いです。

そんな時間は、朝早くか、夕方、日が落ちてから。

どちらも、太陽によって、水分が温められない時間です。

Sponsored Links

どの場所にすればよい?

水をしっかり受け止めて、しかもスムーズに蒸発させてくれる、そんな場所に打ち水をすることが効果的です。

・地面・芝生

土面や芝生 土は水を吸い込み、しかも蒸発も適度におこないます。

効果も長持ちします。

なかでも、芝生の効果は抜群。

水を撒かなくても熱を吸収します。

そこに水分があれば、最高です。

苔も、同じ役割をします。

・日陰のある場所

日陰 蒸発速度はゆっくりですが、周囲の気温は確実に下がります。

・植物

植物の根元や植え込み 植物はもともと蒸散活動を行っていますので、相乗効果が期待できます。

水に濡れた緑の様子も、涼しげで気分的にもいいものです。

・壁

なかなか涼しくならないときは、夕方、壁に水をかけるのも効果があります。

ただ、必ず日が沈んでからにしてください。

また、周囲に注意しましょう。

通行人にかけたり、お隣にご迷惑をかけないようにしてください。
215902

効果がない打ち水のやり方とは!

打ち水は涼しくなるからと言って太陽の照っている昼間や日中に打ち水しても、水蒸気がすぐ熱くなって逆効果です。

また、アスファルトやコンクリートは、そもそも水の吸収が悪く、流れていくだけです。

しかも表面の水分も蒸発がスムーズにいかず、水がドンドンお湯になります。

全く逆効果です。

さらにアスファルトやコンクリートは熱を溜める性質があるので、夜になっても冷えません。

なので、アスファルトやコンクリート、日中の打ち水はできるだけ避けるようにしてください。
 

最後に

これらを見ると、打ち水の作法と植物への水やりは同じ、と言えます。

真夏、植物への水やりは、朝、太陽が昇る前か、日がしっかり沈んでから、が鉄則。

なぜなら、水が熱くなって植物にお湯をかけているのと同じ状態になってしまうからです。

打ち水も自然の法則にかなっているのですね。

ちなみに水は、お風呂の残り湯などを利用しても大丈夫です。

ぜひ、風鈴、釣り忍、スダレなど、高温多湿の日本の夏を乗りきってきた先人の知恵も、打ち水と一緒に活用して、快適にお過ごしください。

Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)